「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

松岡農相の死亡確認 『迷惑かけおわび』 遺書8通、謝罪も

東京新聞:政治(TOKYO Web)


2007年5月29日 朝刊

 東京都港区赤坂二の衆院赤坂議員宿舎十一階にある自室で二十八日、首つり自殺を図った松岡利勝農相(62)は同日午後二時、搬送先の慶応大学病院(新宿区)で死亡が確認された。死因は窒息死だった。室内に遺書があり、警視庁赤坂署は自殺と断定、動機を調べている。現職閣僚の自殺は、終戦時に割腹自殺した阿南惟幾陸相以来。安倍晋三首相は“政治とカネ”の問題をめぐり国会で追及されていた松岡農相を一貫して擁護し続けてきたことから、参院選を控え、政権にとって大きな打撃となった。

 安倍首相は「大変残念だ。ざんきに堪えない。私は松岡農相の任命権者だから当然、閣僚の取った行動に対して責任を感じている。改革を進めていくことによって(責任を)果たしていきたい」と述べた。

 赤坂署などによると、発見時の農相はパジャマ姿で、リビングのドア上端に布製のひもをかけ、首をつっていた。近くには踏み台として使ったとみられる脚立があった。

 遺書は安倍首相や農林水産省事務次官、同省秘書官、景山俊太郎参院議員ら個人向けとして、「親展」と書かれた封書に入ったものが六通。ほかに「国民の皆様、後援会の皆様」と書かれた便せんがあり「私自身の不明不徳の致すところで誠に申し訳ない。ご迷惑をかけておわび申し上げます」などと記され、二十八日付で、自らの名前も書かれていた。さらに「内情は妻が知っている」などと室内を探さないでほしいとの趣旨の別の便せんも見つかった。便せんは農水省のA4判のもので計八通の遺書はいずれもリビングのテーブルにボールペンとともに置かれていた。

 松岡農相は同日午後一時四十分からの参院決算委員会に出席して農水省所管の独立行政法人「緑資源機構」の官製談合事件について答弁する予定になっていた。

 二十八日夜、都内で仮通夜が営まれた。遺体は二十九日に地元熊本へ運ばれる。

 松岡農相の自殺を受け安倍首相は、農相の臨時代理に若林正俊環境相(72)を充てる人事を二十八日付で発令した。正式な後任については、天皇陛下が欧州歴訪から帰国される三十日に合わせ、人選を進める。

 首相は二十八日夕、後任の人選方針と決定時期に関し、首相官邸で記者団に「農林水産業の改革に情熱を持って取り組むことができる人を選びたい。認証式の日程も考慮しながら決定したい」と強調した。
[PR]
by miya-neta | 2007-05-29 07:35 | 政 治