「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

FBI、映画の密売集団を摘発~マンハッタンの映画館で盗撮

U.S. FrontLine


更新2006年07月03日 18:37米国東部時間

 連邦捜査局(FBI)は、映画館にカムコーダを持ち込んで「Ocean''s Twelve」などの人気映画を盗み撮りし、世界的に密売してきた2つの海賊グループを摘発した。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、FBIがニューヨーク市内で逮捕した13人の中には、今夏の人気映画「Superman Returns」を盗み撮りしようとしていた者もいた。

 同偽造集団は1999年から活動を続けており、捜査関係者は、米国内における違法収録のほぼ半数が同集団の犯行によるものと推測する。全米映画協会(MPAA)のマイケル・ロビンソン氏は、偽造品がコンピュータのファイル共有ネットワークを通じてパキスタン、シンガポール、香港、マレーシアその他の国に横流しされていたと説明した上で、「巨大なヤミ経済を拡大させていた」と語った。

 MPAAは2003年、「The Matrix Reloaded」の偽造品がネットで出回っていることを知り、FBIに捜査を依頼。FBIではその結果、マンハッタンの映画館で行われた特別試写会で盗み撮りされたことを突き止め、覆面捜査官を派遣して「カマーズ(cammers)」と呼ばれる犯罪者たちの摘発を目指してきた。カマーズは通常、捜査官の眼をそらすと同時に他人にカメラの視界をさえぎられないようにする役目を負った「ブロッカーズ(blockers)」を周辺に座らせるという。

 撮影者から数百ドルでフイルムを購入した製造業者は、複製したDVDを偽のラベルが貼られたパッケージに入れ、街中で最高19ドルで販売していた。

 容疑者は、共謀罪や著作権侵害罪で有罪が確定すれば、最長5年の懲役刑を言い渡される。
[PR]
by miya-neta | 2006-07-03 18:37 | 国 際