「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

米グーグル、「gmail」ドメインを中国企業と取り合い

CNN.co.jp : ビジネス


2007.02.27
Web posted at: 15:10 JST- CNN/REUTERS

上海──インターネット検索最大手の米グーグルが中国のインターネット関連企業と、「gmail」を含むドメインを取り合っていることが明らかになった。グーグルは最近、無料メール・サービス「Gmail」を中国でも展開し始めており、中国企業から「gmail」を含むドメインを買い取りたい意向だが、中国企業がこれを拒否しているという。

グーグルが取得を目指しているのは、北京に拠点を置くISMテクノロジー社が持つドメイン「www.gmail.cn」。このドメインのサイトにアクセスすると、グーグルが提供する「Gmail」と非常に似通った形と色のロゴで「Gmail中国」と称し、ネット小売りなどのサービスを展開している。

2社間の状況を知っているという上海の司法関係者によると、グーグル側がISMテクノロジー社に接触を試みたが、ドメイン売却については拒否されている状態だという。

グーグルはこれまでにも、「gmail」を含むドメインに関して、世界各国で交渉を続けている。欧州のメディアによると、グーグルは今月初め、ポーランドの詩人らが使っていたドメイン「www.gmail.pl」について、法的手段を用いて使用差し止めにこぎ着けたという。また、スイスでも同様の訴えを起こしている模様。

しかし、中国企業のISMテクノロジー社はインターネット・プロバイダとして、グーグルと同様の電子メール・サービスを提供しているため、ポーランドとは違い順調に話し合いが進まない可能性が高い。

グーグル側が法的な手段に訴えるかどうかは不明だが、知的財産や著作権に関して意識の低い中国において、法的に勝つのは難しいと思われる。
[PR]
by miya-neta | 2007-02-27 15:10 | 国 際