「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

福田新内閣 大半が再任 渡海氏は初入閣

首相|政治|Sankei WEB


 第91代首相に指名された自民党の福田康夫総裁(71)は25日、首相官邸に入り組閣を行った。内閣の要となる官房長官に町村信孝外相(62)、外相に高村正彦防衛相(65)、防衛相に石破茂元防衛庁長官(50)、文部科学相に渡海紀三朗元文部科学副大臣(59)を起用し、その他の閣僚は再任した。26日午前、皇居での首相親任式・閣僚認証式や初閣議などの手続きを踏まえて正式に新内閣が発足する。

 初の組閣にあたって福田氏は、安倍改造内閣が発足から1カ月弱しかたっていないことや、臨時国会中であることを考慮し、舛添要一厚生労働相(58)や冬柴鉄三国土交通相(71)らほとんどの閣僚を再任した。党総裁選で戦った麻生太郎前幹事長(67)を支持した鳩山邦夫法相(59)と甘利明経済産業相(58)も再び任用した。

 官房長官には、福田氏が所属する町村派の会長で、閣僚経験の豊富な町村氏が横滑りした。臨時国会の焦点となるインド洋での海上自衛隊の補給活動をめぐる新法に対応する外相には高村氏、防衛相には石破氏を起用した。安倍改造内閣の閣僚で、閣外に去ったのは与謝野馨官房長官と自民党幹事長に就任した伊吹文明氏だけ。

 福田氏は一方で、麻生氏の重要閣僚起用を検討し、24日から断続的に電話で就任を要請した。しかし、麻生氏は「長い間要職に就いていたのでしばらく休ませていただきたい」と固辞した。

 このほか、政務担当の大野松茂(71)、岩城光英(57)両官房副長官と、中山恭子・拉致問題担当(67)、山谷えり子・教育再生担当(57)の両首相補佐官も再任。事務担当の官房副長官は二橋正弘氏(65)を再登板させた。

 組閣に先立ち、国会は午後から衆参両院本会議で首相指名選挙を行い、衆院は福田氏を指名した。野党が多数を占める参院は決選投票で民主党の小沢一郎代表(65)を指名。衆参の指名が異なったため両院協議会に持ち込まれたが、結論が得られず、憲法の規定に基づき、福田氏が91代、58人目の首相に選出された。

 福田氏は故福田赳夫元首相の長男。赳夫氏と同じ71歳で首相になり、憲政史上初の親子首相となった。首相指名が衆参両院で異なったのは平成10年、衆院の小渕恵三自民党総裁、参院の菅直人民主党代表(ともに当時)以来、憲政史上4回目。

 また、午前中は、国会内で自民、公明両党の党首が会談、1円以上のすべての支出について政治資金収支報告書に領収証の添付を義務づけるなどとする連立政権合意に署名、連立継続を確認した。

(2007/09/25 22:32)
[PR]
by miya-neta | 2007-09-25 22:32 | 政 治