「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

ふるさと納税「ナンセンス」 石原都知事が批判

asahi.com:政治


2007年05月11日20時01分

 都市と地方の格差是正策として、政府・与党内で浮上している、都会に暮らす人が住民税の一部を故郷の自治体に回す「ふるさと納税」構想について、東京都の石原慎太郎知事は11日の記者会見で「聞こえはいいけど、税の体系とすればナンセンス」と批判した。

 税の理念として「住んでいるところで行政の利益を得る人が住民税を払う」との見解を示したうえで、都税収入の一部を地方にあてる構想を「東京に対する収奪としかとれない。税収格差がそのまま財政上の格差とは言えない」と反論。「格差を唱えている各自治体が、人員整理や歳費節減をしたか。国だってやっていない。東京は必死になってやってきた」と語気を強めた。

 一方、全国知事会長に再選された麻生渡・福岡県知事は11日、ふるさと納税は「税収格差を少しでも修正するため提唱されている」と語り、「バランスをとっていこうというのは、検討したい」と姿勢の違いを見せた。
[PR]
by miya-neta | 2007-05-11 20:01 | 政 治