「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

選挙遊説中断、被災地へ続々 政府、与野党の幹部ら

asahi.com:政治


2007年07月16日19時03分

 中越沖地震を受け、参院選応援で全国を回っている与野党の幹部らは相次いで日程を変更し、各党とも対策本部を設置して対応にあたった。政府も安倍首相と複数の閣僚が被災地に駆けつける異例の対応をとった。首相は17日の沖縄での遊説予定もとりやめた。

 首相は16日午前10時17分、遊説先の長崎市で秘書官から一報を受け、1分余りで演説を中断。民間機で帰京し、午後3時過ぎに官邸からヘリで被災地に向かった。災害の発生当日に首相が現地入りするのは極めて異例。首相は出発前、記者団に「なるべく(首相の)受け入れ態勢に人員を割かないように指示した」と語った。

 公明党の太田代表、自民党の中川昭一政調会長もそれぞれ遊説をとりやめて新潟県に向かった。自民党幹部からは「災害となれば政府・与党の出番だ」との声も漏れた。

 一方、民主党の小沢代表は、遊説のため新潟県に向かっていた鳩山由紀夫幹事長に被災地入りを指示。鳩山氏は地震で止まった新幹線からタクシーに乗り換えて急行した。共産、社民、国民新の各党も党所属国会議員を派遣した。
[PR]
by miya-neta | 2007-07-16 19:03 | 政 治