「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

近隣諸国との関係改善、福田氏に期待感 韓国前大統領

asahi.com:自民党総裁選


2007年09月19日09時23分

 訪米中の金大中(キム・デ・ジュン)韓国前大統領は18日、自民党総裁選の候補者である福田康夫元官房長官について「彼が首相になれば、日本と近隣諸国の関係改善が進むだろう」と期待感を示した。ワシントンで講演した際、質問に対して語った。

 金氏は、過去の植民地支配などをめぐる日本側の歴史認識に懸念を示したうえで「日本の新政権は、これまでより近隣諸国の人々の感情に気遣う政権になりそうだ」と指摘。「福田氏による新政権になれば、靖国神社への参拝は繰り返されないだろう」「隣国である日本と友好的な関係を築きたい」と語った。

 福田氏は官房長官当時、靖国神社に代わる国立追悼施設に熱心に取り組んだ。靖国参拝については「参拝することはない。戦争の犠牲者を追悼する施設がいつかできてほしい」との考えを示している。
[PR]
by miya-neta | 2007-09-19 09:23 | 政 治