「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

高岡南高、必修科目履修せず卒業ピンチ

社会ニュース : nikkansports.com


 富山県立高岡南高校(篠田伸雅校長)が現在の3年生197人全員に「地理・歴史」の必修科目を履修させていなかったことが24日、分かった。高校の「地理・歴史」は合計2科目が必修だが、同校は大学受験用の1科目だけの授業を行い、2科目目の授業時間は受験科目の授業に充てていた。3年生全員が単位不足で卒業できない状態で、同校では7時間目を増やしたり、冬休みに補習するなどして対応するとしている。

 進学校の行き過ぎた受験対策で、3年生全員が卒業できない事態に陥っている。同校などによると、現在の3年生が1年生だった昨年3月、生徒から「地理・歴史は受験に必要な1科目に絞って勉強したい」という声が上がった。

 「地理・歴史」は世界史から1科目、日本史・地理から1科目の計2科目が必修だが、同校は教務主任、学校長、教員で作る教育課程委員会で検討し、授業を受験用の1科目に集中して運用していくことを決定。2年次では、世界史Bを32人、日本史Bを71人、地理Bを94人が選択。2科目目の授業は受験科目の授業に置き換えられた。

 篠田校長は会見し「(受験シーズンを前に)生徒に不安を持たせてしまい、迷惑を掛けた」と謝罪。「生徒の受験勉強が効果的になると期待した。教師の熱意が勇み足になった」などと説明した。

 しかし、対外的には、学習指導要領通りの授業を行っているように偽装していたとみられる。県教委に提出した2年次の教育課程表は(1)世界史B、日本史B、地理Bから1教科(2)世界史A、日本史Aから1教科、計2教科を選択履修する、と虚偽の計画を提出。生徒に形式上選択させた日本史Aと世界史Aの教科書も発注し、3年次の教育課程表でも、2年次までに2科目目は履修済み、と虚偽の報告をしていた。

 同校は大学進学率ほぼ100%で、東大、早大など有名大でも合格者が出ている進学校。今年度の3年生もほとんど大学進学希望だが、このままでは高校を卒業できず、受験に合格しても入学できない。生徒の間にも動揺が広がっている。

 卒業に必要な単位は、50分授業を70回。冬休みや土日、祝日をのぞけば、3月1日の卒業式までは約80日しかない。同校では12月末までに必要な授業を行うとし「今後7時間目を増やし、終業式や冬休みに授業を行っていく」と説明している。

[2006年10月25日8時2分 紙面から]
[PR]
by miya-neta | 2006-10-25 08:02 | 教 育