「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

<   2006年 02月 ( 156 )   > この月の画像一覧

Sankei Web 産経夕刊 (02/28 15:00)


平成18(2006)年2月28日[火]

懲役15年判決 孤児院長ら海外斡旋

 中国の内陸部、湖南省の孤児院で、院長を含む十人が二〇〇五年一年間で七十八人の孤児を海外に斡旋(あっせん)したとして、最高で懲役十五年の判決を受けた。中国では、同年一年間だけで四百四十九件の幼児や女性の誘拐事件が摘発され、約九千人が保護されるなど、犯罪組織による人身売買が“ビジネス化”しているが、この背景には中国の厳しい産児制限を定めた「一人っ子政策」がある。

 英BBC放送などによると、湖南省衡陽県の孤児院の院長らは〇二年から孤児の売買に関係し、乳幼児を八百-千二百元(一万千二百-一万六千八百円)で引き取り、その養育費を上部機関に請求する一方で、一人当たり三千二百-四千元(四万四千八百-五万六千円)で養子縁組を望む国外の人々に紹介していたという。海外の引き取り手については、明らかにされていないが、この売買に関しては、湖南省の福祉機関の組織ぐるみの可能性が高く、福祉機関の関係者ら二十二人が解雇処分を受けた。

 今回の事件で斡旋された乳幼児は広東省から連れてこられたという。

 中国で近年、乳幼児や女性の人身売買が社会問題化している。中国国営の新華社電によると、中国公安当局は〇一年から〇三年までに約二万件の人身売買事件を摘発、女性と子供約四万二千人を解放したという。

 中国では、政府が推進する「一人っ子政策」に加え、依然男の子の赤ちゃんをほしがる伝統も手伝って、赤ちゃんの誘拐事件が続発している。

 同政策は一九七八年末の改革・開放路線の導入にともなって本格化。女児の出生数が男児に比べて少ないことから、一部の農村部では男性の結婚難が深刻化しており、女性の誘拐事件多発に拍車をかけている。
[PR]
by miya-neta | 2006-02-28 15:00 | 国 際
asahi.com: 関西


2006年02月28日

 大阪市が77年から淀川区内の駐車場を市かしま人権協会(同市淀川区)に無償で貸与し、同協会が最近で年約500万円の収入を得ていたことが27日、明らかになった。市は94年に、市内各地にあった同和対策関連の駐車場の無償貸与を見直したが、淀川区内のこの駐車場だけは、無償で使わせ続けていた。市は「市民の理解を得られるよう整理を図る」として、契約方法を見直す考えだ。

 27日の市議会建設港湾委員会で、共産党の下田敏人市議の質問に市が答えた。大阪市では、外郭団体がJR新大阪駅そばの駐車場を、旧同和地区住民の生活向上などを目的とした財団法人飛鳥会に約30年間、随意契約で業務委託を続けていたことが発覚、市が3月末でこの駐車場の廃止を決めたばかり。不透明な同和行政の一端がまた明らかになった。

 淀川区内のこの駐車場は阪神高速池田線の高架下にあり、42台が止められる。77年に同和対策の一環として、市同和事業促進協議会(市同促、現市人権協会)に無償で管理を委託、協議会の構成団体だった市同促加島地区協議会(現市かしま人権協会)が管理していた。周辺住民の業務用の車置き場として「共益費は徴収してもよいが、利用料を徴してはならない」と定められていた。

 市は94年に市有地にある駐車場の管理方法を見直し、同和対策に関係する駐車場の管理を各構成団体ではなく、市同促本体に一元化する一方、利用料の徴収を認め、収益の3分の2を市に納める方式に改めた。ところが、淀川区のこの駐車場だけは現かしま人権協会が管理を続け、利用者から1台当たり月7千円の「協力金」を徴収しながら、市には賃借料などは払っていなかった。

 市は96年、阪神高速の橋脚工事のため、この駐車場が一時、使えなくなった際、近くの市有地に780万円をかけて仮設駐車場(25台)を整備して同協会に提供。工事終了後は両駐車場合わせて67台分を同協会が管理することになった。

 市は協力金について「共益費の水準を超えている」として、事実上の利用料と見ているが、市かしま人権協会の南田勇次会長(55)は協力金の使途について、「地域の企業を育成するため、中小企業経営者の帳簿作成講習会の開催などに使っている」と説明している。
[PR]
by miya-neta | 2006-02-28 10:33 | 政 治
asahi.com: おくやみ


2006年02月28日09時08分

 デニス・ウィーバーさん(米国の俳優)が24日、がんの合併症で死去、81歳。70年代に日本でも放映されたテレビシリーズ「警部マクロード」で、ニューヨークで馬に乗って活躍する田舎育ちの警部を演じた。スピルバーグ監督の映画「激突!」にも主演。その後は環境保護や貧困対策にもかかわり、ロサンゼルスで無料の食事を提供する組織を設立するなどした。
[PR]
by miya-neta | 2006-02-28 09:08 | 芸 能
asahi.com: 教育


2006年02月27日19時48分

 自治体で「教員評価制度」を導入し、給与に反映させる動きが進んでいるが、27日に閉幕した日教組の教研集会では「やむを得ない」という意見が一部である一方、「数値による評価は教育現場になじまない」という声が多数を占めた。

 自治体の「教員評価」は、公務員の総人件費を抑制しようとする政府方針の中で広がりをみせている。文部科学省も06年度中に教員給与に関する法令を整備する方向性を打ち出す方針で、「人件費にメリハリをつけて分配する給与体系を構築する必要がある」と説明する。

 文科省のまとめでは、05年4月現在、優秀な教員を表彰した上で、特別昇給や勤勉手当の増額など処遇に反映させているのは宮城、富山、岐阜、岡山、香川、愛媛、佐賀の7県教委。ほかに、東京都など、すでに人事考課を給与に反映させている自治体もある。

 教研集会では、多数の県から教員評価制度に疑問を投げかけるリポートが提出された。「評価する校長自身から、『先生の一挙手一投足を見ることは不可能で、どう評価していいかわからない』という声も上がっている」(宮城)などの事例が報告された。また、「(最低の)D評価を受けた教員が学校をたらい回しにされている」(東京)など、弊害を指摘する意見も出た。

   ◇

 三重県で開かれていた日教組の第55次教育研究全国集会(教研集会)は27日、3日間の日程を終えて閉幕した。
[PR]
by miya-neta | 2006-02-27 19:48 | 教 育
asahi.com: 教育


2006年02月27日12時12分

 小学校の英語、だれもが選ばれる可能性のある裁判員制度、食育――。日教組の教育研究全国集会(25~27日、会場・三重県)に集まった先生たちの取り組みから、子どもたちがこれから向き合う新たなテーマの実践例を紹介する。

◆小学校英語「信長・秀吉どっちが偉い」

 伝えたい思いや内容を重視し、教科や総合的な学習の時間で調べたことを英語で表現する。そんな活動を報告するのは、富山県氷見市立海峰小学校の表克昌先生だ。

 (1)体験・調べ学習の時間(スマイルタイム)(2)毎朝10分、英語表現に親しむ時間(フレンドリータイム)(3)英語を使ったコミュニケーション活動の時間(キッズタイム)の三つを連動させる試みで、同校の先生たちが?年がかりで積み上げてきた。

 担任がほとんどの教科を教える小学校の特徴を生かした取り組みだ。

 例えば6年生は、社会科で日本の歴史を学んで一番偉いと思った人を各自で挙げた。織田信長と豊臣秀吉、足利義満と紫式部、伊能忠敬と福沢諭吉など時代が近い人を組み合わせ、グループで人物を選択。2人のうちどちらが偉いかを、絵や劇も使って簡単な英語でディベートした。

 信長派の子どもたちが火縄銃のミニチュアを用意し、長篠の戦いで初めて鉄砲を使ったことを主張すると、秀吉派は農民出身で日本を統一したのはすごいと発表。

 聞き手の子どもの判定は互角で、外国語指導助手(ALT)が秀吉に軍配を上げ、勝敗が決まった。

 今年は環境学習と連動させ、身近で拾ったごみを使った「リサイクル生物」の図工作品を作成。それを英語で紹介した。

 先生たちには悩みもある。ほとんどの教員には英語の免許がない。表先生は市の研修を受け、英会話学校に通っているが、「自分の英語が正確か不安がないと言えばうそになる」。ALTとの打ち合わせの時間の確保や中学校英語とのつながりも課題だと話す。

◆高校現代社会 松山事件題材に裁判員制

 君が裁判員に選ばれたら――。死刑囚に再審無罪が言い渡された「松山事件」を題材に、裁判員制度と人権への理解を深めようとした高校の現代社会の授業が報告される。計15時間を使い、裁判員役にもなる模擬裁判などを通じ、生徒たちはなじみの薄い司法制度への関心を高めていった。

 「何だこれ」「戦争に行くやつか? でも赤くないぞ」。05年1月、千葉県立布佐高校の鳥塚義和先生が1年生のクラスで「裁判員候補者召喚状」を配った。

 職業裁判官とともに市民が重大事件の審理に加わる裁判員制度は09年までに始まる。「みんなが成人したら選ばれるかもしれないよ」と生徒自身の問題に引きつけて仕組みなどを講義。さらに、55年に宮城県松山町で一家4人が惨殺された「松山事件」を「裁く」ことを説明し、4回目の授業からは模擬裁判に。

 裁判員や検察官などの役を決めた。「積極的だった。普段はノートも取れないような生徒が弁護人に立候補したので驚いた」と先生は振り返る。

 シナリオは公判記録をもとにつくった。理解しやすいよう、「窃取」を「盗んだ」に換えるなどわかりやすい言葉を使った。

 最も難しかったのは、有罪か無罪かなどを話し合う「評議」。「普段から自分の意見を述べる訓練ができていないと感じた」という。

 アンケートでは、裁判員に選ばれても「行きたくない」という生徒は授業前より減っていた。ただ、鳥塚先生は「この授業は裁判員になる訓練ではない。裁かれるとはどういうことかを学び、人権について考えてほしかった」と話す。

◆小学校理科 野菜の知らず嫌い改善

 野菜の勉強で野菜嫌いが改善した。大阪市立姫里小学校の田明男先生は食育にもなる理科教育の事例を報告する。

 「野菜の好き嫌いには、好き嫌い以前の『知らず嫌い』が少なからずある」と先生は話す。

 例えば、昨年、子どもに野菜の好き嫌いを品種別に聞くと、3年生の半数がハツカダイコンを「知らない」と答えた。インゲンマメも知らない子が多い野菜だ。

 野草を通して野菜を知る学習に、数年前から取り組み始めた。

 3年生の総合的学習で昨年度、校内の畑やプランターで約20種の野菜を育てた。給食の切りくず、前年に育てた作物や野草の枯れたもの、うさぎのフンやおがくずと、身近な材料で堆肥を手作り。前年使った畑の土を再生し、命の循環を実感させる工夫をした。

 できた作物は持ち帰らせて食べてもらった。

 さらに、校区の道ばたや公園の野草を、子どもたちと一緒に採ってきた。野菜も身近な野草と同じ仲間。野草も虫や動物はエサとして食べる。その両方に気づかせ、親しみを深める試みだ。

 大阪府大東市立青少年野外活動センターの西畑敬一さんに頼み、子どもたちが採ってきた野草の種類を調べた。約100種もあり、約半数が作物と同じ「科」に属していた。「ナスやミニトマトとイヌホオズキは、同じナス科」。その関係の深さに子どもは驚いた。

 昨年の3年生(現4年生)に今年、アンケートした。

 「食べたことがない」は野菜30種の平均で約1%。前年の約9%から大きく改善していた。「好き」も、昨年の59%から71%に向上した。
[PR]
by miya-neta | 2006-02-27 12:12 | 教 育
河北新報ニュース


 児童生徒を狙った事件が相次ぐ中、仙台市は新年度、学校の防犯活動強化に向け、ボランティア巡視員への指導・育成を県警OBらに委嘱する「スクールガードリーダー」制度を設ける。「防犯のプロ」の視点から、学校の安全体制を点検してもらうことで、学校と地域共同での効果的な安全体制を確立する。

 スクールガードリーダーには、県警OBらを5人程度委嘱する予定。勤務は午前10時―午後5時ごろまでで、年間120日を想定。人件費として、新年度当初予算案に750万円を計上した。

 市教育委員会がリーダーの役割として最も重視しているのは、学校防犯ボランティアの指導・育成。市内のボランティア組織率は小学校約9割、中学校約8割で、計約3000人が登録しているが、これまで防犯マニュアルなどの指導を受けられる機会は少なかった。

 全市域を五つのブロックに分け、リーダーはそれぞれの担当地域の学校を巡回しながら、通学路の危険個所をチェックする。ほかにも、防犯体制づくりに関するアドバイス、研修会での講義、下校時の地域巡回をする。
 不審者による声掛けなど緊急の事案が発生した際は、学校に駆け付け県警との連携なども担う。

 市教委は「これまでも学校、児童生徒の防犯には取り組んできたが、さらに体制を強化するために、防犯に関する学校、地域のアドバイザー的な役割を期待している」と話している。

2006年02月27日月曜日
[PR]
by miya-neta | 2006-02-27 10:49 | 教 育
河北新報ニュース


 コンビニエンスストア大手のローソンは27日、三菱東京UFJとみずほの両銀行と連携し、仙台市内のローソン19店で現金自動預払機(ATM)サービスを始めた。宮城県内にコンビニATMが設置されるのは初めて。

 両行のほか、他の都道府県で提携するみちのく銀行(青森市)など15行のキャッシュカードを使って、入出金と残高照会、振り込みが可能で、うち8行と郵便貯金がほぼ24時間利用できる。手数料は最大210円で、金融機関ごとに異なる。

 青葉区のローソン仙台一番町3丁目店でATMを利用した太白区の女性事務員(25)は「手数料がかかるが、便利なので時と場合に応じて使い分けたい」と話した。

 ローソンATMは、仙台の19店を含め26都道府県の計3689店に各1台設置されている。提携行以外でも、七十七銀行や仙台銀行など全国キャッシュサービス(MICS)に加盟する金融機関のカードで、出金と残高照会が可能。
 宮城県内では、七十七銀行と提携したセブン銀行(東京)が3月1日、県内のセブン―イレブンなど約300カ所でATMサービスを始める。

2006年02月27日月曜日
[PR]
by miya-neta | 2006-02-27 10:47 | 経 済
教育行政:MSN毎日インタラクティブ


 大泉町は今年9月から、町内の小学校4校、中学校3校の全校で第1、3土曜の午前中に算数、国語、英語、数学の基礎学習をする「土曜学校」を始める。

 同町教委によると、対象は小学4年生以上で、希望者と学習の必要性のある児童・生徒。教員を中心にボランティアの補助教員を配置。町独自の問題集を作り漢字、計算などの検定を実施し、児童・生徒の学力向上を目標とする。検定は町内全児童・生徒を対象に実施する。細部に関しては実施委員会(校長、教頭、学務主任ら12人構成)で検討している。長谷川洋町長は「町民の多くから、児童・生徒の学力低下を心配する声が聞かれるため」と話し、新年度予算案にプリント代80万円を計上した。【佐藤貢】

毎日新聞 2006年2月27日
[PR]
by miya-neta | 2006-02-27 07:20 | 教 育
格闘技:MSN毎日インタラクティブ


 “浪速の弁慶”が衝撃のKOデビューを飾った。亀田3兄弟の二男・大毅(17=協栄)が26日、パシフィコ横浜でサマート・シットサイトン(20=タイ)と対戦。左フック一撃で相手を倒して1回23秒KO勝ちし、長男・興毅(19=協栄)のデビュー戦の1回44秒KOを上回った。プロ2戦目は4月17日、後楽園ホールで韓国フライ級8位・李と対戦する。

 破壊力は興毅を上回っていた。1回、左ストレートを放った大毅は、間髪入れずに右ボディーを打った。サマートの上半身が下がったところを見逃さない。左側頭部に右フック。とどめの左フックを顔面に入れ、相手はロープ際に倒れ込んだ。

 「23秒KO?早くてすみません。衝撃の一撃やった。ズボーン、ボッコーンって感じやった」

 “浪速の弁慶”は満面の笑みだ。武蔵坊弁慶の白頭巾(きん)に弁慶の刺しゅうの入った黒のガウンを着て、弁慶が刀狩りをしていたとされる京都・五条大橋をイメージした花道を通って入場。さらにデビュー戦では異例の国歌斉唱もあった。

 圧巻の猛ラッシュで興毅のデビュー戦KO記録、1回44秒を上回った。「お兄ちゃんの記録の半分や」と本人は“闘拳超え”に大喜び。「勝っても負けても泣けへんかった男が泣いとった。初めてホメたる。100点満点や」と父・史郎さんは成長を感じ取った。

 脳裏をよぎったのは04年12月の全日本社会人選手権(三重・久居市総合体育館)のバンタム級決勝。大毅はオープンブローなど2度の反則が響いて準優勝だった。「亀田家の恥」と激怒した史郎さんは会場に大毅を置き去りにする愛のムチをふるった。意気消沈した大毅は「ボクシングに磨きをかける」と闘志をかき立てた。

 試合後のリング上では“大ちゃんショー”。スタンドマイクを握り、大好きなハウンドドッグの「オンリー・ラブ」を大友康平のものまねで熱唱した。試合は23秒だったが歌唱時間は3分間。「一番自信のある歌や。うまかったやろ?次は若い子にもウケる歌を歌ったるよ」と約束した。

 この日の試合からスポンサー契約を結んだサントリーの缶コーヒー「ボス」のCMに出演する可能性も出てきた。同社は史郎さん、興毅の3人で「家族愛」をテーマにした内容を検討中。会心の勝利でデビューを飾った浪速の弁慶が、今後も日本ボクシング界を盛り上げる。 


ボクシング:亀田二男、デビュー戦KO 兄の記録破る
亀田興毅:九重親方から“豪華”激励
亀田興毅:対戦相手変更 「オレが怖いねん」と歓迎
亀田大毅:23秒の幕切れに世界王者からも称賛の声

スポーツニッポン 2006年2月27日
[PR]
by miya-neta | 2006-02-27 07:10 | スポーツ
asahi.com: 教育


2006年02月26日21時22分

 三重県で開かれている日本教職員組合の教育研究全国集会で26日、学校と通学路の安全が議論された。各地で広がる学校選択制で、学校と地域が連携して通学路の安全を守る取り組みが難しくなっていることが報告された。

 意見交換の中で大阪府寝屋川市の小学校教諭がこんな話をした。

 1年前に市内の小学校で教職員殺傷事件が起きて以来、保護者や地域の人たちは、子どもたちが最後まで1人にならないよう、下校時の付き添いや見守りを続けている。

 ところが、新年度から市は隣り合う2校のどちらかを選べる小学校の選択制を始める。すると、圧倒的に人数が少ない校区外の子が、下校時に1人になってしまう。

 「市はそのことを保護者に説明せず、対応を学校任せにしている」

 大阪府教組のメンバーも、01年に児童8人が殺害された大阪教育大学付属池田小事件以来、学校が地域の核となって人と人の結びつきを取り戻す取り組みをしてきた、と報告。そのうえで「一番大事なのは学校選択制を導入させないこと」と、強調した。

 早稲田大学の喜多明人教授(教育学)は、相次ぐ事件を受けて文部科学省が通学路の定期点検を指示する一方で、学校選択制に肯定的なのは矛盾している、と指摘。教育行政は「とにかくがんばれ」と現場に依存するのではなく、警備員の人件費などを出すべきだ、と主張した。

 会場の教員たちも、防犯カメラが監視社会を招く心配や、教員の過大な負担を相次いで訴えた。

 だが、行政の転換を求めても、それには時間がかかる。山梨県の教員は「それで明日の安全を心配する保護者たちの納得を得られるだろうか。学校は、できることは何でもやる姿勢が必要ではないか」と述べた。
[PR]
by miya-neta | 2006-02-26 21:22 | 教 育