「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

自衛官らの無断渡航、575人「ある」 防衛庁調査

asahi.com:社会


2006年09月22日22時32分

 防衛庁は22日、自衛官と事務官計約26万人を対象に海外への無断渡航についてアンケートしたところ、575人(延べ1117回)が「ある」と回答していたと発表した。照合用の書類の保存状況から、確実に裏付けがとれる05年1月以降の162人についてさらに調査を進め、渡航の回数や申請しなかった理由について悪質性が認められれば、懲戒処分も検討するという。

 同庁によると、575人の内訳は自衛官328人、事務官245人、非常勤職員2人。最も多かったのは、96年以降、知人に会うために31回にわたって米国などに渡航していた男性自衛官だった。

 同庁では、即応性が求められる職責などにかんがみ、海外旅行に際しては渡航申請を出し、上司の承認を受けることが訓令で定められている。申請してから承認が出るまで平均で11日かかるという。

 ただ、現時点では無断海外渡航そのものを想定した懲戒処分の基準はなく、調査と並行して基準作りを進める。庁内からは「あくまでも自己申告の調査で、正直者がばかを見るアンケート。実態を把握できたとは思えない」との声も出ている。
[PR]
by miya-neta | 2006-09-22 22:32 | 政 治