「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

福田康夫氏の政治団体、朝鮮籍企業から献金受ける

asahi.com:政治


2007年09月21日19時47分

 衆院議員の福田康夫元官房長官が支部長を務める自民党群馬県第4選挙区支部が96年と03年、朝鮮籍の会長(故人)とその息子らが株式の6割以上を保有するパチンコ店経営会社から、10万円ずつ計20万円の寄付を受けていたことが分かった。政治資金規正法は、外国人や外国人が株式の過半を持つ企業からの献金を原則禁じている。

 同支部の政治資金収支報告書によると、03年の寄付は11月5日で、衆院選投開票日の4日前。群馬県高崎市にある福田氏の地元事務所は「いろいろな人から寄付をいただくなかで、一つひとつ国籍までは確かめられなかった」などとコメントしている。96年分、03年分とも3年の時効は成立しているが、「禁じられているものは返金したい」としている。

 会社側は「会長が個人的にやっていたことで、会社は関係ない。会長が亡くなっており確認できない」と話している。
[PR]
by miya-neta | 2007-09-21 19:47 | 政 治