「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

「宗教問題」回避のためクリスマス・ツリー撤去 米空港

CNN.co.jp : USA


2006.12.11
Web posted at: 20:27 JST- CNN/AP

ワシントン州タコマ国際空港──米ワシントン州シアトル近郊のタコマ国際空港に飾ってあったクリスマス・ツリー9本が、空港当局の指示によって撤去された。ユダヤ教の指導者が、クリスマス・ツリーに加えてユダヤ教の燭台(メノーラー)も設置しなければ法的手段に訴えるとしたため、「宗教的な」クリスマス・ツリーの撤去を決めたという。

空港に飾ってあったクリスマス・ツリー全部が撤去されたのは、今月9日。その1週間前、弁護士を雇ったシアトルのユダヤ教指導者が、クリスマス・ツリーの横に燭台を設置するよう求め、これに応じない場合は法的手段をとるとしていた。

空港当局は、様々な宗教に敬意を払おうとしたが、年末で空港利用客が大幅に増加する時期に、空港職員全員に対して宗教関連の指導を行うのは困難と判断。

弁護士などと相談した結果、ユダヤ教の燭台を設置すれば、キリスト教とユダヤ教以外のものについても、設置を求める声が挙がる可能性があると判断。「排他的になることを避けるため、クリスマス・ツリーの撤去を決めた」としている。

一方、燭台の設置を求めたユダヤ教指導者は、「誰もがそれぞれ、年末に対する思いを抱いている。多くの人々にとっては、クリスマス・ツリーが年末を象徴するだろうが、我々の燭台も、まさにこの時期のためのもの」と説明し、当局の判断に驚いている。

また、指導者の弁護士は、「空港のホールを明るく照らす代わりに、暗い場所にしてしまった」と、当局の判断を非難。さらに、「今回のことで、ユダヤ教信者が、話の分からない人々だと見なされるのではないか」と、心配している。
[PR]
by miya-neta | 2006-12-11 20:27 | 国 際