「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

ノミ行為や野球賭博に関与、大阪市職員3人を処分

asahi.com: 関西


2006年12月26日

 大阪市は26日、競馬や競艇のノミ行為やプロ野球賭博にかかわり、1年以上も飲食店のアルバイトで報酬を得るなど地方公務員法上の非行行為があったとして、環境事業局城北環境事業センターの東照行技能職員(35)を懲戒免職処分にした。今夏のサッカーワールドカップ(W杯)ドイツ大会に絡み、職場で賭博行為に参加した同局の30代職員2人も停職10日の処分にした。

 市によると、東職員は96年以降数年にわたり、元同局職員の紹介でノミ行為に関与したほか、プロ野球賭博の金銭授受の仲介役として賭け金の2%にあたる報酬を得ていた。また05年9月から06年11月まで、勤務後や休日に同市都島区の中華料理店でアルバイトをし、多いときで月20万円の収入を得ていたという。

 停職処分の2人はW杯期間中、勤務終了後に職場内で、6~20試合の賭博に参加した。
[PR]
by miya-neta | 2006-12-26 09:31 | 政 治