「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

ジュリアーニとヒラリーが1番人気~08年大統領選の両党候補

U.S. FrontLine


更新2006年09月12日 19:15米国東部時間

 2008年の大統領選挙への出馬が取りざたされる候補者の中で、共和党のルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長と民主党のヒラリー・クリントン上院議員の2人に対する党員の支持率が最も高いことが、世論調査で分かった。

 CNNがオピニオン・リサーチに委託して行った調査によると、共和党員を名乗る432人の31%は、08年選挙の共和党候補にジュリアーニ氏を推し、ジョン・マケイン上院議員が20%、元下院議長のニュート・ギングリッチ氏が12%で続いた。これ以外は全て1けた台の支持率で、まだ決めていないと答えた人は14%だった。

 一方、民主党員517人のうち、37%がクリントン氏を支持し、前副大統領のアル・ゴア氏が20%で続いた。前回正副大統領候補だったジョン・ケリー氏とジョン・エドワーズ氏は、ともに11%だった。このほかはいずれも3%以下で、8%は未決と答えた。

 また、03年のイラク戦争開始時に反対を表明したかどうかを支持の条件とするかどうかについては、民主党の56%がしない、41%がすると答えた。

 このほか、1004人の成人を対象に行った別の調査では、最低賃金の引き上げ法案を可決した議会を支持すると答えた人が86%に上った。

 2つの調査は8月30日から9月2日までの間、電話による聞き取りで行われた。
[PR]
by miya-neta | 2006-09-12 19:15 | 国 際