「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

<   2004年 11月 ( 158 )   > この月の画像一覧

asahi.com : 教育・入試 : 子育てニュース


 児童虐待を未然に防ぐため、東京都は来年度から、育児をめぐって精神的に不安定な状態になった親たちについて産婦人科など医療機関から情報提供を受け、重点的に支援する方針を固めた。親のプライバシーにも配慮しつつ、保健師らが早めに親を支えることで虐待を防ぐのが狙い。厚生労働省によると、都道府県レベルでの医療機関との包括的な連携は「聞いたことがない」という。

 都の計画によると、情報提供を呼びかけるのは都内全域の産婦人科や小児科、歯科など親子が受診する医療機関。

 産後の育児不安、育児ノイローゼなどがみられる親について、区市町村に報告するよう要請する。虫歯が不自然に多いなど、養育環境の悪さが疑われる例も報告対象にする予定だ。報告を受けた区市町村は保健師や助産師らを派遣、悩みを聞いたり相談にのったりして、継続的な支援に努めるという。

 都は来春以降、医療機関に報告を依頼する症状の目安や事例などに関する統一基準をつくり、東京都医師会などの協力で各医療機関に周知する。派遣・相談活動は早ければ来秋から実施したいとしている。

 親の情報はプライバシーにかかわるため、来年4月施行の改正児童福祉法による守秘義務規定を適用する。保健師らによる当初の訪問は、母子保健法が定めている新生児の訪問指導規定などを根拠にする。ただ、親が支援を望まない場合の対応などは課題として、なお残るという。

 医療機関と連携した育児支援活動は一部の区市町村で行われているが、虐待発覚後に情報が寄せられる例も多く、都はより早い対応策を検討していた。都の担当者は「虐待が起きてからでは遅い。事前に手を打ち、親を継続的に支えることで効果をあげられるのではないか」と話す。

 厚労省も今年度から、市町村が育児支援が必要な家庭を把握し、保健師らを派遣する事業を始めている。しかし、支援の要否の判断基準があいまいで市町村側に戸惑いもあり、実施は一部にとどまっている。同省の担当者は「東京都の包括的な計画は先駆的で、全国のモデルになる可能性がある」としている。

(2004/11/30)
[PR]
by miya-neta | 2004-11-30 19:36 | 女 性
asahi.com : 教育・入試 : 子育てニュース


 出産しても女性は勤めをやめるべきではないと考える人が男女とも5割を超えることが、少子化に関する朝日新聞社の全国世論調査(面接)で分かった。いったん退職した場合でも、再び勤めた方がいいと思う人が4割近くおり、女性に働き続けるよう求める意見は多数を占めた。ただ、夫が育児で仕事を休むべきだという人は2割台にとどまり、男性が育児休暇をとるのは困難との見方も8割を超える。女性に仕事と子育ての両立を迫る構図がくっきりだ。

 調査は10月31日、11月1日の両日、全国の有権者を対象に実施した。

 「女性もどんどん外で働くべきだと思うか」と質問したところ、「思う」77%が「そうは思わない」16%を大きく上回った。女性の社会進出を歓迎する向きは強い。

 出産と仕事との関係では、「産休や育児休暇をとって、勤めはやめない」が52%で最多。「いったん退職し、機会をみて勤めに出る」が37%で続く。男女の見方にほとんど差はない。「退職し、もう勤めには出ない」は7%。女性は育児に専念すべきだとの見方は少数派だ。

 しかし、「育児を分担するために、夫はしばらく仕事を休むべきだと思うか」と聞くと、「休むべきだ」は24%で「そうは思わない」の68%に及ばない。「休むべきだ」19%、「そうは思わない」74%だった91年と同傾向だ。育児における男女の役割意識は大きくは変わっていないようだ。

 「男性が育児休業制度で休みをとるのは難しいと思うか」では、「難しい」が男女とも8割を超えた。理由を聞くと、「職場に迷惑をかける」33%、「育児は女性という価値観が根強い」23%が上位を占める。男性で「迷惑」、女性で「価値観」が多い。男性中心の社会の姿が透けてみえる。

      ◇

 (1)女性も外で働くべきか…
 A.そう思う      77
 B.そうは思わない 16

 (2)育児のために夫は仕事を…

          (1)のA   (1)のB

 休むべきだ    27      13
 そうは思わない  66      84

 (数字は%。「その他・答えない」は省略)


(2004/11/21)
[PR]
by miya-neta | 2004-11-30 19:35 | 女 性
NIKKEI NET:企業 ニュース


 山九と日本郵政公社は国際物流提携の第1弾として、香港発日本向けの船便を使った小口配送サービスを12月2日に始める。香港での集荷・発送や日本での通関を山九が担当、公社が「ゆうパック」で全国に配送する。今後は東南アジアの主要都市から日本向けの配送サービスも開始。企業間の部品配送や通信販売会社の製品配送を手掛ける方針だ。

 新たに始める「サンキュウ・ビジネスゆうパック」は日本向けの機械部品や電機部品の配送のほか、通販商品の日本向け配送などを見込んでおり、香港での集荷から日本での配達までの期間は10日程度。航空便を使って翌日配達する欧州DHLなどのサービスには大きく劣るが、料金は重量20キロで7000円と半額以下にした。

 山九と公社が共用するバーコードを荷札に添付し、出荷から日本での配達までホームページ上で追跡できるようにした。今後は航空便を使った小口配送サービスも始めるほか、シンガポール、バンコク(タイ)、クアラルンプール(マレーシア)発の実現も目指す。

(2004/11/30 07:00)
[PR]
by miya-neta | 2004-11-30 13:15 | 経 済
NIKKEI NET:社会 ニュース


 中山成彬文部科学相は30日の閣議後記者会見で、歴史教科書を巡る自身の発言について「文科相という立場になった以上は、かつての個人的な考え方についての発言は控えるべきであったかなと考えている。今後は控えるようにしたい」と述べ、不適切な発言だったとの認識を示した。

 中山文科相は発言について「大臣になる前に、歴史教育にかかる議員連盟の座長という個人的な立場から考えていたことを述べたもの」としたうえで「教科書の検定を実施するにあたっては、学習指導要領や検定基準に基づき適切に実施することが重要であると考えている」と述べた。

 中山文科相は11月27日のタウンミーティングで、「歴史教科書に最近、従軍慰安婦や強制連行という言葉が減って良かった」などと発言した。

(2004/11/30 13:00)
[PR]
by miya-neta | 2004-11-30 13:12 | 政 治
チカン被害3人に2人…都調査で判明 : ミックスニュース : 大手小町 : YOMIURI ON-LINE(読売新聞)


 2、30歳代の女性のうち、電車内で痴漢に遭った経験のある人は約64%に上ることが22日、東京都のアンケートで分かった。被害時の対応は「しばらく我慢し、逃げた」ケースが最も多く、対策として男女の区分乗車を求める声が多数を占めた。不特定多数の女性を対象にした痴漢被害の実態調査は極めて珍しく、都は「多くの被害者が泣き寝入りしている現状が明らかになった」とし、来春、鉄道会社と共同で痴漢対策の統一キャンペーンに乗り出す方針を決めた。

 アンケート結果は、この日、鉄道各社や都、警察の関係者でつくる「駅構内・電車内における反社会的行為の防止に関する協議会」の席上で示された。協議会は今年7月に発足。まずは被害者の声を聞こうと、11月初旬、JR新橋、新宿駅などで2、30代の女性632人に聞き取りを行った。

 このうち駅構内か電車内で痴漢に遭った経験があると答えた403人(回答者の63・8%)の中で、最近1年以内に被害に遭った人は154人に上った。被害回数は3―5回が172人で最も多く、6―10回も80人、11回以上も49人いた。

 痴漢に遭った際の行動(複数回答)では、「しばらく我慢し、隙(すき)を見て犯人から逃げた」が208件で、「痴漢行為をやめさせるための行動をした」の160件を上回った。一方で「周囲の乗客が助けてくれた」ケースは16件にとどまり、「何もできず我慢した」も88件あった。また、「痴漢行為をやめさせるための行動」の内訳は、「カバンなどで防御」60件、「口頭で抗議」と「犯人をつねる、たたくなど反撃」が各55件だった。痴漢被害を防止するためのアイデアや要望を聞いたところ、男女の区分乗車が241件とトップだった。

(2004.11.23)
[PR]
by miya-neta | 2004-11-30 13:09 | 女 性
カリフォルニアでフォアグラ禁止法 : ワイン ニュース : ワイン&グルメ : YOMIURI ON-LINE (読売新聞)


 米カリフォルニア州でフォアグラを楽しむのが難しくなりそうだ。アーノルド・シュワルツェネッガー知事は、ガチョウやカモに強制的にエサを食べさせて肝臓を肥大させる現在のフォアグラ製法を禁止する法に署名した。

 これによって、州内でのフォアグラ製造やレストラン、小売店がフォアグラを販売することはできなくなる。ただし、この法は2012年まで7年間の猶予期間を設けており、この間に自然な方法で肝臓を肥大させる人道的な製法が開発されれば、そのフォアグラの製造や販売は可能となる。今回のフォアグラ禁止法は動物愛護団体の後押しを受けて成立した。

(2004年11月30日 読売新聞 無断転載禁止)
[PR]
by miya-neta | 2004-11-30 13:06 | 社 会
YOMIURI ON-LINE / サイエンス


 【ワシントン=笹沢教一】うそをついている時の方が、本当のことを話している時より多くの脳の領域を使用していることが、米テンプル大医学部などの研究でわかった。

 うそをついている時に活性化している中には、行動の動機付けや感情に伴う行動を支配している重要領域が含まれ、うそをつくという人間の特徴的な行動の謎を解く重要な成果として注目されている。29日にシカゴで開かれた北米放射線学会で発表された。

 研究チームは、模造銃を撃たせた上で「撃っていない」とうそをつくようあらかじめ指示された6人の被験者と、ありのままを話すよう指示された3人の脳を機能的MRI(磁気共鳴画像)で断層撮影。

 その結果、うそをついている時には、脳の前頭葉の内側にある内側前頭回など情動に関係する領域が活性していることを確認。本当のことを話している人は、前頭葉や側頭葉、前頭回とは別の内側領域が活性化していた。

 活性化している領域の数は、うそをついている時で7領域、本当のことを話している時で4領域だった。

 米国では、テロリスト対策で、訓練次第で結果を欺くことができる旧来のうそ発見器(ポリグラフ)に取って代わる新しいうそ発見技術の開発に力が注がれている。

(2004/11/30/12:51 読売新聞 無断転載禁止)
[PR]
by miya-neta | 2004-11-30 13:03 | 科学/技術
橋本元首相、午後に政倫審で弁明へ 1億円献金隠し事件 - asahi.com : 政治


 衆院政治倫理審査会(小里貞利会長)が30日午後開かれ、橋本元首相は日本歯科医師連盟(日歯連)から自民党旧橋本派への1億円献金隠し事件について弁明する。橋本氏は日歯連側との会食の記録が残っていることや、他の関係者の証言などから、1億円の小切手を受け取ったことそのものは「客観的な事実」として認める方向だ。ただ、具体的な会談内容については、これまで通り「記憶にない」との説明を繰り返し、政治資金収支報告書に記載しなかったことへの関与も全面的に否定する見通しだ。

 審査会は冒頭、橋本氏が15分間弁明を行った後、自民、公明の与党が30分、民主が35分、質疑を行う。02年7月以降に開かれた3回の審査はテレビ中継か報道陣の傍聴が許可されたが、今回は非公開で、審査会委員以外の衆院議員25人のみ傍聴が認められた。野党は疑惑の解明が進まなかった場合、来年1月召集予定の通常国会で改めて橋本氏の証人喚問を要求する方針だ。

 東京地検特捜部は旧橋本派の会長代理だった元官房長官の村岡兼造被告の指示で1億円を政治資金収支報告書に記載しなかったとして、同派の当時会計責任者だった滝川俊行被告を政治資金規正法違反(不記載)の罪で起訴。村岡元長官も同じ罪で在宅起訴された。橋本氏については「関与は認められなかった」として嫌疑不十分で不起訴処分にした。

(2004/11/30 11:07)
[PR]
by miya-neta | 2004-11-30 13:01 | 政 治
食料自給率、なぜか16%アップ 食べ残し除いて再計算 - asahi.com : 経済


 農水省は29日、食べ残しや廃棄した食料を除き、消費者が実際に食べた食料の自給率は56%に達するという試算をまとめた。現在40%の食料自給率を、10年度までに45%へ引き上げるという政府目標を、すでに達成していることになる。

 食料自給率は、供給される熱量に占める国産食料による熱量の比率。輸入品を含め国内に供給されたすべての食料によって得られた熱量の総量を、人口と年間日数で割って供給熱量を計算する。これに対し、新たな試算は実際に食べた摂取ベースの熱量で計算している。厚生労働省による国民栄養調査の結果を基に、消費者が実際に口にした食料の熱量を計算した。

 計算式の分子に当たる国産食料で得られた熱量はこれまでと同じ数値を使っているため「厳密性に欠ける面がある」(農水省)ものの、自給率を引き上げるために農業予算をさらに増額すべきだという農業団体や農林族議員らの主張には影響を及ぼしそうだ。

(2004/11/30 08:33)
[PR]
by miya-neta | 2004-11-30 12:59 | 社 会
asahi.com : 文化芸能 : ロイター芸能ニュース


 [ロサンゼルス 28日 ロイター] 米ピープル誌(電子版)によると、女優のジュリア・ロバーツ(37)が28日、ロサンジェルスの病院で双子を出産した。

 同誌によると、ロバーツは現地時間午前3時頃、男の子と女の子の双子を出産し、男の子はフィニアス・ウォルター、女の子はヘイゼル・パトリシアと名づけられたという。

 ロバーツの広報担当者のコメントは得られなかった。

 ロバーツは、カメラマンの夫、ダニエル・モダー氏(35)と2002年に結婚。

 10月末に早期の陣痛の兆候があり、出産するまで入院するよう診断された。

(2004/11/29 16:01)
[PR]
by miya-neta | 2004-11-30 12:56 | 芸 能