「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

野党各党が反発 首相の靖国神社参拝

asahi.com:政治


2006年08月15日14時03分

 野党幹部は15日、小泉首相が靖国神社参拝で示した政治姿勢や歴史認識などについて一斉に批判した。

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は15日朝、自宅前で記者団に対し、「(首相就任後)最初の頃は説明責任を果たすことが厳しい、と躊躇(ちゅうちょ)して違う日に行き、辞める間際になって8月15日に行くのは欺瞞(ぎまん)。その責任は後の内閣に任せるという話で、たつ鳥、後を濁しに濁して行くということで、無責任極まりない愚行だ」と厳しく批判した。

 共産党の志位委員長は15日、国会内で記者会見し、「『いつ行っても同じ』だから今日行ったという弁明は最悪の居直り。侵略戦争と植民地支配への反省の日を最後(の参拝の日)に選んだのは、問題をさらに深刻にした。だれが次期首相になろうとも、参拝を中止すべきだと強く求める」と語った。

 社民党の福島党首も同日朝、党本部で記者会見し、「強く抗議する。8月15日を、平和の誓いの日から再び国のために死ぬ誓いの日に変えようとしているのではないか。『内閣総理大臣』と記帳するなど、はっきり公式参拝の形をとっており、政教分離に明確に反している」と述べた。

 新党日本の田中康夫代表も同日、「公約だと強弁するなら、すべては首相の一存で決定出来る話となり、民主主義もへったくれもない。一時の感情で国運が左右される事態を危惧(きぐ)する」とするコメントを出した。
[PR]
by miya-neta | 2006-08-15 14:03 | 政 治