「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

ペットボトルビールが人気 缶・瓶持ち込み禁止 甲子園球場

神戸新聞


2006/05/22

b0067585_2230189.jpg 今季から入場時の手荷物検査を導入し、缶・瓶類の持ち込み禁止を強化した阪神タイガースの本拠地、甲子園球場(西宮市)で、オランダ産のペットボトル入りビールが注目を集めている。ペットボトルは「持ち込みオーケー」で、球場近くのスーパーが開幕に合わせ店頭に並べたところ、早々に完売。ビール党のトラファンの評判も上々だったという。輸入元の商社によると、再入荷は早くて六月中旬。真夏のナイター観戦には何とか間に合いそうだ。(伊藤大介)

 ペットボトル入りビールは三百三十ミリリットル。商社によると、昨年、東京都内で売り出したが、売れ行きはもうひとつ。新たな販路を探していたところ、このスーパーから、仕入れの問い合わせがあったという。

 甲子園を訪れる野球ファンらが観戦前、弁当や飲み物などを買い求める同スーパー。手荷物検査導入に伴い、売り上げ減少が避けられない缶ビールに代わる商品として、目を付けたようだ。

 ボトルは外装を三層構造にし、瓶や缶に比べ密封性が劣るという弱点をクリア。酸素に触れると劣化しやすいビールの特性を考え、色も深緑色にして遮光性を高めた。これらの工夫で、瓶ビールとそん色のない品質の保持が可能になった。

 同スーパーは、四月初旬、三百五十ミリリットルの缶ビールよりちょっと高めの一本二百六十円で売り出した。甲子園での開幕から数日後の四月中旬には完売したという。

 同球場は外で缶・瓶入り飲料を買った入場者には、中身を球場側が用意した紙コップに移し替えてもらっている。ただ、ペットボトルは夏場の観戦などでの水分補給も考慮し、規制から外した。

 ちなみに球場内で売られる紙コップ入りビールは五百ミリリットルで六百円。
[PR]
by miya-neta | 2006-05-22 08:43 | 社 会