「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

竹中総務相、参院議員辞職を表明

asahi.com:政治


2006年09月15日12時49分

 竹中総務相は15日午前の閣議後の記者会見で「新内閣発足で大臣を辞するが、その際に参院議員の職も辞したい」と述べ、26日の小泉内閣の総辞職とともに、参院議員を辞職する考えを表明した。会見に先立ち竹中氏は、首相と会い、直接この考えを伝えた。
竹中平蔵総務相


 竹中氏は04年7月の参院選で初当選。竹中氏は会見で「首相にも理解をいただいた。小泉内閣が終わるのに伴い、政治の世界での私の役割は終わる。今後は民間人の立場で、日本のために貢献したい」と語った。自民党総裁選では安倍官房長官に投票すると明言した。

 竹中氏は、小泉内閣が発足した01年4月、慶大教授から経済財政担当相として初入閣し、小泉首相が進める「構造改革」の旗振り役として経済財政諮問会議を取り仕切った。のちに金融担当相も兼務し、銀行の不良債権の抜本処理に取り組んだ。首相が「改革の本丸」と位置づけた郵政民営化では、担当相として法案成立に力を尽くし、昨年10月の内閣改造で総務相に就任した。

 竹中氏の議員辞職に伴い、公職選挙法の規定では、04年の参院選比例区で自民党の次点だったプロレスラーの神取忍氏(41)が、中央選挙管理会の手続きを経て繰り上げ当選となる。
[PR]
by miya-neta | 2006-09-15 12:49 | 政 治