「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

カテゴリ:国 際( 886 )

ネット | マイコミジャーナル


2008/06/10

湯木進悟

締切迫る!中小向けダウンロード発売記念5千円Quoカードプレゼント ERP(SAP)を勉強したいSEをアウリガ・コンサルティングは待ってます 月収40万円超案件が多数!IT派遣のスタッフサービス・ソリューション <最大2ヶ月無料!> グループウェア【サイボウズASPサービス】

米下院議員のLinda Sanchez氏およびKenny Hulshof氏は、インターネット上で横行する誹謗中傷行為などに実刑を科し、厳罰化による対策強化を求める新法案「Megan Meier Cyberbullying Prevention Act」の制定を提唱している。

同法案名にある「Megan Meier」という名前。このところ米国内で大きな話題になった、いわゆる"ネットいじめ"の犠牲となって命を絶ったとされる、米ミズーリ州セントルイスのティーンエイジャーの少女の本名から取られているという。この少女は、SNSの「MySpace」上で"Josh"と名乗る16歳の少年と知り合ったものの、消え失せるように罵られるなど、度重なる嫌がらせを受け、ついに自殺してしまった。しかしながら、後にJoshの正体が、実は近所に住む少女の旧友の母親であることが判明し、物議を醸したようだ。

少女が自殺に至る経緯が明らかになってきた一方、現在、米国内にはインターネット上の嫌がらせなどを明確に取り締まる法律が存在しない。そのため、Drew氏のケースは、不正アクセス関連の罪状などでしか処罰できずに終わったとされている。この事件の発生を受けて、Sanchez氏は「ネットいじめに従事する者を取り締まれる明確な法律が必要である。現在の法では、子どもたちをオンラインで十分に保護することができないが、この状況は変えられねばならない」とのコメントを発表していた。

新たにSanchez氏およびHulshof氏が共同で提唱する同法案では「電子的な手段を用いて、他人に何かを強要する、恐喝する、嫌がらせをする、深刻な感情的ストレスを与えるなどの行為が、悪質かつ敵対的に繰り返しなされるならば、2年以下の懲役または罰金を科す」ことを求めており、ネットいじめの抑制につながることが期待されている。

なお、同法案の提唱にあたり、ミズーリ州での事件が発端とはなったものの、規制強化が必要とされる数々の客観的な証拠も列挙された。たとえば、2~17歳の子どものうち、家庭にインターネット利用環境が整っている割合は約8割。SNSを利用したり、自作コンテンツをオンラインで公開したりしている若者ほど、ネットいじめの被害に遭っているとのデータが紹介されている。また、米国内の精神科医を対象に実施されたある全国調査では、過去5年以内にインターネット利用に絡む問題を抱えた患者を診察したことがある医師は6割に上り、その患者の過半数が18歳以下であったとの事実も明らかにされている。
[PR]
by miya-neta | 2008-06-10 09:49 | 国 際
毎日jp(毎日新聞)


 【マニラ矢野純一】フィリピンのマニラ空港でセブ島知事の長女で弁護士(26)の尻をたたいたとして、東京都の日本人男性(65)が入国管理法違反(好ましからざる行為)容疑で当局に身柄を拘束されている。

 フィリピンでは女性上院議員が「我が国の女性蔑視(べっし)だ」と発言し、主要紙も「非常識だ」と批判するなど問題化。一方、収容施設で毎日新聞の取材に応じた男性は「マナー違反を注意しようとしただけ」と話している。

 同国当局によると男性は8日午前、セブからマニラ空港に到着し手荷物を取る際、近くにいた弁護士の尻をたたいた疑い。弁護士が騒ぎ、男性は入管職員に拘束された。弁護士はこの後、主要紙に「男性は(たたいた直後)私に、女性の尻をたたくのは日本男性の習慣だ、と弁明した。侮辱だ」と主張。女性議員も「フィリピン女性に敬意を持つべきだ」と厳罰を求めた。

 一方、男性によると弁護士は混雑の中、自分のカートを手荷物受取場所に横付けし、他の乗客を邪魔したという。男性は「非常識だったかもしれないが、注意しただけだ」と話している。

毎日新聞 2008年4月24日 東京朝刊
[PR]
by miya-neta | 2008-04-24 09:12 | 国 際
国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


 【ソウル=浅野好春】看板女性アナは高級乗用車を所有――16日付韓国日報紙などは、北朝鮮の国営朝鮮中央テレビのアナウンサー、李(リ)チュンヒさん(65)が国家から「現代的な住宅」や高級車を提供されていると北朝鮮誌に取り上げられた、と報じた。李さんは、夜のニュース番組で核問題や南北関係、米朝協議といった重要事案に関して政府声明などが出る際に登場し、「攻撃的で雄弁調の報道」ぶりから、韓国でも有名な人物。北朝鮮で女性アナの意外な「特権階級ぶり」が明らかになるのは珍しい。

 同紙によると、李さんは、北朝鮮の月刊画報「朝鮮」4月号の特集記事「TV放送人、李チュンヒ」の中で紹介された。1943年に南東部の江原道通川郡の海辺で生まれ、現在、「首都平壌の美しい所にある彼女の家庭には夫と2人の息子、嫁、孫娘が暮らしている」という。平壌演劇映画大俳優科を卒業、国立の演劇団で俳優生活をした後、71年2月から今日まで放送人として働いている。

 71年5月、金日成主席から「よく働きなさい」と直接激励されたことに感激。発声を鍛えようと大変な努力を重ね、その結果、「迫力があり、アピール性の強い肉声」を手に入れ、「声明や談話を発表する時には、敵が肝を冷やすように、しっかりと攻撃する万能の声を持つ、優れた放送人に成長した」とされる。

(2008年4月16日22時29分 読売新聞)
[PR]
by miya-neta | 2008-04-16 22:29 | 国 際
Chosun Online | 朝鮮日報


記事入力 : 2008/04/16 10:23:56

b0067585_11543076.jpg朝鮮中央テレビ看板アナウンサーのリ・チュンヒ氏

 北朝鮮でニュースを伝える女性アナウンサーは、特別の待遇を受けていることが15日までに明らかになった。北朝鮮の月刊画報『朝鮮』4月号では、朝鮮中央テレビ看板アナウンサーのリ・チュンヒ(65)氏を紹介し、「首都平壌の美しい場所にある彼女の自宅には、夫と二人の息子、そして嫁や孫娘が暮らしている。現代風の自宅も高級乗用車もすべて国から贈られた」と紹介した。

 リ氏は2006年10月9日に北朝鮮が核実験を行った際、ベージュのスーツ姿で声明を読み上げるなど、北朝鮮の対外声明報道を担当していることから、韓国でもその顔が広く知られている。また「朝鮮人民軍最高司令官・金正日(キム・ジョンイル)同志におかれましては」で始まる金総書記についての報道もリ氏の役割で、朝鮮中央テレビ夜8時のニュースを担当している。

 リ氏は1943年に江原道通川で生まれ、平壌演劇映画大学俳優科を卒業した後、71年2月から37年間、マイクを握り続けている。北朝鮮のアナウンサーとしては最高の栄誉となる「人民放送員」「努力英雄」という二つの称号を受けている。画報はリ氏について、「迫力があり、訴えに力のある鉄のような声」「声明や談話を発表する際には、敵の肝を冷やすような攻撃的な話術の才能を持っている」などと紹介した。

 北朝鮮の女性アナウンサーは、平壌のチャングァンウォン美容室を優先的に利用できる特権が与えられており、そのヘアスタイルは北朝鮮で流行の先駆けとなっている。被服研究所で制作された服も優先的に着ることができる。北朝鮮のアナウンサーは平壌演劇映画大学や金日成大学語文学部、全国話術コンクール入賞者の中から選ばれるという。放送の内容によって抑揚や言葉遣いを自由自在に操ることができ、米国や韓国についての報道を行うときには強い語調で、金総書記の動静を知らせるときには荘厳で丁重な語調へと直ちに変えることができる。


安勇炫(アン・ヨンヒョン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
※参照サイト 
「アジア放送研究会」

「北朝鮮アナウンサーの話術の秘密を『放送員話術』から分析する」

 
[PR]
by miya-neta | 2008-04-16 10:23 | 国 際
国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


b0067585_224518100.jpg反政府行為禁止通知(男性の背後)が張り出されたダライ・ラマ14世の生家正門(中国青海省平安県で)=加藤隆則撮影

 【西寧(中国青海省)=加藤隆則】中国チベット自治区ラサで大規模暴動が発生してから14日で1か月を迎える。

 同自治区に隣接する青海省にあるチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(72)の生家は、当局の厳しい警備下に置かれ、外部との接触が制限され、現住する親類らは事実上の軟禁状態に置かれていた。

 「ずっと山の奥だよ。先で聞けばすぐわかる」。10日、省都西寧市から延びる高速道路を下り、生家の所在を尋ねると、チベット族の住民らは驚いた様子もなく、教えてくれた。インターから約40キロ、高度3000メートル級の山々を越えて平安県の生家に到着したのは午後5時過ぎだった。

 正面の門扉は固く閉ざされたまま。両側には、同省司法当局による4月2日付の通知が張り出されていた。通知は中国とチベット語の2通。中国語では、政府への破壊行為やダライ・ラマの肖像や写真の制作、配布を禁じ、情報提供者には報酬が出ることなどが書かれてあった。

 裏手に回り、戸をたたくと男性が現れた。「あなた方はどこから?」。記者の身分を名乗ると当惑した表情に一変し、「今は対応ができない。すぐに帰ってほしい」と敷地内に姿を消した。その後、付近の住民が「日中は警官が何人もいて生家への道を封鎖している。さっき帰ったばかりだ」とこっそり打ち明けた。

 ダライ・ラマは出生後の数年間、この家で過ごした後、ラサに転居。1959年のチベット動乱でインドに亡命した。今回の暴動で、中国政府はダライ・ラマを「首謀者」と非難しているが、今もダライ・ラマは周辺に住むチベット族の信仰の中心だ。

 ラサの暴動に先立つ2月21日には、同県から南へ約150キロの黄南チベット族自治州同仁県で僧と警官の衝突事件が発生している。12日、発生現場を訪れると、若い僧が「軍隊が毎日部屋の捜索にやってくる。ダライ・ラマの写真を持っていれば、すぐに連行される」と恐怖におびえていた。

(2008年4月13日03時07分 読売新聞)
[PR]
by miya-neta | 2008-04-13 22:43 | 国 際
社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


 長野市などには、北京五輪の聖火リレーの中止を求める電話が殺到している。

 市のリレー実行委員会には、ヨーロッパでのリレー妨害が報じられてから1日100件以上かかっている。長野市役所にも8日以降59件あり、リレーに「賛成」は3件のみ。「中国のチベット弾圧に手を貸すのか」などの意見が多い。出発地点の善光寺には1日100件ほどの電話があり、「由緒ある寺の名が悪用される」などと心配する声が寄せられている。

(2008年4月11日20時28分 読売新聞)
[PR]
by miya-neta | 2008-04-11 20:28 | 国 際
CNN.co.jp:


2008.04.11 Web posted at: 12:00 JST Updated - AP

北京(AP) 中国政府は10日までに、外国人観光客のチベット自治区への立ち入りを禁止する措置を、今後も継続するとの方針を示した。政府は先週、立ち入り規制を5月1日に解除すると発表していたが、急きょ方針を変更したとみられる。

現地の旅行業者によると、政府機関のチベット観光局から今週、外国人の旅行手配を中止するよう、緊急の通達があった。同局は理由として、北京五輪聖火を5月に世界最高峰エベレストの山頂へ運ぶ計画や、自治区ラサの治安への懸念を挙げたという。同局の職員も電話取材に対し、匿名でこの決定を確認した。

昨年は5月だけで3000‐4000人の外国人観光客の旅行を手配したというラサ市内の業者は、「われわれの商売だけでなく、中国全体の観光市場が大きな打撃を受けることになる」と、不満を隠せない表情だ。

中国は今春、聖火リレーやチベット騒乱を背景に、チベット側からのエベレスト登山許可証の発行を中止。その後ネパール側にも同様の措置を要請したため、エベレストへの登山は6月まで不可能となっている。
[PR]
by miya-neta | 2008-04-11 12:00 | 国 際
asahi.com:政治


2008年04月11日11時20分

 英ロンドンなどで北京五輪の聖火リレー走者に並走した青色ジャージー姿の中国の警備員が、26日の長野市内のリレーでも来日すると伝えられていることについて、泉国家公安委員長は11日の閣議後の会見で、「どういう身分かよくわからない」としたうえで、「トーチの円滑なリレーをするための警備は、長野県警を中心とする我々の役目だ。ほかの国でも走られたから日本でも、という考え方は私自身としては歓迎しない」と話した。中国外務省はこれらの警備員について「(中国の)警察学院の学生ボランティア」としている。
[PR]
by miya-neta | 2008-04-11 11:20 | 国 際
CNN.co.jp


2008.04.10 Web posted at: 20:13 JST Updated - CNN/AP

北京――中国訪問中のオーストラリアのラッド首相は10日、北京五輪の国際聖火リレーで中国が走行中の妨害工作を阻止するため派遣している警備員の伴走をキャンベラでは認めないとの考えを示した。温家宝首相との会談後の会見で表明した。

豪州の首都キャンベラでは4月24日に聖火リレーがあるが、首相は「彼らはリレーの間、バスで移動しなければならない」と述べた。リレーのための安全対策はすべて豪州治安当局が講じると強調した。

ただ、聖火を次走者に手渡す時など特別な場合には中国警備員がバスから降りることを認めることもあると指摘した。

国際聖火リレーではロンドン、パリでチベット自治区での暴動、武力鎮圧や人権侵害などを背景にした妨害行動が起きているが、中国警備員の横暴な行動への批判も出ている。中国の国営メディアによると、これら警備員は人民武装警察部隊から選ばれているという。
[PR]
by miya-neta | 2008-04-10 20:13 | 国 際
CNN.co.jp


2008.03.31 Web posted at: 16:45 JST Updated - AP

バチカン(AP) バチカンの日刊紙オッセルバトーレ・ロマーノは3月30日、イスラム教徒の数が史上初めて、ローマ・カトリック信者を抜いて、世界最大の宗教になったと報じた。

バチカンの年鑑編集者によると、2006年の統計で、世界人口に占める割合はイスラム教徒が19.2%となり、カトリック教徒の17.4%を上回った。ただしキリスト教全体を合わせると、依然世界人口の33%を占めている。

その背景として、イスラム教徒の家庭は子供が多いのに対し、キリスト教徒の家庭は子供が減少傾向にあると編集者は指摘している。
[PR]
by miya-neta | 2008-03-31 16:45 | 国 際