「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

政策似たもの候補、北朝鮮問題は数少ない争点 総裁選

asahi.com:政治


2007年09月16日00時00分

 どこが、どう違うの? 15日に始まった自民党総裁選。一騎打ちとなった福田康夫、麻生太郎の両候補は、自民党の「路線転換」を明確に打ち出せないばかりか、お互いの主張も「大同小異」。がけっぷちに立つ自民党の再生をかけた政策論争とはとても思えない、低調なスタートを切った。

     ◇

 「安心と……それから、もうひとつ。若者の……何だっけ? あ、希望。ごめんなさい。若者が希望を持てるような社会をつくる」

 15日午前、党本部で出馬表明会見に臨んだ福田氏は、キャッチフレーズ「希望と安心の国づくり」を披露しようとして言葉が思いつかず、周囲の助けで言い直した。

 さらに福田氏は目指すべき社会として「自立と共生」「男女共同参画社会」「ストック型社会」を次々と挙げた。「ストック型社会とは」との問いには「いいものを作って、丁寧に長く使う」。具体策としては、200年もつ住宅を例示しただけだった。

 政権運営に行き詰まった安倍首相の突然の辞任表明で始まった総裁選。満を持す麻生氏と違い、各派にかつぎ出されて急きょ出馬を決めた福田氏の準備不足が際立った。

 同日午後、福田、麻生両氏がそろって臨んだ共同会見。両氏ともまず唐突な首相辞任に触れざるを得なかった。福田氏は「総裁選で国会がしばらく中断する。国民にもいろんな面で影響がある。国民に深くおわび申し上げたい」。麻生氏は「政治空白をいかに最小限にし、党員・党友、国民に開かれた総裁選に(するかに)腐心した」。

 しかし、参院選惨敗を踏まえ、どんな政策を実現するのか。2人のメッセージは明確でない。

 安倍首相が後継者に託した最重要課題で、民主党が反対するテロ対策特別措置法の延長問題。麻生氏が「民主党、自民党、公明党ともども、話し合いによって、世界中から理解を得られる努力の成功がありうる」と言えば、福田氏も「麻生候補の説明に大体似たようなところだ」と話し合いを強調するだけ。

 安倍首相が意欲を示した政治団体への「1円以上」の領収書添付義務づけも、そろってあいまいに。麻生氏が「政治活動の自由、政治結社の自由を考えていかなければならん」と言えば、福田氏も「大体似たようなところ。政治活動の自由が保障されなければいけないという観点から、すべて公開するのが妥当かどうか、疑問に思っている」と同調した。

 麻生派以外の全派閥の支持で最初から福田氏優位の流れができたうえ、政策論争までが低調になれば、しらけムードが広がりかねない。党幹部からは「昔と違って総裁選も迫力がなくなった。これじゃ生徒会長選挙と同じだ」との声も漏れる。

 もっとも、党内では、激しい論争より、党の立て直しを急ごうとする内向きな空気が強い。総裁選は党再生をアピールする好機だと主張してきた1年生議員の一人は、危機感を募らせる。

 「どっちもどっちだ。良く言えば手堅いし、悪く言えば新鮮味に欠ける。小泉さんが出た時のような、ワクワクドキドキがない」

     ◇

 数少ない両氏の違いが垣間見えたのは、記者会見の最後の質問。北朝鮮による拉致問題への対応を聞かれた時だった。

 「昨今の状況は、お互いに、交渉する余地がないような、非常に固い状況になっている」。慎重に言葉を選びながらも、福田氏はこう言った。「交渉の意欲が向こうに伝わる方法はないか。『対話と圧力』の基本姿勢の上に前進をはかる工夫を考えたい」

 福田氏が小泉内閣の官房長官当時、副長官は安倍首相だった。02年9月の小泉前首相の1回目の訪朝を主導するなど、「対話」を重視する福田氏と、北朝鮮に対する強硬姿勢で国民的人気を博し、「圧力」を前面に出す安倍氏とは、北朝鮮政策を巡りしばしばぶつかった。「圧力」に傾きすぎた政策を「対話」に引き戻したい――。福田氏の発言には、こうした思いがにじむ。

 一方の麻生氏。「(北朝鮮が)圧力がなければ対話に行かないということは、経験則でかなり出てきた。日本のこの数年間の対応は決して間違っていなかった」。外交政策について、考え方の近い安倍首相の路線を引き継ぐ姿勢が鮮明だ。

 靖国神社に代わる国立追悼施設については、官房長官時代に熱心に取り組んだ福田氏が、「いつか出来てほしいなと思っている」。ただ、「国民がいらないものをつくるわけにはいかない。タイミングを選ばなければいけない」と慎重な言いぶりも。

 麻生氏は「追悼施設が出来たから靖国神社がなくなる、というわけにいかない」と福田氏の構想を牽制(けんせい)しながら、靖国神社の非宗教法人化という持論を繰り返した。

 政策面で明確な対立軸を打ち出せないなか、両氏があえて「違い」として語ったのが自らのキャラクター。

 「(自分は)キャラが立ちすぎている。(福田氏は)あまりそうじゃない」。お互いに対する人物評を聞かれ、麻生氏はそう語った。マンガやアニメに通じ、アキバ系のおたくにも人気がある麻生氏を、福田氏も「私にないものをお持ち。私どもが考えつかないことを発想できる。21世紀的な人物と思う」と評した。
[PR]
by miya-neta | 2007-09-16 00:00 | 政 治