「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

息子の名前に「4real」、数字はダメとNZ当局が不受理

CNN.co.jp : ワールド


2007.06.22
Web posted at: 18:01 JST- CNN/AP

ニュージーランド・ウェリントン──ニュージーランドの夫婦が近ごろ、生まれてきた息子の名前として「4real」で出生届を出そうとしたが、当局から「数字で始まる名前は認められない」と、届けを受理されなかったことがわかった。

パット・ウィートンさんとシーナさん夫妻は、生まれた息子の名前として、「4real」を選び、出生届を出した。

この名前を選んだ理由は、夫妻が初めて超音波検査で、お腹にいる赤ちゃんを見たとき、初めて発した言葉だったからだという。「超音波で姿を見て、『本当に』赤ちゃんがいるっていうことを実感した。だから、私たちにとって意味のある名前」と話している。

パットさんは20日、テレビ・ワンのインタビューで、「みんな、いろいろな本を参考にしたりして、赤ちゃんの名前を探すけれど、ほとんどは意味と名前とに関係がない」と指摘。「この名前だったら、みんなに意味が分かってもらえる」と説明した。

しかし、出生届を受理する役所が、「数字で始まる名前は、条例に違反しており、認められない」と届けを不受理。夫妻と話し合っている最中だという。

出生届や死亡届、婚姻届を処理する当局のブライアン・クラーク所長は、「現段階では、この名前を拒絶したわけではない。夫妻と現在、話し合っている」とした上で、条例は名前のために中傷を受けたりしないよう定められていると説明。

例えば、「サタン」や「アドルフ・ヒトラー」といった名前が、受理されない例として挙げている。

もしも、7月9日までに話し合いが決着しなければ、赤ちゃんの名前は「real」として受理されるという。

ニュージーランドでは、生後2カ月以内に出生届を出す必要がある。
[PR]
by miya-neta | 2007-06-22 18:01 | 国 際