「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

人権侵犯事件:いじめ・体罰、過去最多に 相談態勢強化で顕在化 昨年/山形

毎日jp(毎日新聞)


◇新規件数全体は減少
 山形地方法務局は、いじめや虐待など人権侵犯事件の07年の調査結果を公表した。学校におけるいじめは、現行の統計方式を採り始めた93年以降最も多い35件だった。子供が相談しやすい環境作りをした結果、これまで明るみに出なかった情報が集まるようになった。【大久保渉】

 同法務局が07年、人権侵犯事件の疑いがあるとみて新たに調査を始めたのは計248件で、前年比121件少なかった。架空請求詐欺、暴行虐待事件が減少したことが要因だが、同法務局は「架空請求詐欺は対応方法の浸透により純減したが、暴行虐待は相談窓口が多様化したことの影響で、被害そのものが減っているわけではない」と分析している。

 学校におけるいじめは過去最多で前年比約1・7倍の35件で、うち30件は学校に対策を講じるよう要請するなどの援助措置をとった。担任教諭の目の届かないところで発生し、学校側が事態を把握していない事件もあった。また、教職員による体罰等も17件で過去最多だった。

 法務省の指針で、07年は全国的に子供を対象にした相談態勢を充実化。県内全小中学生に、手軽に相談できるミニレターを配布したり、子どもの人権110番の周知を図った。ミニレターでは257件、人権110番では前年比約2・3倍の298件の相談があった。

 同法務局は「匿名相談で調査できないケースが多いが、一人で悩まず積極的に相談してほしい」と話している。

毎日新聞 2008年3月30日 地方版
[PR]
by miya-neta | 2008-03-30 08:47 | 教 育