「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

安倍首相が日米野球で始球式「右に行かないように」

社会:スポーツ報知


 安倍晋三首相は3日夕、東京ドームで開幕した日米野球で始球式に初登板した。

 紺色ジャンパー姿でマウンドへ上がった首相は緊張気味の笑顔。投げたボールは大きく左にそれたが、ワンバウンドで大リーグ選抜の城島健司捕手のミットに収まった。

 首相は日ごろの憲法改正主張などでの「タカ派」批判を気にしてか「練習で右に行ったので右に行かないようにしたら左に行った」とコメント。「国会答弁以上に緊張した」と感想を語った。それでも「国会ではどんな球を」との問いには、「基本的には直球。分かりやすい球を投げたい」と強調していた。

 首相はこの後、渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長らと一緒に試合を観戦。2―3で全日本が敗れる結果に「惜しかったね。いい試合だったよ」と語った。

(2006年11月3日23時21分 スポーツ報知)
[PR]
by miya-neta | 2006-11-03 23:21 | 政 治