「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

小沢代表が国連決議を批判「米中、米ロが裏で談合」

asahi.com:政治


2006年07月17日18時30分

 民主党の小沢代表は17日、国連安全保障理事会で採択された北朝鮮ミサイル発射の非難決議について「強硬論を日本が言う役割をさせられ、裏では米中、米ロの談合ができていた。日本の最初の勢いはどこへやら、国連憲章7章(の文言)は削除せざるをえなかった」と批判した。東京都内の講演で述べた。

 小沢氏は「珍しく日本が先頭に立って決議案を提案し、国民は小泉首相のリーダーシップの表れと受け止めたと思うが、(首相は)米国の本音は聞かされていなかったのだろう」と分析した。
[PR]
by miya-neta | 2006-07-17 18:30 | 国 際