「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

北京公安当局、人権派弁護士を拘束

asahi.com:国際


2006年08月18日23時22分

 中国の国営新華社通信は18日、弁護士の高智晟氏(42)を北京市公安当局が拘束したと報じた。高氏は人権派弁護士として知られ、気功集団の法輪功やキリスト教の家庭教会のメンバー、土地を不当に略奪されたと当局に抗議する農民の支援活動などを行っていた。最近、本人や家族が脅迫や嫌がらせに遭っているとして国際人権団体などが「高氏と家族の安全の保証」を求めていた。

 新華社は同日、英文配信で高氏の拘束を短く伝えた。容疑は「犯罪活動への関与の疑い」としか報じていない。

 国際人権団体アムネスティなどによると、高氏は北京を拠点に活動。昨年、胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席と温家宝(ウェン・チアパオ)首相に公開書簡を送り、「信教の自由の保障や法輪功メンバーへの非人道的な取り締まりの中止」を求めた。

   ◇

 香港の人権団体「中国人権民主運動情報センター」によると、今年3月に公安当局に逮捕されていた中国山東省の人権活動家陳光誠(チェン・コワンチョン)氏の公判が18日、同省臨沂市の裁判所で始まった。米国に拠点を置く中国関係ニュースサイト「ラジオ・フリー・アジア」は、人権派弁護士高智晟氏の拘束は陳氏への支援を妨害する狙いとの見方を伝えている。
[PR]
by miya-neta | 2006-08-18 23:22 | 国 際