「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

福田氏「代表的な政治家」 米大統領、森氏に語る

asahi.com:政治


2007年09月25日20時40分

 森喜朗元首相は24日夜(日本時間25日午前)、国連本部でブッシュ米大統領と短時間、立ち話をした。森氏によると、大統領は首相に就任する福田康夫自民党総裁について「米国との関係を非常に重要視した日本の代表的な政治家だと承知している」との認識を示し、インド洋での海上自衛隊の給油活動継続問題を念頭に「日本の国会でも苦労をかけていることに感謝している、と伝えてほしい」と語った。首相就任後、ただちに福田氏に電話する意向も示したという。

 森氏はこれに先立つ24日午後(同25日未明)、国連本部で潘基文(パン・ギムン)国連事務総長と会談した。潘事務総長は、給油活動について「日本の努力に感謝したい。引き続きインド洋で自衛隊が補給をするよう、協力をお願いしたい」と述べ、活動継続への期待を表明した。森氏は「公明党との政権協議で給油活動への合意を得た。福田内閣になってからも協力できるように努力したい」と語った。
[PR]
by miya-neta | 2007-09-25 20:40 | 政 治