「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

<   2005年 05月 ( 100 )   > この月の画像一覧

asahi.com:04年の出生率1.29に 少子化傾向続く-暮らし


アサヒコム 2005年05月31日 22時38分

 日本人女性1人が産む子どもの平均数を示す04年の「合計特殊出生率」は1.29で、過去最低を記録した前年並みの水準だったことがわかった。近く厚生労働省が確定値を発表する。経済の縮小や、年金など社会保障制度の財政悪化にもつながる少子化の傾向は続いており、政府はさらなる対策を迫られることになりそうだ。

 04年の出生率は1.28台の後半。03年は1.2905だったため、小数点第3位まで含めると過去最低で、低下傾向に歯止めはかかっていない。

 出生率は75年に1.91を記録して以降、長期的に人口を維持できる2.07を常に下回っている。04年生まれの赤ちゃんは約111万人と過去最少だったこともあり、出生率の集計結果が注目されていた。

 日本の人口は06年をピークに、07年から減少に転じると予想される。国立社会保障・人口問題研究所が02年1月に公表した推計人口によると、合計特殊出生率は中位推計の場合、04年が1.32で、07年に1.30程度で底を打つとされていた。低位推計だと04年は1.25でその後も1.10まで下がり続ける。今回の1.29はその間の値だ。

 昨年成立した年金改革関連法は、夫婦2人のモデル世帯での給付水準(受け取り開始時点)で「現役世代の手取り年収の50%」を維持するとした。それも出生率が07年を境に持ち直し、50年にかけて1.39に回復するという中位推計が前提だが、現実はこの想定を下回っている。少子化の進行によっては、改革法に盛られた給付の抑制策をより長期間続けるなどの対応が必要になる。

 出生率の低下は、未婚化・晩婚化が進み、もともと数が少ない現在の20代が子どもを産まなくなっているのが大きな要因。71~74年生まれの団塊ジュニアが30代前半の出産適齢期にある今後5年間は、「出生率回復にとって重要な時期」(内閣府の少子化社会白書)と位置づけられている。

 政府は95年度から本格的な少子化対策に着手。だが、出生率は下げ止まらず、昨年末にとりまとめた「子ども・子育て応援プラン」では、施策の範囲を拡大し、若者の雇用安定化についても数値目標を掲げた。今年4月には「次世代育成支援対策推進法」も全面施行され、企業や自治体に残業削減などの行動計画の策定が義務づけられた。
[PR]
by miya-neta | 2005-05-31 22:38 | 社 会
MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題


 叔父と事実上結婚していた茨城県の女性(65)が、近親婚を理由に遺族厚生年金を不支給とされたのは違法として、社会保険庁に不支給処分の取り消しを求めた訴訟で、東京高裁は31日、年金の受給権を認めた1審・東京地裁判決(04年6月)を取り消し、女性に逆転敗訴の判決を言い渡した。横山匡輝裁判長は「近親婚は反倫理的で公益を害するものとされており、年金給付という公的保護の対象ではない」と述べた。

 女性は1958年、祖父の勧めで叔父と事実上結婚し夫婦として暮らした。叔父は00年に死亡したが、社会保険庁は「民法で認められていない結婚」として、女性に遺族年金を支給しなかった。

 1審判決は、夫婦関係が40年以上続き、周囲に認められていたことなどを考慮し「法的な婚姻関係に等しい」と年金の受給権を認めた。しかし、横山裁判長は「近親婚は民法の婚姻法秩序に反しているうえ、ほかの事実婚と違って将来にわたって婚姻の可能性がなく、年金を受け取れる配偶者に当たらない」と判断した。【井崎憲】

毎日新聞 2005年5月31日 20時28分
[PR]
by miya-neta | 2005-05-31 20:28 | 社 会
MSN-Mainichi INTERACTIVE 女性


特集WORLD・女だけの話題:「節目」は何歳? 男より人生複雑なのよ

 ◇年齢別の“生き方本”が大盛況

 女性の年齢の「節目」が話題だ。「○歳からの」と「○歳までに」を書名にうたった女性向けの生き方本が次々出版されている。かつて女性が「クリスマスケーキ」に例えられた時代、女性に押しつけられた節目は「24歳」だった。しかし今、急浮上している「節目」は「28歳」であり、「35歳」である。女性の年齢的節目を考えた。【小国綾子】

 ■切りの悪い数字

 「21歳からのマナーBOOK」「25歳からの“自分だけのHAPPY”をつかむ本」「28歳からのぜったい後悔しない生き方」「30歳までに美貌(びぼう)とお金と幸せを手に入れる仕事術」「33歳からのハローワーク」「35歳からの女道」「35歳からの玉の輿(こし)道」「女40歳からの『気品ある人生作法』」「王子さまを40歳まで待ってみた」……。

 ネット書店アマゾンで検索すると、年齢を書名にうたった「女性向け」の生き方本がいかに多いかよく分かる。過去2年間に出版された本だけでもここに書ききれない。おまけに21歳、28歳、33歳など中途半端な数字が目立つのも最近の傾向だ。

 一方、20代、30代を対象にした男性向けの生き方本は、ほとんどすべてが仕事絡み。「25歳までに覚える ダメ社員にならないための仕事の法則」「30歳からのリーダー術」「男、30歳 土俵際から始める組織で勝ち残る技術」「35歳革命」「40歳からの仕事術」など、切りの良い数字に「節目」が集中する。

 ■「28歳」

 女性の節目年齢に根拠はあるのか。中途半端な数字なのに、妙に目立つのが「28歳」である。厚生労働省の人口動態統計によると03年の女性の平均初婚年齢は27・6歳。派遣会社パソナのグループ会社パソナキャレントの調べでは、女性の転職希望のピークは28歳。また、化粧品会社のカネボウが02~04年、「お肌の曲がり角はいつか」について意識調査したところ、平均年齢は27・5歳だった。

 04年4月の出版以来すでに5万5000部売れたという「女が28歳までに考えておきたいこと」(三笠書房)の著者で心理学者の伊東明さんは「日本女性の平均結婚年齢がほぼ28歳。さらに人生相談や恋愛相談を受けた時、最も悩んで見えるのも28歳です。自分の人生に不満があるわけではないが、30歳の壁を前に『このままでいいのかしら』と揺れる年齢なのでしょう。30歳になると意外と壁を乗り越えた気楽さがあるのですが」と話す。また、28歳という年齢の大切さについて、「その後も年を重ねるほどに輝く人になれるか、そうでなくなっていくかの岐路に当たる」とも語る。

 ■30代前半

 20代で人生を決められてたまるか、という人のために最近充実してきたのが30代の節目を扱った生き方本。中でも「35歳からの女道」(ソニーマガジンズ)は04年6月の発売以来2万5000部売れた。本の帯文がまたすごい。「嗚呼(ああ)、オンナ30代、ガケっぷちの幸せ分かれ道」。担当編集者の武居瞳子(たけいとうこ)さんは「35歳」に着目した理由について、「40歳という年齢が具体的に見えてくるターニングポイントが35歳」と語る。

 テレビの世界でも、30代前半の「節目」に注目が集まる。独身女性の心の揺れを描いた民放のテレビドラマ「anego(あねご)」(日本テレビ系)のヒロインは32歳。「曲がり角の彼女」(フジテレビ系)は33歳。ともに30代前半の団塊ジュニア世代である。

 ■みんなの節目

 記者(39)も片っ端から友人や知人に「節目年齢」を聞いてみた。

 多かったのはなぜか「32歳」。

 「若い子と話が通じなくなり、カラオケで新しい歌が分からなくなった。20代後半で出産した後も努力でカバーしてきたけど、32歳で無駄な努力とあきらめた」(38歳)

 「体が変わったのが32歳。下腹や背中など思いもしなかったところにぜい肉が付き、落ちない。徹夜はできなくなるし。30歳の時はまだ20代の勢いで突っ走れたんだけどな。本当の30代は32歳で始まった」(36歳)

 そういえば女の「厄年」は数えで33歳。つまりこれも32歳。

 「35歳」も目立った。

 「35歳を過ぎてそろそろオトナにならなきゃ、って感じることが増えた。遅すぎかしら?」(41歳)

 「35歳で地域の乳がん検診の案内はがきを見てどっと老け込んだ」(40歳)などだ。

 次に多かったのが「40歳」。

 「30代で節目を感じるなんて早い。9年ぶりに出産し、すべて一から出直し状態の40歳。気力を充実させなきゃいけないのはこれから」と言うのは40歳で2人目の子供を産んだばかりの女性。別の女性も「28歳とか38歳とか半端な数に心が揺れるのは、バーゲンセールの1980円や980円の数字のトリックみたいなもの。40歳になると体力的に衰える一方で精神的には充実して『本当の転機』を感じるのよ」(48歳)、「30歳になっても感慨はなかったが、40歳では感慨があった。でも『とうとう大台に乗っちゃった』という感慨を人前で口に出せなくなる節目も40歳」(40歳)などと言う。

 一方、出産や転職などのプライベートな体験を「転機」に挙げた人も多かった。「節目なんて一度も感じたことがない」と言う人も33人中10人の約3分の1に上った。

 ■男の節目

 一方、周囲の男性に「節目はいつ」と聞いてみたら「30歳ですかねえ」「40歳かなあ」と、誰も半端な数字を挙げない。そもそも「節目年齢」に無頓着にも見える。

 心理学者の伊東さんは「人が年齢の節目を意識するのは人生に迷った時。女性の場合、人生の選択肢は増えたが古い価値観もまだ残っているので、『30歳までに結婚したい』『35歳までに出産したい』などと、古い価値観と実際の自分の年齢との狭間(はざま)で常に迷う人が多い。一方、男性の場合は出産という年齢的なリミットがないうえ、『働いて家族を食わせる』以外のライフコースがまだ多様化していないから『いかに生きよう』と立ち止まる余裕すらない人が多いのでは」と分析する。

 なるほど。男も女も人生いろいろ。あなたの「節目年齢」は何歳ですか?<イラスト・平山義孝>

毎日新聞 2005年5月31日 東京夕刊
[PR]
by miya-neta | 2005-05-31 16:00 | 女 性
Sankei Web 産経夕刊 街頭募金、数千万円が使途不明 “NPO”主宰者逮捕へ 大阪府警(05/31 15:00)


虚偽広告でアルバイト募集


 NPO(民間非営利団体)を名乗って大阪市内の繁華街でアルバイトを雇って街頭募金をする際、「ケーキ製造」などと虚偽の求人広告を出していたとして、大阪府警捜査二課は三十一日午前、職業安定法違反(虚偽広告)容疑で、主宰者のソフト開発業の男(34)=大阪市阿倍野区=と同団体代表を名乗る会社員の男(60)=大阪府堺市=の取り調べを始めた。容疑が固まり次第、午後にも逮捕する。少なくとも数千万円は集まったとみられる募金の大半は使途が公表されておらず、府警はこの金の流れの解明も目指す。

 府警は二人の自宅などの捜索にも着手した。

 調べでは、二人は昨年十月から十一月に発行された求人雑誌で計六回にわたって、大阪市内の喫茶店名義でアルバイトの求人広告を掲載。実際は街頭募金のスタッフとして雇うつもりだったのに、ケーキの製造や試食、清掃業務など虚偽の名目で募集した疑いが持たれている。

 当日、集合場所に来た十代後半から二十歳代前半の若者らに、「ケーキ製造などのアルバイトはすでに募集が終了した。募金活動だけが残っている」とうそをつき、募金箱やそろいのジャンパーなどを貸して、そのまま街頭募金をさせていたという。

 募金場所は大阪のキタやミナミの繁華街で、一度に数十人を雇用。「NPO緊急支援グループ」という団体名で難病の子供たちへの支援を呼びかけさせていた。終了後、集まった募金と引き換えに時給千円のアルバイト代を支給。募金は多い日で一日に百万円近くあった。この団体は都道府県からNPOとしての認証は受けていなかった。

 男はアルバイトの若者らに、街頭募金活動に必要な府警の道路使用許可証をみせて信用させ、「通行人に連絡先や名前を言わない」「自分の意思で募金活動をしていることを忘れない」「帰るときはすみやかに帰宅する」と記載した誓約書に署名させていたという。

 二人は平成十四年ごろから、こうした募金活動を展開。府警はこれまでに数千万円以上を集めたとみている。難病の子供を支援する東京都内のNPOへ実際に寄付したケースもあったが、ほとんどは使途が明確になっていないという。

 活動のほとんどを主導していた主宰者の男は、株式投資やソフトウエアの開発、昆虫育成などの事業失敗で多額の借金を抱えていたという。府警は募金の私的流用がなかったかどうかについても調べる。
[PR]
by miya-neta | 2005-05-31 15:57 | 社 会
asahi.com:日本の1~4歳児の死亡率 先進国の3割増で「最悪」-暮らし


 長寿命を誇る日本だが、1~4歳児の死亡率は先進国の平均より3割高く、実質的に「最悪」なことが厚生労働省の研究班の調査でわかった。原因ははっきりしないが、主任研究者の田中哲郎・国立保健医療科学院生涯保健部長は「小児救急体制が十分に機能していないのかもしれない。医師の教育研修なども含め、幼児を救う医療を強化する必要がある」と指摘する。

 国内総生産(GDP)上位20カ国のうち、世界保健機関(WHO)の統計資料がない中国、韓国、保健医療面で遅れるメキシコ、ブラジルなどを除いた14カ国で主に99年のデータを比べた。

 年間の死亡率を10万人当たりで見ると、日本の1~4歳児は33.0人で、ほかの13カ国平均より3割多く、米国(34.7人)の次に高い。米国は他殺(2.44人)の占める割合が大きく、この分を除くと、日本が最悪になる。最も低いスウェーデンは14.3人。

 病気別には、先天奇形や肺炎、心疾患、インフルエンザ、敗血症などが13カ国平均に比べ高い。不慮の事故は、平均とほとんど変わらなかった。

 ほかの年齢層の死亡率は、すべての層で13カ国平均より低く、全体では10万人当たり783人で、13カ国平均より15%低い。0歳児については340人で、13カ国平均の約3分の2で、スウェーデン(337人)に次いで低い。新生児医療の整備が大きいとされる。
[PR]
by miya-neta | 2005-05-31 11:41 | 社 会
MSN-Mainichi INTERACTIVE 都道府県ニュース


 ◇祇園囃子演奏や京野菜給食

 民主党の岡田克也代表や仙谷由人政調会長など同党の国会議員13人が30日入洛し、中京区の市立御所南小学校(村上美智子校長)などの教育現場を視察した。

 同小は、地域社会が学校運営に積極的に関与するコミュニティー・スクールの指定校として全国的にも知名度が高い。岡田代表らは、地域住民を講師に招き、能管の代わりにリコーダーを使って祇園囃子(ばやし)を演奏する高学年の総合学習の授業を見学したほか、京野菜を使用した給食を試食。住民や保護者との意見交換も行った。

 岡田代表は同小の取り組みについて「関係者が自信を持ってやっているのが印象的」と感想を述べた。一方、野党が欠席したまま郵政法案の審議が続いていることについては、具体的展望の明言を避けた。【八田浩輔】

毎日新聞 2005年5月31日
[PR]
by miya-neta | 2005-05-31 10:05 | 教 育
b0067585_19464221.jpg

[PR]
by miya-neta | 2005-05-31 09:46 | 国 際
asahi.com: 靖国参拝「首相は中止を」49% 本社世論調査-政治


b0067585_2314976.jpgアサヒコム 2005年05月31日 01時16分

首相の靖国参拝への見方

 靖国神社参拝問題などを巡り日中関係が悪化する中、朝日新聞社が28、29の両日実施した全国世論調査(電話)で、小泉首相の中国に対する姿勢を「評価しない」人が48%と半数近くを占め、「評価する」は35%にとどまった。首相の靖国神社参拝を「やめた方がよい」は49%とほぼ半数にのぼり、「続けた方がよい」の39%を上回った。一方、靖国参拝を問題視する中国の姿勢についても「理解できない」は51%に達し、「理解できる」は37%。日中関係について首相、中国双方に厳しい見方が示された。

 内閣支持率は45%。今年1月調査で33%と発足以来最低を記録したが、その後、回復基調を維持。今回、04年9月の第2次小泉改造内閣発足後の水準まで戻った。

 首相の中国に対する姿勢について、自民支持層では「評価する」53%、「評価しない」30%だが、首相に靖国神社参拝の自粛を求めている公明の支持層では「評価する」24%、「評価しない」58%で批判的な見方が強かった。

 首相の靖国神社参拝については、4月の日中首脳会談後の緊急調査でも「やめた方がよい」が48%で、今回とほぼ同じだった。慎重な対応を求める意見は定着しつつあるようだ。

 首相の靖国参拝を問題視する中国の姿勢については、「理解できない」が自民支持層で60%、民主支持層で53%、公明支持層で50%だったのに対し、共産、社民支持層では「理解できる」が6~7割だった。

 一方、日本の国連安保理常任理事国入り問題では、59%が「関心がある」と回答。常任理事国入りに「賛成」は56%、「反対」は17%で肯定的な見方が強い。

 首相が「構造改革の本丸」と位置づける郵政民営化については「賛成」42%、「反対」30%だった。
[PR]
by miya-neta | 2005-05-31 01:16 | 政 治
-BBCびわ湖放送-2005年05月30日の記事


文部科学省の職員が直接、教育現場を視察する「スクールミーティング」がきょう湖南市の石部中学校で行われ、文部科学省大臣政務官と地元湖南市の教育関係者との意見交換が行われました。

きょう湖南市の石部中学校を視察したのは、文部科学省の小泉顕雄大臣政務官と職員2人です。 昼食の時間帯に中学校を訪れた小泉大臣政務官らはまず、石部中学自慢の全校生徒が一度に会食できるランチルームで生徒らと共に給食を味わい、生徒らに気軽に声をかけながらクラブ部活動や塾などについて質問していました。

この後、小泉政務官は谷畑湖南市長や市内小中学校の校長、それに石部中学の教員との懇談の場をもちました。きょうの懇談では、石部中学が行っている総合学習の「人権学習」の報告が行われ、現場の教師から総合学習の成果や問題点などが挙げられていました。また、教師の数が不足していることや進路指導などで塾に頼らざるを得ない現実などの悩みが訴えられていました。
[PR]
by miya-neta | 2005-05-30 22:38 | 教 育
MSN-Mainichi INTERACTIVE 教育ニュース


 ◇周期表「欲しい」

 文部科学省が無料配布用に作った元素の周期表が人気を呼び、新たに10万枚増刷して実費販売することになった。初版10万枚は底をつき、すでに1万件以上の購入希望が寄せられている。学力低下不安の反動か、理科人気復活か。予想外の人気に関係者も驚いている。

 「一家に1枚周期表」と名付けられた周期表は、化学者の玉尾皓平・理化学研究所フロンティア研究システム長が、京都大教授だった数年前から構想を温めてきた。「自然も機械も、あらゆる物質は元素記号で書けるという事実を、家庭で話題にしてほしい」と文部科学省に働きかけ、同省が約100万円の予算で事業化した。

 カラー印刷したA2判のポスター型で、1番元素の水素から、日本人研究者が昨年見つけた113番元素までを、その元素を含む代表的な物質や製品の写真と一緒に紹介した。日本人ノーベル賞受賞者の写真を添え、日本の科学技術力もアピールしている。

 初版10万枚は約半分を全国の小中高校に送り、残りを一般向けに充てた。4月の「科学技術週間」の行事で配ったところ、人気が広がった。

 販売を代行する科学技術広報財団は「学校単位の大口注文もあるが、大半は一般家庭の注文。『孫にプレゼントしたい』という手紙には心温まります」と言う。

 玉尾さんは「学校で習ったなあという程度の元素記号が、暮らしと直結する形で、全体像を見られるのが興味を引いたのでしょう」と話す。

 6月上旬から発送を始める。価格は1枚100円(100枚以上購入なら1枚30円)。申し込み・問い合わせは同財団(ホームページhttp://www.pcost.or.jp、電話03・5501・2351)。【元村有希子】

毎日新聞 2005年5月30日 東京夕刊
[PR]
by miya-neta | 2005-05-30 16:05 | 教 育