「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

「長子優先」見直し検討 政府典範改正振り出し

Excite エキサイト : 政治ニュース


[ 共同通信 09月06日 20時47分 ]

 政府は6日、秋篠宮妃紀子さまの男子出産を受け、小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」の報告書に沿った皇室典範改正作業を見直す方針を固めた。同報告書の柱である女性、女系天皇容認に加え、男女を問わず天皇直系の長子(第1子)優先としたことの是非がポイントになる。だが次期首相最有力の安倍晋三官房長官が改正に慎重姿勢を示し、与党内も見送り論が大勢を占めている。論議は振り出しに戻った形で、国会提出のめどは立っていない。

 小泉首相は6日夜、改正案について来年も国会提出されないとの見通しを表明。ただ、将来的な改正の必要性は認めた。

 安倍氏は午後の記者会見で「冷静にしっかりと議論していかなければならない」と述べ、与党を中心に議論継続の必要性は指摘。同時に「国民的なコンセンサスが得られるような案をつくっていく必要がある」と強調、昨年11月の有識者会議報告書に基づく皇室典範改正案を再検討する意向を示唆した。
[PR]
by miya-neta | 2006-09-06 20:47 | 政 治