「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

参院民主、議員会長に輿石氏 新執行部、結束を優先

asahi.com:政治


2007年08月06日20時46分

 参院民主党は6日、新執行部を決定した。議員会長に輿石東氏の続投が正式に決まり、幹事長に平田健二・元国会対策委員長(岐阜選挙区、当選3回)を起用。国対委員長には簗瀬進・参院憲法調査会幹事(栃木選挙区、当選2回)、政審会長には福山哲郎氏(京都選挙区、当選2回)を充てる。

 党内では一時、日教組出身の輿石氏が主要幹部を労組出身者で固めるのではないかとの見方も広がった。平田氏は旧同盟系労組出身だが、簗瀬氏は元自民党衆院議員、福山氏は前原誠司・前代表に近い中堅・若手の代表格。党内の出身母体や世代のバランスを重視し、結束を優先した布陣になった。

 輿石氏は6日の同党参院議員総会で「国民の期待を信頼に変え、不安を取り除く。一致結束して政権交代できるかだ」と決意を語った。

 民主党は議院運営などの参院常任委員長人事も内定。自民党は文教科学委員長に市川一朗氏を充てることを決めた。
[PR]
by miya-neta | 2007-08-06 20:46 | 政 治