「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

胡錦涛・政権が頭を抱えた「酷い工場」

世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」:NBonline(日経ビジネス オンライン)


「子供たちを救けて!」親400人の悲痛な叫びは届いたか

2007年6月22日 金曜日 北村 豊

 山西省南部にある臨汾市洪洞県は2500年以上の歴史を有し、後漢時代の西暦147年に創建された古刹「広勝寺」とその境内に建つ建立後500年以上を経た13層の八角の塔「飛虹塔」(高さ47.31メートル)で名高い。その洪洞県で大事件が白日の下に晒された。

奴隷同然の強制労働

 2007年5月27日、洪洞県公安局広勝寺派出所は違法爆発物の取り締まり調査中に、広勝寺鎮曹生村にあるレンガ工場で工員の挙動がおかしいことに気づいた。調べると、このレンガ工場は営業許可証も無ければ、資源許可証も税務登録証も無い家内工業的なレンガ工場で、曹生村の共産党支部書記である王東記の屋敷内にあった。派出所の警官は仲間の応援を得て、速やかにレンガ工場に立ち入り検査を行ったところ、31人の見るも無残な工員たちを発見した。

 彼らの着衣はぼろぼろで、頭髪は肩まで垂れ、髭は伸び放題、肌は皮膚病に蝕まれ、身体には無数の傷跡と火傷の跡が有り、強烈な悪臭を発していた。警官は奴隷同然の不当な強制労働が行われていると判断し、31人全員を救出した。彼らの最年長は58歳、最年少は何と14歳であり、31人中の9人は知的障害者と精神病者であったが、彼らがレンガ工場の苛酷な生活による後天的なものかどうかは不明である。その後の調べで、彼らの出身地は12の省・自治区・直轄市にも及んでいることが判明した。

  つづく・・・
[PR]
by miya-neta | 2007-06-22 15:42 | 国 際