「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

「福田総裁」確定的に 8派閥が支持、自民総裁選

東京新聞:政治(TOKYO Web)


2007年9月14日 20時37分

 退陣表明した安倍晋三首相(党総裁)の後継を選出する自民党総裁選は14日、福田康夫元官房長官(71)と麻生太郎幹事長(66)の一騎打ちの構図が固まった。15日午前に立候補を受け付け、同日午後には共同で記者会見し論戦を本格化させる。麻生派以外の8派閥の大半の議員と無派閥議員の一部が支持する福田氏が圧倒的優位の情勢で、「福田総裁」への流れが確定的となった。麻生氏は14日午後の出馬記者会見で派閥主導で選挙戦を展開する福田陣営を批判、「最後まで堂々と戦う」と宣言、党員や派閥に批判的な中堅、若手議員らに支持を求め、巻き返しを目指す。

 麻生氏は会見で、正式に出馬を表明、「(劣勢だが)ここでやめれば(新総裁は)派閥レベルの談合で決まってしまう。最後まで党員、党友、国民に政策を問うて堂々と戦いたい」と強調、テレビ番組などでは各派閥の動きを「派閥領袖だけで決めるのなら古い自民党に戻ってしまう」と厳しく批判した。
[PR]
by miya-neta | 2007-09-14 20:37 | 政 治