「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

パキスタン、モスク籠城に「投降なければ殺害」と大統領

NIKKEI NET(日経ネット):国際ニュース-アメリカ、EU、アジアなど海外ニュースを速報


 【チャンディガル(インド北部)=山田剛】宗教戒律の厳格運用を叫ぶパキスタン・イスラマバードのモスク(イスラム教寺院)「ラール・マスジド」に約1000人の神学生が籠城(ろうじょう)している事件で、同国のムシャラフ大統領は7日、学生らに対し「投降しなければ殺害されることになる」と強く警告した。南西部バルチスタン州で記者団に語った。大統領の公式発言は、3日の事件発生後初めて。

 ムシャラフ大統領は神学生らに対し、武器を捨てて女性や子供を解放するよう要求。「もはや時間稼ぎは許されない」と強調した。過激なイスラム思想の取り締まりではおおむね世論の支持を得ていることを見極め、事実上の最後通告に踏み切ったとみられる。

 モスク内部にとどまる指導者アブドルラシド・ガジ師は民放のジオ・テレビに対し「(モスク内に)70―80人の学生の遺体がある」と述べ、治安部隊の攻撃を非難したが、政府側は事件の死者は19人としている。(07:00)
[PR]
by miya-neta | 2007-07-08 07:00 | 国 際