「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

イスラエル軍、ベイルート空爆再開で攻勢強める

CNN.co.jp : ワールド


2006.08.03
Web posted at: 12:12 JST- CNN

エルサレム(CNN) イスラエル軍は3日午前2時過ぎ、イスラム教シーア派民兵組織ヒズボラの拠点であるレバノンの首都ベイルート南部郊外の爆撃を開始した。また、2日夜にはレバノン南部アイタアシャブ近郊で、イスラエル軍とヒズボラの戦闘があった。イスラエル軍はここ数日中断していた空爆を再開し、軍事攻勢を強めている。

ヒズボラも2日、イスラエル北部に向けて215発近くのロケット弾を発射。イスラエル軍は、ヒズボラが1日に発射したロケット弾の数として、3週間前の戦闘開始以来最高としている。1発は過去最南端であるヨルダン川西岸に着弾した。

一方、イスラエル軍は2日、特殊部隊を投入して1日夜に急襲したレバノン東部バールベック近郊の病院が、ヒズボラの本部であったとの認識を表明。ヒズボラはこれを否定した。イスラエル軍は襲撃現場の映像を公開したうえ、ヒズボラ戦闘員5人を拘束し、10人を殺害したと述べたが、ヒズボラは拘束された5人が民間人だったと主張した。

イスラエル軍が公開した映像には、病院内を捜索する特殊部隊隊員や、捜索で発見されたとみられる武器、ヒズボラの物資を積んで病院に向かっていたとされる車両を爆撃する模様などが収録されている。同軍関係者は、病院とその周辺がヒズボラの後方支援基地となっており、指導者らもこの地域に潜伏していたと述べた。

レバノン治安筋は、イスラエル軍のバールベック急襲で16人が死亡、13人が負傷したとしている。イスラエル軍側にけが人は出ていない。AP通信が現地住民の発言として伝えたところによると、病院はヒズボラと近いイランの慈善基金の出資で運営されていた。また、ヒズボラ関係者は同社に対し、襲撃当時に病院内には患者がいなかったと述べた。

現場一帯で行われたイスラエル軍の空爆では、病院に近いアルジャマリエ村の当局者自宅にミサイルが着弾し、AP通信によると当局者の息子や親族など7人が死亡した。また、レバノン軍は、シドン西方にある同軍基地がイスラエル軍に爆撃され、兵士1人が死亡、数人が負傷したことを明らかにした。

レバノン当局は、イスラエル軍の攻撃でこれまでに603人が死亡、2145人が負傷し、90万人が避難を余儀なくされたと発表。建物を除くインフラの被害総額は20億ドルに上ったという。一方イスラエル軍は、民間人19人を含めて55人が死亡、580人が負傷したとしている。

イスラエルの各メディアは、同国軍6000人近くが南レバノンに展開中と伝えたが、イスラエル軍はこの報道内容を認めていない。
[PR]
by miya-neta | 2006-08-03 12:12 | 国 際