「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

「論座」で叔父直言 安倍長官は「内輪の話」

asahi.com:政治


2006年06月06日19時21分

 安倍官房長官は6日の記者会見で、朝日新聞社の月刊誌「論座」7月号で叔父の西村正雄・元日本興業銀行頭取が次期首相は靖国神社参拝を控えるべきだなどと提言していることについて、「親戚(しんせき)なので、よく話はしたことはある。内輪の話だから、ここで申し上げる必要もないのではないか」と語るにとどめた。

 西村氏は故安倍晋太郎元自民党幹事長の弟。西村氏は「A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社への参拝を正当化する理屈は国際的には全く通用しない」と提言している。

 また、西村氏は次期首相は「テレビに出る回数が多く、若いとか格好いいとかで選ばれることだけは避けなければならない」と指摘。この点について安倍氏は「今までもよくそんな議論をしている。特定の人物を指したのではなく、一般論としてお述べになったんだろう」と語った。
[PR]
by miya-neta | 2006-06-06 19:21 | 政 治