「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

バージニア工科大で乱射、32人死亡 米最悪の銃撃事件

アサヒコム>国際>北米


2007年04月17日12時59分

 米バージニア州ブラックスバーグにあるバージニア工科大学の2カ所で16日午前(日本時間同日夜)起きた銃乱射事件は、大学によると学生ら32人が死亡、15人が負傷し、病院に運ばれた。2カ所目の事件の男性容疑者は自殺した。2件とも同一犯との見方もある。AP通信によると91年にテキサス州で23人が死亡した事件を上回り、犠牲者数で米史上最悪の銃撃事件となった。


バージニア工科大で起きた乱射事件で、建物から運び出されるけが人たち=AP
 大学の記者会見などによると、最初の事件は同日午前7時15分(日本時間午後8時15分)ごろ、キャンパス南部の学生寮「ウェスト・アンブラー・ジョンストン」で発生し、学生の男女2人が撃たれて死亡した。午前9時45分ごろにはキャンパス北部の教室棟「ノリス・ホール」に拳銃と銃弾で武装した男が侵入。複数の教室などで発砲し、確認できただけで30人の学生・教員らが死亡、容疑者も自殺した。

 ワシントンの日本大使館は、この大学の学生や周辺に住む48人の日本人全員の無事を確認した。

 FOXニュースが目撃情報として伝えたところでは、2番目の事件で発砲したのは若いアジア系の男とされ、教室棟の入り口を鎖で閉鎖。女子学生を並ばせて、友人の女子学生の居場所を聞き出そうとしたという情報がある。けが人の中には、窓から飛び降りた学生もいたという。現場から拳銃2丁が押収された。

 大学は最初の事件の約2時間後にメールなどを通じて学生に窓から離れた屋内にとどまるよう通知。大学を担当するバージニア・テック警察や州警察などがキャンパスに展開したが、第二の事件を防げなかった。

 米連邦捜査局(FBI)は16日、「テロ行為の形跡はない」との声明を出した。

 米メディアは最初の事件の発生でなぜ直ちに大学閉鎖の措置をとらなかったのか、大学側の責任も追及している。記者会見でチャールズ・スティーガー学長は「二つの事件が関連しているのかはわかっていない」と話した。警察は、最初の事件に絡み、事情を知っている可能性があるとみて男性1人から事情を聴いているという。

 米国内の学校で起きた銃撃事件としては、16人が射殺された66年のテキサス大事件や、99年にコロラド州コロンバイン高校で生徒2人が計13人を射殺した後、自殺したケースがある。

 ブッシュ大統領は16日午後、ホワイトハウスで事件について声明を発表し、「学校は安全に学ぶ聖域であるべきで、その聖域が破られた時、衝撃は米国のすべての教室、すべての社会が受け止める」と話した。また、CNNによれば、バージニア州のティモシー・ケイン知事は17日、会議出席のため滞在していた東京で非常事態を宣言。AP通信によると、知事は急きょ帰国の途に就く前、「バージニアにとって悲劇の日だ」と述べた。
[PR]
by miya-neta | 2007-04-17 12:59 | 国 際