「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

カテゴリ:書 籍( 5 )

asahi.com: 書評-BOOK


掲載]2006年07月23日
[評者]香山リカ(精神科医、帝塚山学院大学教授)

■科学の目で楽しく眺める“あの世”
 「心霊」や「死後の世界」が大流行(はや)りだ。もちろん昔から、幽霊話や肝だめしが好きな人はたくさんいるが、昨今のスピリチュアルブームはもっとマジでホット。私のような一般精神科医のところにまで、「前世や守護霊を知りたい」という人がやって来る。「精神医学は一応、科学なんで」と言うと、「科学で証明されていないことはウソ、って言いたいんですか」と反論される。今や科学は心貧しき近代合理主義の象徴であり、「目に見えない豊かな世界」に比べてずっと分が悪いのだ。

 本書の著者であるジャーナリストのメアリー・ローチは、頭の固い科学万能主義者ではないが、できればスピリチュアルな現象も科学で解明してもらってから信じたい、と思っている。そして行動力あふれる彼女は、輪廻(りんね)転生や臨死体験を研究する学者のもとを訪れたり霊媒学校に体験入学したりしてみる。十九世紀半ばに公開交霊術で荒稼ぎしていた三姉妹がいた、などスピリチュアリズムの歴史や基本的知識も満載だ。

 そうやってアメリカからインドへ、イギリスへと出かけているうちに、著者は気づく。研究者といっても、その多くは中立的というよりかなり心霊現象に入れ込んでいる。自らを「疑い深い性格」と言う著者は、彼らの熱意に敬意を表しながらも「これだけのめり込んでいれば、たとえ否定材料が出てきても見えないのでは」と思ってしまう。そう、信じている人は科学的証明を待つまでもなく最初から信じているし、「インチキじゃないの」と思っている人は近づきもしない、というところに心霊研究や超心理学の不毛さの原因がある。

 さて、さまざまな体験を通して著者は結局、「スピリチュアルの証拠」をつかめたのだろうか。その答えを明かすかわりに、あとがきから一部を紹介しよう。「たぶん、私は死後の生を信じるべきだろう。だって信じたほうが楽しいし、希望が持てるから」。つまり、本書は「楽しいスピリチュアリズムのススメ」なのだ。くれぐれも、「科学は悪だ」「私を救うのは霊魂だけ」とマジになりすぎないように。

    ◇

 Mary Roach アメリカの科学ジャーナリスト。
[PR]
by miya-neta | 2006-07-23 07:07 | 書 籍
MSN-Mainichi INTERACTIVE プロ野球


 巨人・渡辺恒雄球団会長(79)が11日、阪神側と会談した村上世彰氏を「偽善者でインチキ野郎だ!」と真っ向から切り捨て、対決姿勢をあらためて鮮明にした。

 この日、都内ホテルで会食を終えた渡辺会長は、村上氏の球団持ち株会社設立案について聞かれると「野球協約をよく読んでみれば所有者について規定してある」と諭すような口調で説明。「株主の名義いかんにかかわらず、実際的な保有権者が問題。持ち株会社でごまかそうとしても実際的な所有権が移動されれば(オーナー会議で)承認できない」とまくしたてた。

 野球協約の第31条では球団保有者の変更について規定。球団の「実際上の保有者」を変更する場合は、前年の11月30日までに実行委員会およびオーナー会議の承認が必要としている。渡辺会長が「承認できない」と強調したように、仮に村上ファンド側が持ち株会社案を実現しようとしても、野球協約上は不可能という解釈もできる。

 また、村上氏が「ファンの声を聞くべき」と話したことに関しては「ファンが全部、株主になるわけはないよ。偽善的なことを言っちゃいかん」と一蹴した。

 一方で村上氏も、この日の会見で「(野球界が)エンターテインメント、まともな産業としてなってほしい。監督の人事が、人事異動の一環だと言われるのはおかしい。ファンが怒りますよ」などと、渡辺会長の手法を痛烈に批判。両者の溝が埋まる気配は全くない。

スポーツニッポン 2005年10月12日
[PR]
by miya-neta | 2005-10-12 09:58 | 書 籍
Sankei Web 文化・芸能(10/05 08:52)


 ドイツを代表する作家、故ミヒャエル・エンデのファンタジー小説「はてしない物語」の“続編”が出版された。「ファンタージエン 秘密の図書館」(ソフトバンク・クリエイティブ)で、著者はエンデに師事した作家ラルフ・イーザウさん(48)。

 エンデを敬愛する6人の著名なドイツ人作家が、想像することの大切さを訴える本編の世界観を共有し、全6作の物語に仕立てたシリーズ本の第1弾。イーザウさんは「新しいものを受け止める好奇心と勇気を持って、想像の国への扉を開けてほしい」と話している。

 本編は想像力を奪う「虚無」との戦いがテーマで、映画「ネバーエンディングストーリー」の原作にもなった。古本屋で「はてしない物語」を手にした少年バスチアンが、自分も物語の中に入り込んでいく冒険小説だ。

 今作はバスチアンに本を渡し、ファンタージエン国を救うきっかけをつくった古本屋のカールが主人公。本編の序章に相当する部分で、カールが「はてしない物語」を手に入れるまでを描く。

 「人間から想像力を吸い取り、破壊するものに危機感を感じる」と「現代の虚無」について語るイーザウさん。「経済効率だけで世界をとらえようとする考え方や、同一の価値観を強要し多様性を封じるグローバリゼーションにも虚無は潜んでいるのではないか」と指摘している。(共同)

(10/05 08:52)
[PR]
by miya-neta | 2005-10-05 08:52 | 書 籍
MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題


 大手レコード会社、エイベックスは11日、インターネット経由の音楽配信事業に今夏から本格参入する方針を明らかにした。同社は音楽配信会社との部分的な提携にとどめていた従来路線から積極路線に転換し、複数の音楽配信会社に対し、浜崎あゆみさんら自社の人気アーティストの音楽を供給する。日本の音楽配信事業は昨年から始まっているものの、先行する欧米と比べて市場規模は小さいまま。エイベックスの本格参入で、市場が活性化しそうだ。

 エイベックスは複数の音楽配信会社と提携交渉し、自社ブランドを高めるなど条件面で合意できれば、初夏からサービスを開始する。音楽配信は無断複製を防ぐため、各社各様の圧縮技術(エンコード)を採用しているが、エイベックスはそれぞれの圧縮技術に対応した音源を提供する。同社は「音楽配信は既存のCD販売と市場を食い合わない」と説明、相乗効果による市場拡大を見込んでいる。

 日本の音楽配信事業は、ソニーなど主要レコード会社の出資する「レーベルゲート」を筆頭に、マイクロソフトやヤフーなどが参入している。欧米で圧倒的なシェアを誇るアップルコンピュータも日本市場へ参入する見通しで、競争激化が予想されている。【後藤逸郎】

毎日新聞 2005年4月11日 20時25分
[PR]
by miya-neta | 2005-04-11 22:47 | 書 籍
MSN-Mainichi INTERACTIVE 女性


 ◇米国のベストセラー、老夫婦の無条件の愛がテーマ--同名映画も公開中

 米国で450万部も売れた「きみに読む物語」が日本でもヒットしている。80歳の夫がアルツハイマーになった妻に自らの日記を読んで聞かせる物語で、同名の映画も公開中。従来の恋愛小説と異なり、中高年男性にも受けているというが、なぜなのか。【五十嵐英美】

 「これほどまで人を愛せるのか、と深く感銘を受けた」「私たち夫婦もいつまでも恋愛感情を失いたくない」--。出版元のアーティストハウスに寄せられた読者カードの4割近くは男性読者からで、40代以上が多い。「恋愛小説にしては特異な現象。自分を重ね合わせる方が多いですね」と、同書籍編集部の川上純子さんは話す。

 主人公のノアは80歳。連れ添って49年の妻アリーはアルツハイマーを病んでいる。2人は大恋愛の末に結ばれた。ノアが17歳の夏、米南部の小さな町で出会い、身分違いの恋に落ちた。別れ、そして再会……。ノートにつづった2人の軌跡を、ノアはアリーに読んで聞かせる。「ほんとうのお話?」。アリーは尋ねる。記憶の復活を信じ、ノアは思い出を繰り返し読み続ける。

 なにしろ、米国で96年に出版されて450万部を売ったベストセラー。日本では97年に別の出版社から翻訳本が出たが、版権は消滅。映画の日本公開に合わせて、昨年暮れに再出版された。発売1カ月で15万部を記録し、紀伊国屋書店の和書週間ベストセラー(全国57店舗)では現在5位に入っている。

 実はこの小説、著者であるニコラス・スパークス氏(39)の妻の祖父母がモデル。60年以上連れ添った老夫婦がいたわり合う姿に感銘を受け、着想を得たという。同氏は「一番伝えたかったのは絶対的な愛。深く誰かを愛したら喜びも悲しみもすべてを分かち合う、そんな無条件の愛をテーマにした物語です」と語っている。

 訳者の雨沢泰(あめざわやすし)さんは主人公のノアの魅力を解説する。「淡々として、揺るぎない価値観を持つ。従来ならヒーローになり得ない人物だろうが、妻への純粋な思いが読者を引きつける」。貧しい家に生まれたノアに、決して特別な才能があったわけではない。ただ自らを信じ、ひたむきに生きた。「シンプルなストーリーながら構成は巧み。実話とフィクション的なものを混ぜ合わせるのがうまく、恋愛のエッセンスだけを取り出してみせる。(主人公たちの)裸の心がぶつかり合っていて、読者は正直な心を見直そうというメッセージを感じ取るのでしょう」

 ◆セカチューに通じる

 スパークス氏は米ネブラスカ州生まれ。「きみに……」は30歳で出した第1作だ。大学を出てセールスマンやウエーターなどの職業を転々としながら小説家を目指し、この作品が出版社に100万ドルで売れた。当時の年収は4万ドルというから小説さながらのサクセスストーリー。妻に新しい結婚指輪を買い、「これから違った人生が始まるかもしれないが、もう一度私と結婚して」と、ひざまずいたという。実物もなかなかのイケメンで、大衆誌で「最もセクシーな作家」に選ばれている。

 米国ではもともと「ハーレクイン」など女性向けのロマンス小説が人気だが、作者も女性がほとんど。男性作家による恋愛小説と言えば、90年代初めにヒットした「マディソン郡の橋」(ロバート・ジェームズ・ウォラー著)が記憶に新しい。スパークス氏はその後のデビューだが、コンスタントに佳作を発表し、恋愛小説の新しい読者を掘り起こしているのだという。

 そういえば、昨年ブームを呼んだ「世界の中心で、愛をさけぶ」(片山恭一著)も、「いま、会いにゆきます」(市川拓司著)も男性。男の側から恋愛を描いた。「世界……」は初恋の彼女が白血病で亡くなり、「いま……」は6歳の長男を残して妻が病死する。「テーマの共通点は、愛する者を失う喪失感でしょう。それだけその人にほれ込んでいる。『きみに読む物語』が中高年男性に読まれるのは、私たち夫婦はどうだろうと、自己確認をしているのではないでしょうか」と雨沢さん。

 ◆永遠に1人を愛す

 映画のストーリーも小説とほぼ同じ。老夫婦の切ない姿にとにかく泣ける。ケミストリーが主題歌を歌う、原作本とのタイアップ広告を打つなど、邦画のPR手法をまねて幅広い層にアピールした。宣伝担当者は「セカチューを見た若い人も、冬ソナファンの中高年も取り込みたかった。純愛ブームの流れに乗せることができたのではないか」と話す。

 やはり世の中、純愛ブームなのだろうか。中高年関連市場のコンサルティング会社「シニアコミュニケーション」が1月、配偶者のいる50歳以上の男女506人に純愛ブームについて聞いたところ、男性で79%、女性で85・7%が「好ましい」「まあまあ好ましい」と回答。「恋心を持ち続けることは精神衛生上必要」(65歳男性)、「恋は健康のもと。恋ができなければせめてドラマ」(57歳女性)などの声も聞かれた。

 面白いのは男性の方が現実の恋愛に積極的なことだ。「配偶者や特定のパートナー以外の異性に心ときめくことがある」と答えた男性は約71%で、女性の2倍以上。「いつまでも異性から注目されたい」「ドキドキする気持ちをもう一度味わいたい」も女性を上回り、「配偶者やパートナーに今でも恋心を抱いている」は、女性の約21%に対して約37%だった。「恋とか愛はもう卒業した」というのは女性が16・2%で、男性は8・6%。女性は冷めているし期待もしていないようだ。同社では「女性は客観的で、ヨン様ブームのようにドラマを見て楽しむ人が多い。男性の場合、主役はあくまで自分。恋愛を自分のこととして積極的に考えている」と分析している。

 男性の方がロマンチストだとはよく言われる。「きみに……」のヒットは、ずっと妻を、1人の女性を愛してみたい、そんな女性と巡り合えたら幸せ……という男たちの願いを反映しているのかも。日本の純愛ブームを支えるのは意外や意外、中高年男性なのかもしれない。

毎日新聞 2005年3月2日 東京夕刊
[PR]
by miya-neta | 2005-03-05 22:37 | 書 籍