「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

大阪市立環境科学研究所、ODA委託費274万円不正流用

社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


 政府開発援助(ODA)による途上国からの技術研修員受け入れ事業を巡り、大阪市立環境科学研究所が2000~03年度に委託費274万円を不正流用し、発覚後、かかわった研究員19人を厳重注意処分にとどめ、流用分の返還も求めていなかったことがわかった。

 研究所OBの業者が虚偽の請求書を作るなど関与しており、事業主体の独立行政法人「国際協力機構(JICA)」(東京)は「委託先からの報告を待って対応を考えたい」とし、事実関係が確認されれば返還請求を検討する。

 JICAは、大気汚染対策に関する研修を大阪市の外郭団体「地球環境センター」に毎年約700万円で委託し、うち、排煙の測定実習などを同研究所が引き受けている。

 不正流用は04年9月、内部告発で判明。試薬やフラスコなど研究材料を購入したと偽装し、4年間に目的外のパソコン3台、テレビ、空気清浄機、食器棚など30点を買い入れていた。

(2008年3月23日10時15分 読売新聞)
[PR]
by miya-neta | 2008-03-23 09:36 | 政 治