「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

<   2005年 04月 ( 209 )   > この月の画像一覧

In Japan Crash, Time Obsession May Be Culprit

b0067585_2362794.jpg

Rescue workers continued to try to free passengers who have been trapped inside the train's twisted cars since the accident on Monday morning.


By NORIMITSU ONISHI

Published: April 27, 2005

MAGASAKI, Japan, April 26 - Anywhere else in the world, a train running 90 seconds late would perhaps be considered on time. But in Japan, 90 seconds would foil commuters who depend on trains' connecting to one another with balletic precision, often with only a couple of minutes to spare.

And so to make up for a lost 90 seconds, a 23-year-old train driver, it became increasingly clear on Tuesday, was speeding when his train jumped off the tracks on Monday morning at a curve here in western Japan and hurtled into a nine-story apartment building.

In this rusting industrial town just outside Osaka, rescue workers continued to try to free other passengers trapped inside the twisted and crumpled cars.

Across the country, the accident has already caused much soul-searching over Japan's attention - some would say obsession - with punctuality and efficiency. To many, the driver's single-minded focus on making up the 90 seconds seemed to reveal the weak points of a society where the trains really do run on time, but where people have lost sight of the bigger picture.

"Japanese believe that if they board a train, they'll arrive on time," said Yasuyuki Sawada, a 49-year-old railway worker, who had come to look at the crash site. "There is no flexibility in our society; people are not flexible, either."

Mr. Sawada was one of many people who came to stand and watch behind the yellow police line here, and who saw deeper problems hidden in the accident.

"If you go abroad, you find that trains don't necessarily arrive on time," Mr. Sawada said. "This disaster was produced by Japanese civilization and Japanese people."

[The death toll in the accident, the deadliest in Japan in four decades, rose Wednesday to 91, Japanese news media reported.]

The Japanese search for rail perfection is relentless, from the humble commuter train to the country's most famous tracks. In 2004, on the 40th anniversary of the bullet train, there was much hand-wringing over the fact that a year earlier the trains on that line had registered on average a delay - of six seconds.

In Tokyo, the Yamanote line, which loops around the city core, has been making that trip ever more quickly thanks to better trains, down to 62 minutes in 1988 from 70 minutes in 1964 and 75 minutes in 1946, and, train officials project, under 60 minutes by the end of next year.

Train companies are secretive about delays. But any regular rider notices that they tend to be caused not by engineering mishaps but by events beyond human control, like typhoons and people jumping in front of trains. So confident is Japan in its trains' safety that there are no restrictions on how close residential buildings can be erected next to tracks: it is not rare to see them only three feet apart.

Keeping to increasingly packed and tight schedules has become all-important, not only for trains, but also for airlines. Japan Airlines said this month that a recent series of mishaps had been caused by its excessive focus on keeping to schedule.

The pressure to stay on schedule is so great, conductors apologize profusely even over a one-minute delay. In the United States and Europe, "late" often means a delay of six minutes or more.

"No question about it - there is no other rail system more punctual than Japan's," said Shigeru Haga, a professor of transportation and industrial psychology at Rikkyo University in Tokyo. "It's No. 1 in the world for its punctuality and safety.

"I personally think Japanese should relax more and think that two- to three-minute delays are no trouble. But you see people rushing up and down the station stairs to catch a train even if there's another one coming in two minutes."

This month, the West Japan Railway Company, the operator of the train involved in the crash, for the first time issued a statement to its employees saying that delays would betray customers' confidence.

It was perhaps with this statement in mind that the driver, Ryujiro Takami, directed a train heading into Osaka on Monday morning. Mr. Takami, whose body has yet to be recovered, had only 11 months of experience, and had been reprimanded once for overshooting a platform by 328 feet.

--- --- --- --- ---

(Page 2 of 2)



On Monday morning, at Itami station outside Osaka, Mr. Takami overshot the platform again, forcing him to back up and lose 90 seconds. Apparently aware that he would be reprimanded again, he persuaded the conductor at the back of the train to report that he had overrun the platform by 26 feet. On Tuesday, officials said that the length was actually 131 feet, the equivalent of two cars.

The authorities, investigating possible negligence, raided West Japan Railway offices in the Amagasaki area on Tuesday for documents relating to the crash. They also recovered the train's data recorder. It is believed that the train approached the curve at more than 62 miles an hour, well over the limit of 44 m.p.h.

The train, carrying about 580 passengers, began running abnormally fast after leaving Itami station, passengers reported. The train was scheduled to arrive at Amagasaki station at 9:20 a.m., in time for many passengers to connect to another train leaving at 9:23.

The driver had made up 30 seconds, so the train was running only 60 seconds late when it derailed at a curve here and slammed into the building a dozen or so feet away.

"The Japanese people are responsible for this accident, too," said Toshinami Habe, 67, a chief of sales at a company here in Amagasaki. "This is a society of free competition; there's no flexibility. That's why with even a one-and-a-half-minute delay, he had to try to make up the time."

Standing behind the yellow police line, Mr. Habe said that he had been thinking about the accident all night long and that he had found it hard to sleep. He criticized the lack of regulations that allows residential buildings to stand so near the tracks.

"I knew this would happen one day," he said. "Although it's said that Japan is No. 1 in punctuality, the most important thing is safety."

Dozens Dead in Sri Lanka Crash

COLOMBO, Sri Lanka, Wednesday, April 27 (AP) - A passenger train collided Wednesday with a bus in northwestern Sri Lanka, and a police spokesman said he had received reports of at least 50 people dead.

The bus apparently ignored warning signals and tried to cross the tracks near the town of Alawwa when it was hit by the train, the spokesman, Rienzie Perera, said.

In addition to those believed dead, at least 30 others suffered serious injuries, he said.

The train had been traveling from Colombo to the temple city of Kandy.
[PR]
by miya-neta | 2005-04-30 23:07 | 社 会
クリスチャン・トゥデイ
2005-04-29 12:00


「ゆとりのない国民性が原因」

 尼崎市のJR脱線事故で、27日付のニューヨーク・タイムズ紙は「時間への強迫観念が原因」と題した記事を掲載、時刻表厳守の責任に対する強迫観念が事故の背景にあったと評した上で、正確性と効率性を過度に重視する日本社会に警鐘を鳴らす意見を紹介している。

 記事は冒頭で「世界の国で90秒の遅れは時間通りとみなされるが、日本では数分間隔でバレエのような正確さで運行される電車に頼る通勤客にとって迷惑となる」と紹介し、定刻に固執する日本社会の特異性を指摘した。

 電車が脱線した際、運転士がこの90秒の遅延を取り戻すためスピードを上げていた可能性があるとし、「運転手の時刻表への執着が招いた結果は、電車の運行は正確だが、日本国民が物事に対する、より大きな視点を忘れていることを示唆した」としている。

 また「日本人はもう少しリラックスし、2、3分の遅れは問題ではないと思うようになったほうがいい」との交通問題専門家の話や「事故には日本人全体に責任がある。日本社会には余裕がなく、それが運転士が九十秒の遅れを埋め合わせようとした原因だ」との地元住民の意見を紹介している。

リンク -NewYorkTimes-
"In Japan Crash, Time Obsession May Be Culprit"

高柳泉 takayanagi@chtoday.co.jp
[PR]
by miya-neta | 2005-04-30 23:02 | 社 会
YOMIURI ON-LINE / 国際


 【ソウル=豊浦潤一】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の外務省報道官は30日、ブッシュ米大統領が28日の記者会見で金正日総書記を「危険人物」と評したことに対し、「ブッシュは人間のクズ」と述べた談話を発表した。

 談話は、「我が最高首脳部を中傷する者は容赦しない」とした上で、「ブッシュは、一国の大統領はおろか、正常な人間の体面も整えていないならず者」「テキサスの牧場の牧童にすぎないブッシュの口から理性的な言葉が出ることを期待するわけではないが、その無知は度を越している」などとブッシュ大統領をこき下ろした。その上で、「ブッシュの執権期間に核問題の解決も、米朝関係のいかなる進展も期待しない」と表明した。

 北朝鮮は2004年8月にも、ブッシュ大統領が金総書記を「暴君」と評したことに対して、「ブッシュこそヒトラーをしのぐ暴君中の暴君だ」と反発していた。

(2005/4/30/21:30 読売新聞 無断転載禁止)
[PR]
by miya-neta | 2005-04-30 22:22 | 国 際
NIKKEI NET:政治 ニュース


 インド訪問中の小泉純一郎首相は29日、デリー市内の私立中学校「R・K・プラム校」を視察し、日本語の授業を参観した。

 民族衣装で着飾った生徒たちから「おはようございます」と日本語であいさつされた後、「幸せなら手をたたこう」の合唱を披露された首相は「日本でもこんなに素晴らしい歓迎を受けることはない」。英語で「ウエルダン(よくやった)」と大喜びだった。

(ニューデリー=藤田哲哉) (2005/04/30 20:01)
[PR]
by miya-neta | 2005-04-30 20:48 | 政 治
MSN-Mainichi INTERACTIVE 政治


 【ニューデリー 坂口佳代】小泉純一郎首相が29日の日印首脳会談で、インドとの戦略的な関係強化に取り組む姿勢を打ち出したのは、10億以上の人口を持つ大国インドと経済面で連携を強めるとともに、手詰まり状態にあるアジア外交の再構築を図る狙いがあるためだ。日印関係が新たな段階に入ったことを国際社会に印象付け、インドに急接近する中国をけん制する意味合いもある。共同声明に盛り込まれた行動計画がどこまで実行されるかが成否のカギになりそうだ。

 会談で、シン首相は「日本の貿易投資は低水準にとどまっている。高い水準に引き上げることに、首相の支持があればありがたい」と要請。小泉首相は「日印関係はインドの潜在力に見合うレベルに発展していない。訪問を契機に顕在化させたい」と応じた。

 インドは91年の経済自由化以降、平均6%の経済成長を続け、国内総生産(GDP)はアジアでは、日本、中国、韓国に次いで4位となった。高い経済成長を背景に、購買力を持つ約2.5億人の中間層が出現し、主要国との経済関係を急速に深めつつある。

 日本との関係では、日印貿易額は02年の約40億ドルから約60億ドルに増加し、進出企業も01年の約220社から約300社に増えている。しかし、中印貿易額は約100億ドルと約2倍に達している。

 会談で小泉首相は中国についてあえて言及し、「日中関係も大変重要だ。今日ほど経済関係が拡大している時はなかった」と述べた。

毎日新聞 2005年4月29日 23時50分
[PR]
by miya-neta | 2005-04-30 20:41 | 政 治
MSN-Mainichi INTERACTIVE 事件


 兵庫県警灘署は30日、神戸市灘区の阪急電鉄線路に石を置いたとして、同市灘区天城通2、会社員、大森浩平(26)▽同区中原通1、同、能勢真次(26)の両容疑者を往来危険容疑で逮捕した。

 調べでは、2人は27日午前1時半ごろ、灘区中原通3、阪急神戸線王子公園駅東側約500メートルの上り線レール上に5センチ大の石1個を置いた疑い。

 線路脇に住む男性が、「石を置いて転覆したら70人ぐらい死ぬかな」などと男2人が線路内で大声で話すのを聞き110番通報。駆け付けた警察官が石を見つけた。2人は近くの踏切から侵入したらしい。通報した男性は、2人が近くのコンビニエンスストアに入るのを確認しており、防犯ビデオに2人が写っていた。灘署員がコンビニで張り込みを続け、30日未明、店に入ってきた2人を見つけた。

 調べに、2人は「酒に酔っていて、線路内に入ったことしか覚えていない」という意味の供述をしているという。【大川泰弘】

毎日新聞 2005年4月30日 19時38分
[PR]
by miya-neta | 2005-04-30 20:14 | 社 会
CNN.co.jp : 北朝鮮、6月にも核実験の可能性と、米国が情報入手 - USA


2005.04.30
Web posted at: 18:37 JST- CNN/AP

ウィーン――朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核開発問題で、米国が同盟国などに対し、北朝鮮が今年6月にも地下核実験を実行する可能性がある、との情報を伝えていることが30日分かった。AP通信が、複数の外交筋の情報として伝えた。

偵察衛星が収集した画像の分析などによる結論としている。

北朝鮮の核実験報道では、共同通信が30日、米国が国際原子力機関(IAEA)や日本などの関係国政府に、早ければ6月にも実験を強行する可能性があるとの情報を非公式に伝達した、と報道している。

米国は中国に対し、準備中止を説得するよう働き掛けているが、現時点で中国政府の動きは鈍く、いら立ちを強めているとも伝えた。

北朝鮮は今年2月、核保有を公式宣言。北朝鮮核に関する6者協議の第4回開催についても、米国の敵視政策など理由に、難色を示している。核実験の実施を、米国への外交的な切り札として考えている可能性がある。

北朝鮮が実験を行った場合、国際社会は新たな対応を迫られるのは確実だ。
[PR]
by miya-neta | 2005-04-30 18:37 | 国 際
MSN-Mainichi INTERACTIVE 事件


b0067585_17404147.jpg 駐車場から引っぱり出された先頭車両(左側を下に横倒しになっている)=兵庫県尼崎市で29日午後7時3分、小関勉写す

b0067585_1741133.jpg 列車が激突して破損した電架柱=25日午後5時撮影、国交省航空・鉄道事故調査委員会提供


 JR福知山線の脱線事故で、激突したマンションの手前約60メートルにある左側電柱の高さ約2.5メートル付近に列車が衝突した跡が残っていたことが分かった。29日、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会が発表した。脱線した列車は右カーブで右車輪が浮き、45度前後左側に傾いて電柱に衝突、車両はさらに傾き、横倒し状態でマンションに突っ込んだとみられる。車両の分析で非常ブレーキが作動していたことも判明した。

 事故調によると、電柱の位置は、事故後停車した列車7両目中央部の左脇にあり、電車に電力を供給する架線を支えている。鉄筋コンクリート製で、高さ約2・5メートル付近のコンクリートが砕け散り、鉄筋だけが残っていた。根元もひびが入り、鉄筋がむき出しになっていた。

 電柱は、枕木の左端から約2メートル、左レールからは約2・4メートル離れていた。列車の高さは3・7メートルで、左車輪がレール上にあった場合、45度前後傾いて走行していたことになる。

 この電柱の手前約30メートルにある電柱に傷はなく、マンションまでの間に別の電柱はなかった。

 これまで7両目周辺では、破損した電柱の手前に左側枕木やレール締結具に車輪が脱線した時に出来た傷が見つかっている。ところが、6~7両目下の枕木やレール上に明確な脱線痕は見つかっていないことから、制限速度を約30キロ上回る100キロ前後でカーブに進入した列車は電柱付近で既に右車輪が大きく浮き上がっていたと見られる。また、バラスト(敷石)上に明らかな脱線痕は見つかっていないが、救助活動などで消えた可能性があるという。

 電柱そばにはパンタグラフが落ちていた。

 事故調は29日、マンションから引き出された先頭車両の調査も開始した。先頭部の下部に装着され、障害物などをはねとばす「排障板」(スカート)の左側部分がなくなっており、横倒しになった際に損傷した可能性もあるという。

 また事故調は運転席から運転状態を記録したモニター制御装置を回収。ブレーキやATS(自動列車停止装置)の作動状況などのデータが残っていた。これまで見つかっている5、7両目のモニター制御装置の記録と合わせて解析を進め、脱線原因の解明を急ぐ。

 非常ブレーキについては、▽どの時点で作動したのか▽乗務員が作動させたのか、自動的に作動したのか▽非常ブレーキと脱線との関連--などを詳しく調べる。

 30日以降、5~6両目車両下のレールの状態や先頭部の車輪や車体の損傷状態、付着物などを分析する。

 会見した事故調の佐藤泰生・鉄道部会長は「右側の車輪に力がかからない状態になり、車体が浮いて、事故に至ったということが分かってきた。脱線の痕跡はまだ出てくる可能性があり、それらを踏まえ原因究明していく」と述べた。【武田良敬、田中謙吉】

毎日新聞 2005年4月29日 21時13分
[PR]
by miya-neta | 2005-04-30 17:41 | 社 会

スポニチ Sponichi Annex ニュース 野球 2005/04/29


b0067585_10251420.jpg 11連敗中の楽天・田尾安志監督(51)は28日、三木谷浩史オーナー(40)に反論した。同オーナーは27日にコーチ陣の配置転換を示唆したが、田尾監督は不快感を示し、首脳陣の見直しを拒否。同監督は29日からの西武3連戦後にも何らかの結論が出るとの見通しを示した。開幕から27試合で両者の対立が浮き彫りになり、一気に田尾監督の去就問題にまで発展する可能性さえ出てきた。

 三木谷オーナーのコーチ陣の配置転換を示唆する発言に黙っていることはできなかった。フルスタ宮城での練習後、田尾監督はベンチに腰を下ろすなり、オーナーに反論を開始した。

 「監督としては“この時期に”というのはある。僕は選手、解説者を含めて30年間は野球界を見てきている。この1カ月で三木谷さんが言われるのは残念だなと思う」

 三木谷オーナーは27日に都内で「基本的には1年間、様子を見てみようと思ったけれど、時間のない中でのチームづくりだったので、ある程度の組閣の見直しはあるかもしれない」と発言。本社サイドでは開幕から30試合を区切りとし、すでに水面下ではコーチ陣のテコ入れを検討している。

 しかし、田尾監督にとっては全く寝耳に水だった。17日には若手起用を訴えたオーナーと対立したばかり。翌日、三木谷オーナーが電話を入れ、ひとまずは“和解”したが、その後は「話してない。本格的にそういうことを言われてから対応する」と連絡を取らない状態が続いていた。

 チームは現在、11連敗中で5勝22敗の最下位。勝率は2割を切る・185と低迷しているのは事実。だが、田尾監督は昨年11月の監督就任時からフロントに対してFA選手の獲得や、大物外国人の補強を要請してきた。しかし、球団側は経費削減のために補強費を極力抑え、選手の総年俸の上限を22億円に設定。実際は約19億円に抑え込んだ。他球団を戦力外となった選手と5000万円前後の助っ人では「誰がやっても苦労するのは目に見えていた部分もある」と田尾監督。十分な戦力を与えられない中、敗戦の責任がコーチ陣に向けられたことで、不満が一気に爆発したようだ。

 チームを強くしたいという純粋な思いから出たオーナーへの反論。「コーチ陣を含めていろいろあるけど、野球人としてのプライドがある。僕としての確信を持ってやっているプライドを認めてもらえるかどうか。西武戦が終わった時点でそれなりの結論が出るので、僕から皆さんにお話しすることも出てくるかもしれない」と田尾監督。球団側が駒田打撃コーチの2軍降格を検討しているとの情報もある中で「僕がやっている間はこの(コーチ陣の)メンバーを外すことはない」と断固拒否の姿勢を示しているだけに、今後は田尾監督の去就も含めて予断を許さない状況となってきた。

 ≪丸刈り三木谷オーナー 球団首脳に任せる考え示す≫楽天の三木谷オーナーはJ1の神戸―鹿島戦(神戸ユ)を観戦。田尾監督の発言について「問題があれば修正していく。誰が悪いという問題ではなく、コミュニケーションを取ってやっていく」と冷静に話した。

 前日はコーチ陣の見直しを示唆したが「慎重に決めるべきことは決める。基本的には現場で」と現場に理解を示す発言も。ただ、田尾監督との直接会談に関しては「僕は直接話はしない。現場で決めるべき人が決めればいい」と球団首脳に任せる考えを示した。

 この日は昼に都内で散髪を行い、大学時代以来18年ぶりという丸刈りで登場。「(理由は)全部です。ちょっと、むしゃくしゃしたもんで」と苦笑い。神戸では監督を解任したばかりだが「野球とは意味合いが違う。苦戦するのは分かっていた。一義的な責任は首脳陣にあって、最終的には僕にある」と話した。

 ≪3連戦で岩隈、一場が“競演”≫29日からの西武3連戦(フルスタ宮城)で岩隈、一場が先発する。同一カードで両投手が“競演”するのは初めて。30日に登板する岩隈は負ければ自身初の4連敗とあって練習後は「100球くらい投げました」と言葉少なでピリピリムードを漂わせた。31日に先発する一場は休養。小野投手コーチは「エースがダメなら若いヤツが頑張ればいい。一発を食わないよう考えて投げてほしい」と初勝利を期待していた。

[ 2005年04月29日付 紙面記事 ]
[PR]
by miya-neta | 2005-04-30 10:25 | スポーツ
清原に“珍指令”?視聴率アップに氏家会長が本音ポロリ
 SANSPO.COM 2005/04/26

〔写真:福岡・博多に上陸した番長。きょうこそ決めると気合十分だが、関係者からは『もう少し引っ張って』のホンネも!?=撮影・江角和宏〕 b0067585_10215119.jpg 日本テレビの氏家斉一郎会長(78)は25日、定例会見で、あと1本に迫っている巨人の清原和博内野手(37)の通算500本塁打に関して「東京ドームで出れば…」と本音を漏らした。24日の中日-巨人戦(TBS系)は視聴率が今季2番目の15.2%を記録。4月の巨人戦月間視聴率が過去最低と低迷するだけに、もう少し“清原景気”を有効活用したいところ。次の東京ドームでの試合は5月3日の横浜戦。そこまで引っ張れれば、視聴率的にも万々歳!?



 打ってほしい! でも本当はやっぱり打たないで!! 嗚呼(ああ)もどかしい胸のうち…。

 「東京ドームで打ってくれるのが一番なんだけどなぁ。しばらく(試合が)ないから打っちゃうだろうな…」

 その言葉こそほかでもない、日本テレビの定例記者会見に姿を見せた氏家会長=顔写真=が、思わず漏らしたホンネだった。

 通算500本塁打に王手をかけた20日の阪神戦から4試合足踏みが続いている清原。26日のヤクルト戦にもそろそろ一本出そうな雰囲気だが、アレ? 次の東京ドームって5月3日? 何日引っ張るつもりやねん?

 実はこの日、前日24日の中日-巨人戦(TBS)の視聴率が開幕3戦目、4月3日の広島戦の16.8%に次ぐ15.2%を記録したことが判明した。

■巨人・日程と中継キー局■
月・日 相手 球場 中継キー局
4・26 ヤクルト ヤフードーム 日本テレビ
4・27 〃 〃 〃
4・29 広島 広島 TBSテレビ
4・30 〃 〃 テレビ朝日
5・ 1 〃 〃 日本テレビ
5・ 3 横浜 東京ドーム 〃

 「いい数字です。接戦の試合展開がよかったのでしょうが、清原選手の打席に注目していた方もいらしたのでは」と笑いが止まらないのはTBS宣伝部。「あと1本」への期待に加え「下半身論争」でが然、注目を集める清原人気、番長景気が反映された形だ。

 一方、巨人戦中継が生命線の日本テレビはといえば、4月の月間視聴率が過去最低の12.9%と低迷。今月7日の横浜戦では開幕直後では史上最低の8.8%を記録した。今月最高の視聴率は、清原が2発ブチ込んで500号に王手をかけた20日の阪神戦(14.2%)。すがるのはやっぱり番長をおいてほかにない。

 今日こそ、そして明日こその『じらし効果』で目指せさらなる視聴率アップ? いやいや番長の一発がなくてはチームも勝てぬ…。決める気満々の清原本人をよそに、視聴率男の周辺は「打つべきか、打たざるべきか」とハムレットの心境だ。

(佐藤 春佳)
--- --- --- --- ---

■番町ウオッチ
 名古屋から次なる遠征地・福岡への移動日。番長は午前中に白い長袖Tシャツとスウェットパンツ姿で名古屋市内のホテルから外出。周囲を威圧する凄みには、宿舎にわずかにいたファンもたじろぐほどだった。
 午後1時に再びホテルに戻ると急いで身支度。わずか20分足らずで黒いスーツに白シャツ、ノータイ姿でフロントに姿を見せ、チームより一足早く精算を済ませて無言のままタクシーに乗り込んだ。チーム本隊は午後2時過ぎの新幹線で博多入りしたが、清原は完全別行動で午後8時過ぎにJR博多駅に登場。心身ともにリフレッシュし、さあ500号に向けて仕切り直しだ。

--- --- --- --- ---

■データBOX
 史上8人目の通算500号本塁打にあと1本に迫っている巨人・清原。26日からヤフードームでヤクルト2連戦を戦う。同球場(平成5年から昨年までは福岡ドーム)では通算12本塁打。西武時代は52試合、191打数で8本塁打を放っており、6.50試合、23.88打数に1本の割合。巨人では19試合、58打数で4本で、4.75試合、14.50打数に1本の割合だから、巨人に移籍後のほうが効率はよい。
 ただし、ヤクルト戦通算25本は、セ・リーグのカード別では最も少ない(セ最多は広島戦の42本、パではダイエー戦の74本)。この球場で最後に本塁打を放ったのは平成15年5月21日、二回にホッジス(現楽天)から。

--- --- --- --- ---

★平均視聴率は昨年下回る12.9%

 巨人戦の4月第3週までの平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は12.9%で、昨年同時期の15.1%を下回った。氏家会長は「凡戦が多かった」と分析するとともに、8勝13敗で最下位に沈む不振が影響との見方。一方の清武球団代表は「勝ちゲームに持っていくような試合をすることが視聴率を上げる秘訣。堀内監督もこのまま終わるはずがないと言っていた」。実際、巨人が勝つか、接戦だった試合の視聴率は比較的高く、勝利が何よりの特効薬と言えそう。

★渡辺前オーナー「もういかんな」

 渡辺前オーナーが悲観的な観測を口にした。首位・中日と5.5ゲーム差の最下位となった巨人について「5.5か。もういかんな。そりゃあ、まだ分からんけど、5.5ってのは…」。守護神候補だったミセリの退団などフロントの“失態”に「球団全体が反省しないと」と怒りの矛先を向けていた。

★上原は今季初完投に意欲

 27日のヤクルト戦の先発が有力な上原が、空路移動の主力組よりひと足早く、名古屋から福岡入り。軽めのランニングやブルペンでの投げ込みで汗を流した。両足に不安を抱え、これまでの4試合は途中降板だが、「完投? そうですね。中継ぎの連投が続いているので」と意欲十分。阿波野コーチも「そういう(完投させる)時期にきているかも」と期待した。

★山本ヘッドが打順の変更示唆

 4連敗中のチームは得点力も低空飛行。山本ヘッドコーチは「打線のチームなんだから、攻撃力を何とかしないと。控え選手を起用するとか、そろそろ何かをしないといけない」とオーダーの変更を示唆した。打率.154のキャプラーや出塁率.265の1番・仁志らにメスが入りそうだ。

★自由枠ルーキー・野間口が今週中に一軍合流

 G投再建の切り札として自由枠ルーキー・野間口(シダックス)が今週中に一軍合流することが内定した。「近くそれなりの舞台を用意したい」は阿波野投手コーチで、30日か5月1日の広島戦での先発が有力。野間口はこの日脱線事故が起きた兵庫・尼崎市の出身。JR福知山線は父・幸徳さんの通勤路でもあり、事故にこそ巻き込まれなかったものの「ニュースで見てビックリしました」と声を落としていた。

★新事務所での業務開始

 巨人の球団事務所が東京・神田錦町から大手町に移転し、新事務所での業務を開始した。
[PR]
by miya-neta | 2005-04-30 10:22 | スポーツ