「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

代理出産で親子認めず「がっかり…」向井亜紀さん夫妻会見

社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


 タレントの向井亜紀(42)さん夫妻が11日、東京都内で会見し、代理出産で生まれた双子の男児(3)との母子関係を認めなかった先月23日の最高裁決定について、「正直、がっかりした。子どもたちが成長した時に、なぜ認められなかったのか、説明しても理解出来ないと思う」と語った。

 米国の女性が出産した双子は現在、米国籍で、保護養育者が日本人という在留資格で日本に滞在している。出生時に日本国籍を得るための手続きは、この日が期限だったが、米国人女性を母とする出生届を提出することが条件となるため、夫妻で話し合って断念したという。

 最高裁決定では、3裁判官が補足意見で、向井夫妻と双子を特別養子縁組することもできると指摘した。ただ特別養子縁組するには、親子関係を消滅させる同意を得た上で、申請書類の母親欄に米国人女性の名前を記入する必要がある。向井さんは「代理母契約の問題もあり、簡単ではない」とし、特別養子縁組については、「親子と認められないことのデメリットも考えながら、結論を出したい」と述べた。また、今後、日本国籍の取得の可能性も検討するという。

 一連の裁判については、「時間とお金、労力がかかった社会科見学だった」と振り返り、「この経験が、代理母を認める立法のために、少しでもプラスになればうれしい」と語った。

(2007年4月11日21時49分 読売新聞)
[PR]
by miya-neta | 2007-04-11 21:49 | 政 治