「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

1万ドルのチップ、税引き後の手取りは6300ドル

CNN.co.jp : ビジネス


2006.09.08
Web posted at: 18:50 JST- CNN/AP

カンザス州ハッチンソン──当地のバーで、客から1万ドル(約117万円)のチップを受け取ったバーテンダーが5日、店側から正式な取り分を、現金で受け取った。税金を引かれて、手元に届いたチップ額は、6300ドル(約73万7000円)だった。

シンディ・キーナウさん(35)は8年前から、ハッチンソンのバー「アップルビー」で働いている。8月末に常連客から、26ドルの(約3000円)の食事代に対して、1万ドル(約117万円)のチップを受け取り、話題になった。

常連客は、1万ドルを書き加えた伝票を持って会計を済ませたが、支払いはクレジットカードだったため、キーナウさんは店側からチップを受け取る必要があった。

多額のチップを受け取ってニュースになり、テレビのインタビューにも出たキーナウさんは、「とても楽しかった」と話している。

常連客とは、天気や世の中の出来事など世間話をする間柄だが、この人物については「あまり詳しくは知らない」という。

キーナウさんは、「お客と友だちになることはある。でも、あの方はきっと、店で私が色々と話し相手になったことを感謝して、チップをくれたのだと思う」と話している。
[PR]
by miya-neta | 2006-09-08 18:50 | 国 際