「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

首相『閣僚結束を』 松岡氏の遺書公表せず:政治

東京新聞(TOKYO Web)


2007年5月29日 夕刊

 安倍晋三首相は二十九日午前の閣議で、松岡利勝前農相の自殺を受け「松岡氏が道半ばで亡くなられたことは、まことに痛恨の極みだが、閣僚各位においては、今後とも結束して国政に取り組んでいくよう協力をお願いする」と述べた。

 塩崎恭久官房長官は記者会見で、首相や国民にあてた松岡氏の遺書が見つかったことについて「プライベートにかかわることは、政府は触れない」と述べ、政府として公表しない考えを示した。

 松岡氏の後任をめぐっては、首相は「農水行政に空白が生じてはいけない。優れた後任者を選びたい」と、早期に選任する意向を示している。農政の知識や政治家の経験値など実績を重視して三十日中にも人選を行う。現段階では、農相臨時代理になった若林正俊環境相の横滑りや、鈴木俊一元環境相、赤城徳彦元防衛副長官らの名が取りざたされている。

 首相としては、速やかに混乱を収拾し、終盤国会で重要法案を成立させていくことで、七月の参院選に向けて政権基盤を安定させたい考えだ。しかし、松岡氏をめぐる疑惑は未解明のままで、「消えた年金」に加えて「政治とカネ」の問題が再燃するのは確実。野党側との攻防激化は避けられない情勢になっている。
[PR]
by miya-neta | 2007-05-29 15:33 | 政 治