「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

仏新大統領にサルコジ氏

スポニチ Sponichi Annex 速報


 フランスのシラク大統領(74)の任期満了に伴う大統領選の決選投票が6日行われ、即日開票の結果、保守系与党、国民運動連合(UMP)党首のサルコジ前内相(52)が社会党の女性候補、ロワイヤル元家庭担当相(53)を大差で抑え、当選した。大統領の交代は1995年のシラク大統領就任以来12年ぶりで、戦後生まれの指導者は初めて。英米流の自由経済を掲げるサルコジ氏は、フランスが築いてきた平等型社会を見直し、競争原理に重きを置いた社会の建設へ踏み出す。

 サルコジ氏は6日夜、「フランスがわたしに与えてくれたものを、今度はわたしがお返しする番だ」と勝利宣言した。ロワイヤル氏は「次期大統領には、国民すべてのために働くという使命を果たしてもらいたい」と敗北を宣言した。

 内務省による午後9時半(日本時間7日午前4時半)時点の中間集計によると、サルコジ氏の得票率は53・30%、ロワイヤル氏は46・70%。

 サルコジ氏は移民問題や治安対策で、右寄りの姿勢を鮮明にして極右支持層にも浸透した。当選後の演説で、米国に対し「友好国フランスに期待してほしい」と述べ、関係改善に乗り出す方針を明言した。

 シラク大統領の任期は16日まで。就任式の日付は新旧大統領が協議して決める。サルコジ氏側近のフィヨン前国民教育相は6日、新大統領就任は16日になるとの見通しを示した。 (共同)

[ 2007年05月07日 07:32 速報記事 ]
[PR]
by miya-neta | 2007-05-07 07:32 | 国 際