「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

安倍内閣:閣僚17人が記者会見

行政:MSN毎日インタラクティブ


 安倍内閣の閣僚17人が26日、首相官邸で行った記者会見の要旨は次の通り。

 ▽菅義偉総務相 地方行政や情報通信行政は国民生活に密着しており、竹中前総務相の改革を前進させる。新しい地方分権のため、国の補助金・負担金の廃止、縮小を進める。国と地方をあわせた公務員の総人件費も徹底して削減したい。

 ▽長勢甚遠法相 首相から組織犯罪処罰法改正案の早期成立などを指示された。テロ対策などを国際社会と連携してやらなければならず、早期成立を目指す。

 ▽麻生太郎外相 小泉政権下で日本外交は存在感を示すことができ、それが北朝鮮のミサイル問題への対応にもつながった。日中関係は経済・文化交流も良好であり、胡錦涛国家主席との首脳会談実現に努力したい。11月のアジア太平洋経済協力会議前の首脳会談(実現)の可能性についてはうかつなことは言えない。条件を出しているのは先方であり、日本はいつでも会う用意がある。

 ▽尾身幸次財務相 財政の状況はGDP比で150%の債務残高があり、極めて厳しい。経済を活性化しつつも財政再建にしっかり取り組みたい。消費税を含めた税制改革については、今年度の財政収支や来年度予算、社会保障のあり方も考えながら、来秋以降に本格的な議論をしたい。

 ▽伊吹文明文部科学相 自己抑制と創造性を兼ね備え、日本ならではの社会規範を身に付けた日本人をつくる教育を実現したい。「ゆとり教育」は必ずしも十分でなく、(学力低下と)批判を受けないよう頑張る。

 ▽柳沢伯夫厚生労働相 これまでは財政を中心に政策課題に取り組み、社会保障費の改革が必要だと注文を付けてきた。社会保障費の増加は合理化だけで賄えない。公費負担について税の裏打ちをしっかりしなければ、不安に駆られる制度を引きずってしまう。

 ▽松岡利勝農水相 日本の農産物は味や品質が非常に優れている。農産物輸出の大幅な増加や地球環境の問題に対応するバイオエネルギーの生産向上、農業の担い手への政策の集中の3本柱で、世界に冠たる農業にしていく。

 ▽甘利明経済産業相 資源エネルギー政策におけるロシアのサハリン2開発問題については、環境問題を指摘する露側の主張を精査し対処することが大切。東シナ海のガス田開発は日中が共同開発する方向性で一致しており、粛々と取り組む。中小企業を活性化する際のネックは金融。いかに個人補償に頼らない融資に切り替えるかで、きちんと取り組む。

 ▽冬柴鉄三国土交通相 小泉政権で道路特定財源の一般財源化を図ったが、本来より高い暫定税率はそのまま。元に戻すべきで、財務相と協議する。耐震強度問題では臨時国会に建築士制度を見直す法案を提出する。

 ▽若林正俊環境相 (水俣病被害者救済に向けた新提言は)関係者からよく話を聞き、積極的な対応を考えなければならない。

 ▽塩崎恭久官房長官 国家の司令塔として(官邸)機能の強化を目指す。(閣僚人事は自民党総裁選の論功行賞的な色彩が強いとの)指摘も可能かもしれないが、各分野で個性的な政策立案をしてきた人が多い。

 ▽溝手顕正国家公安委員長・防災担当相 厳しい犯罪情勢に国民は大きな不安を抱いており、治安回復に全力を尽くす。また、被災者支援や被災地復興に努めたい。

 ▽久間章生防衛庁長官 米軍再編は、沖縄の海兵隊を減らしたり、(神奈川県)厚木市周辺の騒音問題を減らしたりする千載一遇のチャンスで前向きにとらえてほしい。(集団的自衛権は)ケースバイケースで(行使を禁じた従来の政府解釈で)乗り切れるかどうかを具体的に検討する余地はある。

 ▽高市早苗沖縄・北方担当相 沖縄の米軍基地再編では地元の安心と安全のために取り組む。普天間飛行場の移設をしっかりと進める。一日も早い北方領土復帰を目指し、国民運動の啓発などをしたい。

 ▽山本有二金融・再チャレンジ担当相 努力した人が報われ、失敗した人が何度でも挑戦できる社会を目指して努力する。金融行政では利用者保護などを進め、再チャレンジに障害のある多重債務者問題を解決したい。

 ▽大田弘子経済財政担当相 大事な課題は「骨太の方針06」に書かれた歳出削減に向けた工程表作りと、経済成長戦略をどう具体化するか、の二つ。既得権と戦う強い経済財政諮問会議にし、内閣の目標や議論を国民に見せ、諮問会議を「改革の窓」にしたい。

 ▽佐田玄一郎規制改革担当相 公務員制度改革の労働基本権問題をしっかり議論する。能力に応じた公務員の給与制度確立も考えたい。道州制問題では、各地域がこうしたいと案を出したら予算面などで応援したい。

毎日新聞 2006年9月26日 20時42分
[PR]
by miya-neta | 2006-09-26 20:42 | 政 治