「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

同居女性4人に入れ墨や殴打、19歳少年を逮捕

社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


 大阪府門真市内のマンションで島根県出身の無職少年(19)が今春以降、16~19歳の女性4人と同居し、暴行を繰り返していたことがわかった。

 4人のうち、大阪府内の女子大生(19)が、足に縫い針で入れ墨を入れるなどされ、けがを負わされたなどとして、府警少年課と門真署は少年を先月、傷害容疑で逮捕した。

 府警は、執拗(しつよう)な暴力で女性を支配下に置き、行動を制約していた疑いもあるとして、監禁容疑なども視野に入れて捜査を進めている。

 府警によると、先月16日、女子大生と友人の女子短大生(19)が「少年にマンションに監禁され、暴行された」と門真署に相談に訪れ、発覚した。2人の体には殴られたとみられる多数の傷ややけどの跡があり、足には十字架の入れ墨もあった。2人が、いずれも「少年にやられた」と証言したため、同署員が、マンションに出向いたところ、室内には少年と、アルバイト少女(19)、無職少女(16)がいた。府警は少年が、女子大生の入れ墨について「自分が入れた」と認めたため、傷害容疑で緊急逮捕。少女2人も保護した。マンションは短大生が借りていたものだった。

 府警に対する女子大生らの説明によると、短大生が今年1月、インターネットの出会い系サイトで少年と知り合い、3月からマンションで同居。その後、短大生の友人の女子大生とアルバイト少女、新たに出会い系サイトで知り合った無職少女とも次々とマンションで一緒に暮らし始めた。

 この間、4人は学校に通ったり、アルバイトに出かけたりと、マンションの出入りは比較的自由だったが、気にくわないことがあると少年に殴られたりけられたりした。また、「除霊する」と言われ、女子大生や短大生ら3人が縫い針で十字架などの入れ墨をされた。さらに女子大生は少年が出会い系サイトで見つけた客と売春も強要された。

 少年は調べに対し、傷害容疑についてはほぼ認めているが、「4人とは同意の上で同居しており、監禁はしていない」と主張しているという。

(2006年8月13日3時3分 読売新聞)
[PR]
by miya-neta | 2006-08-13 03:03 | 社 会