「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

2005年に生まれた赤ちゃん、4割が非嫡出子 米国

CNN.co.jp : USA


2006.11.22
Web posted at: 17:29 JST- CNN/AP

ジョージア州アトランタ──米国で2005年に生まれた赤ちゃんのうち、10人に4人が非嫡出子だったことが、全国保健統計センターが21日に発表した統計で明らかになった。非嫡出子の割合は、統計を取り始めて以来、過去最高だという。

統計によると、05年に生まれた赤ちゃんは約410万人で、このうち結婚していない母親から生まれたのは150万人を超え、約37%に達した。2004年に生まれた非嫡出子の割合は、約36%だった。

非嫡出子の割合は、90年代後半から増加傾向にある。

これまで非嫡出子を出産していたのは、10代の女性が多かった。しかし、05年は10代の出産が過去最低となった一方で、20代未婚女性の出産が大幅に増えたほか、出産が難しくなりつつある30─40代女性が、単身でも出産を決断する傾向が高まっていた。

この傾向について、ある専門家は「結婚していない単身女性でも、子どもを持つということを、社会が受け入れ始めた結果ではないか」と指摘している。

また、10代女性の出産率は90年代から減少傾向にあり、05年は前年比2%減だった。年齢15─19歳の女性が出産する割合は、女性1000人のうち40人と、過去65年間で最低となった。

このほか、帝王切開で出産する女性が前年から1%増加し、05年には全出産の30.2%を占めた。帝王切開の割合は96年から増加傾向にある。しかし、保健当局は、帝王切開による出産数を減らそうと努力している。
[PR]
by miya-neta | 2006-11-22 17:29 | 国 際