「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

<   2006年 04月 ( 144 )   > この月の画像一覧

河北新報ニュース


 「格差社会」の問題が国会などで論議される中、厚生労働省が「労働経済の分析」(労働経済白書)の2006年版骨子で、「20代の所得格差が拡大し、固定化が懸念される」と指摘していることが分かった。白書は、正社員かどうかの雇用形態や年代により賃金格差が拡大していると分析したほか、非正規が配偶者を持つ割合も少ないことを明らかにした。

 格差社会は人口減少、労働意欲の喪失など、あすの日本を支える数多くの問題を抱えている。団塊世代の大量退職を目前にした今、企業には若者の正規雇用、政府には機会の平等の確保の施策を望みたい。

 労働経済白書では、正社員とそれ以外のパート、派遣、請負労働者などの非正規労働者との格差に触れ、20代の所得格差の拡大のほか、職業能力開発の機会の不平等、年代による教育費支出の差異なども指摘した。非正規労働者は05年で労働人口の約32%を占め、約1590万人に上っているという。

 非正規雇用が増えたのは、バブル経済が崩壊、企業がリストラを強いられ、就職の“超氷河期”に入った1990年代から。加えて、経済のグローバル化で国際競争力が求められ、低賃金の労働力が必要となったためだ。

 今、状況は大きく変わりつつある。政府の4月の経済月例報告では、景気拡大局面は戦後2番目の「バブル景気」(51カ月)に並び、「確実に『いざなぎ景気』(57カ月)を超える」(与謝野馨経済財政担当相)状況だ。雇用・設備・在庫の過剰は払拭(ふっしょく)される一方、消費マインドも緩やかに伸びている。株価は5年7カ月ぶりに1万7000円台を回復した。

 企業にとって、若年者の正規雇用を増やす絶好の機会だ。非正規社員の給与は、同一労働時間で正社員の3分の2から2分の1とされ、月にわずか10万円ほどで暮らしているケースも少なくない。

 若者の中には、企業に束縛されず、自由な時間を大切にする傾向も見られるが、同一労働で、賃金、待遇に格差があるのは、労働意欲の喪失につながるだろう。企業にも、忠誠心を持たない人が多くなるデメリットがある。

 最も、懸念されるのは、白書が指摘するように、「格差の固定化」である。影響が子弟にまで及べば、教育環境などで人生のスタート台から差がつくことにもなる。

 政府は失業や事業に失敗した人の再就職を支援する「再チャレンジ推進会議」(議長・安倍晋三官房長官)を設置、何度でも挑戦できる機会の平等を確保する施策を、6月までにまとめる。知恵を絞って、若者らの意欲をかき立ててほしい。

2006年04月30日日曜日
[PR]
by miya-neta | 2006-04-30 08:25 | 経 済
asahi.com:ビジネス


2006年04月30日01時06分

 米新聞大手ニューヨーク・タイムズとマイクロソフト(MS)は28日、パソコンや携帯電子端末にニュースを取り込むための電子新聞ソフト「タイムズ・リーダー」を共同開発したと発表した。

 MSの次世代基本ソフト(OS)、ウィンドウズ・ビスタに対応し、07年1月から配信する。紙面に近いレイアウトで記事と写真、広告を表示し、過去7日分の内容を記録できる。

 シアトルでの米新聞編集者協会の会合で試作版を発表した。インターネット接続中に最新の内容に自動更新され、通勤途中でも読めるよう工夫した。気になる部分に注釈を書き込んだり、関連情報のウェブサイトを表示したりできる。
[PR]
by miya-neta | 2006-04-30 01:06 | 科学/技術
U.S. Frontline News, Inc.


FrontLine Daily 2006-05-01  No.1848

(ガブリエル・ハミルトン論説=Pruneオーナーシェフ、4月27日付)1990年代まで、ニューヨーク市公衆衛生局は飲食店の衛生検査を徹底しないことで有名だった。ぞんざいな検査がほぼ1年おきにあり、検査前にはしばしば店に電話で連絡があった。

 ジュリアーニ時代に状況が一変した。信号無視も、タイムズスクェアの「のぞきストリップ」も、レストランでのパン用バターの使い回しもすべて禁じられ、検査は抜き打ちが当たり前となった。無料の食事を楽しんで「検査」を終える検査官ではなく、コンピュータを抱えた公衆衛生学の学位を持つ検査官が来るようになった。

 同時にレストランの従業員も変わった。私が見習いコックだった1982年当時は、レストランの台所は前科者やチェーン・スモーカーであふれていた。今の料理人たちは、食品衛生検査官と同様、大学教育を受けた科学の学位をもつ人々だ。また今の料理人は、常に新しい材料や生産者との親密な関係、新しい調理法の開発に積極的である。

 最近、市内の料理人の間ではやっているのは、味付けされ真空パックされた材料をようやく沸騰している程度の湯で調理するという、フランスでスー・ビドと呼ばれる真空調理法である。比較的低温で長時間かけて調理することで素材本来の味が濃厚に保たれ、栄養を損なわずしかも滑らかな舌触りが得られる。

 ところが公衆衛生局はこれを許さない。食中毒の報告は1件もないが、雑誌や新聞でこの新しい調理法を知った食品検査官は、多くのレストランでこのやり方を廃止させた。料理人らは検査官の目の前で真空パックの食材を捨てさせられ、罰金を科され、真空調理に必要な設備の使用禁止を言い渡された。もし衛生学者の判断だけに頼るなら、米国にはチーズも自然発酵のパンも、納屋に110日間つるすハムもなくなってしまう。

 私は衛生基準に反対しているわけではない。まっとうな料理人なら、おのずから衛生を徹底するものだ。われわれは食べ物がいかにおいしく、満足を与えられるかを示すためにこの商売をしているのだ。清潔と衛生はその満足の土台である。そしてわれわれは特に、農薬や遺伝子操作技術が使われていない、あるいは発がん物質を添加されていない純粋な材料に興味がある。料理人は危険な食物を客に出したりしないのだ。

 最近は衛生局の基準違反に対する罰金も厳しい。1999年には調理人の手洗い場のペーパータオルが切れていても罰金はなかったと思うが、今や300ドルの罰金である。手袋をはめずにトーストにバターを塗っても300ドル以上の罰金だ。このくらい厳しく取り締まるべきレストランはある。あやしい鳥肉料理を1ドル95セントで提供し、良い食事や衛生のことなど考えもしない17歳の低賃金スタッフを雇うようなレストランである。

 しかしこういう店はスー・ビドなど知らない。検査官は味を無視した規則だけを考えるが、良い料理人はさまざまなことを考える。それはすべて顧客の健康と満足につながる。私だったら自分の食事は良い料理人に任せたい。
[PR]
by miya-neta | 2006-04-29 14:33
asahi.com:社会


2006年04月29日12時08分

 愛知県美浜町の戸塚ヨットスクールで80年代初め、訓練生4人が死亡するなどした事件で、傷害致死や監禁致死罪などに問われ、懲役6年の実刑判決を受けた戸塚宏校長(65)が29日朝、刑期を終えて、静岡刑務所を出所した。戸塚校長は記者会見で「体罰は教育だ。正しい教育論がないから教育荒廃が起こる」と持論を展開。再びスクールで指導することや、再審請求する考えのあることを明らかにした。

 戸塚校長は午前9時すぎに、支援者らの出迎えを受けて出所し、その後、JR静岡駅の駅ビルで弁護士とともに記者会見した。

 戸塚校長は判決について「二審の判決は私がやってきたことを簡単に否定したので、罪を認めることはできない」と述べ、再審請求の意向を示した。遺族に対しては「4人を悼む気持ちはずっと裁判の中でも言ってきた。刑期は果たしたし、反対者は次にやることを邪魔しないでほしい」と語った。スクールを続ける考えを示すとともに、「今後は教育の分野に進みたい」とも話した。

 今後の教育方針について「子どもへの態度は昔も今も変わっていない。体罰のこつは『進歩、進歩』と考えながらやることだ。それがなくなるとだめだ」と話した。
[PR]
by miya-neta | 2006-04-29 12:08 | 社 会
米国:MSN毎日インタラクティブ


 第二次世界大戦の硫黄島での戦闘を描いた2本の映画を製作している米国のクリント・イーストウッド監督が28日、東京都内のホテルで記者会見した。激戦の模様を日米双方の兵士の視点で描く2部作で、摺鉢山に星条旗を立てた米軍兵士を追った「父親たちの星条旗」と、巧妙な作戦で米軍に抵抗した日本軍を描く「硫黄島からの手紙」。日本軍将兵役で「硫黄島~」に出演する俳優の渡辺謙さん、中村獅童さんらも会見に同席した。イーストウッド監督は「戦闘が若者たちにどんな影響を与えたかを描きたい」と語った。「父親たち~」は10月、「硫黄島~」は12月公開予定。

毎日新聞 2006年4月29日 東京朝刊
[PR]
by miya-neta | 2006-04-29 08:42 | 芸 能
河北新報ニュース


28日午後1時ごろ、宮城県利府町菅谷のグランディ21で、29、30の両日開かれるジャニーズ事務所所属の人気グループ「NEWS」のコンサートの舞台設営中、スピーカーが落下、東京都の音響会社の女性スタッフ(22)にぶつかり、女性は頭や腰を打つ大けがをした。塩釜署は業務上過失傷害の疑いがあるとみて調べている。主催する企画会社によると、コンサートは予定通り行われるという。

 調べでは、落下したのは大型スピーカー9個と小型スピーカー3個をつなげた約1.2トンのスピーカーセット。2本のナイロン製ロープでつり上げ作業中、1本が切れ、高さ約15メートルから落下した。衝撃で重さ32キロの小型スピーカーが外れたとみられる。

 関係者によると、落下地点は客席から見て、ステージ前方下手。ロープは4トンの重さに耐えられるという。
 舞台設営には約150人のスタッフが従事していた。

 「NEWS」はグランディ21のコンサートを最後に年内の活動休止を発表している。

2006年04月29日土曜日
[PR]
by miya-neta | 2006-04-29 08:23 | 芸 能
〔ZAKZAK 2006/04/28〕


特に「K2」問題に…

 年の差20歳の小泉今日子=写真=と亀梨和也の熱愛報道について、ネット上ではジャニーズファンらが、「許せない」「年上のファンに勇気と希望を与えたかも」などと喧々囂々(けんけんごうごう)の議論を続けている。

 「絶対に許せないババァ」ネットの掲示板や亀梨ファンのブログなどには、こんな書き込みが多数見受けられる。そして、熱愛報道の影響なのか、小泉の公式HPの掲示板は、昨夜から接続できない混雑状況が続いているのだ。

 かねてから一部のジャニーズファンは、自分が好きな男性タレントと噂話が出ただけで、相手の女性タレントを「死ね」と攻撃するなど過激なことで知られていただけに、いったい、小泉HPには、どんな書き込みがされているのか…。

 一方、閲覧可能なHP全般では、「亀のコト信じてたのに…なんであんなオバサンと」、「裏切られた感が強いんだよ、たぶん。可愛さあまって憎さ100倍といったところ」などと、亀梨非難の書き込みが多い。

 なかでも、ファンの反感を買っているのが「K2」問題。

 今春発表されてKAT-TUNの最新アルバムにも収録された「SPECIAL HAPPINESS」(通称スペハピ)という曲の作詞家がK2とされていたことに、「あれはKyon2のことだったのね、許せない」「ファン馬鹿にするのもいい加減にしてほしい」と非難の声が上がっているのだ。

 多くの亀梨ファンが亀梨自身のイニシャルK・Kを略したものと勝手に思い込み、添い寝する男女の様子を歌った歌詞の内容に「亀ちゃんの夢がいっぱいって感じ」などと盛り上がっていたが、それが小泉との現実を表していたのではなのかという話になったことで、一気に「覚めた」というのだ。

 ちなみに、「年上のファンに勇気と希望を与えたかも」といった肯定的な書き込みは極少数のようだ。

--- --- --- --- ---

ジャニーズ衝撃…小泉今日子、20歳差愛の行方


KAT-TUN亀梨和也と“半同棲”発覚

b0067585_2355757.jpg  女優、小泉今日子(40)=写真=と人気グループKAT-TUNの亀梨和也(20)が“半同棲”状態にあることが発覚。小泉サイドが「彼女はもう十分過ぎるほどの大人。驚いてはいますが、こちらとしては何とも…」(所属事務所)と静観の構えだが、一方の亀梨の所属事務所は熱愛関係は否定した。この“ビッグカップル”の行方は-。

 熱愛を報道したのは今週発売の写真誌フライデー。同誌は「(秘)通い熱愛現場」として、亀梨が小泉の愛車・トヨタプリウスで東京・表参道に買い物に行く姿をキャッチ。また、亀梨が都内の自宅に帰らず、小泉のマンションに半同棲している、とも伝えている。2人は共演などはないが、同誌によると、都内のバーのオーナーが共通の知人で、そこで昨年に知り合ったという。

 年齢差、実に20歳という仰天カップル。小泉は2004年に俳優、永瀬正敏(39)と9年間の結婚生活にピリオドを打ったが、亀梨にとって恋愛報道は初めて。人気男性アイドルを多数抱えるジャニーズ事務所にとっては衝撃だ。「小泉さんは芸能界の大先輩として尊敬しており、ファッションについてアドバイスをいただいたりしておりますが、みなさまが思っているような関係ではありません」との事務所コメントに苦衷が浮かぶ。

 音楽関係者は、「ツーショットこそないが、2人が同じ車を共有し、亀梨が彼女のマンションに通う姿をキャッチされては交際は明らか。所属事務所は芸能界に大きな影響力を持つ所だけに、事実が表に出たこと自体が驚き」と話している。

 小泉のアイドル時代を知る世代としては、“キョンキョンがんばれ!”とは言っておこう。

ZAKZAK 2006/04/27
[PR]
by miya-neta | 2006-04-28 23:55
教育:MSN毎日インタラクティブ


 政府は28日、「教育の憲法」と呼ばれ、戦後教育の基本方針となってきた教育基本法の改正案を閣議決定し、衆院に提出した。連休明けから始まる国会審議では、新たに盛り込まれた「愛国心」表記に関する条項が、教育現場に及ぼす影響などを巡り、激しい論戦が展開されそうだ。実現すれば、1947年の制定以来初めてとなる改正の行方を追った。

 「改正案への不満は当然あると思う。しかし連立政権を組んでいる。腹八分の姿勢でやらないと、元も子もなくなる」。自民党伊吹派の伊吹文明会長は27日の派閥総会で理解を求めた。

 「公共の精神」や「愛国心」を盛り込む法改正は自民党の「悲願」(安倍晋三官房長官)だが、公明党は慎重姿勢を崩さなかった。両党の「愛国心論争」は、今月13日に互いに譲歩して「我が国と郷土を愛する」とした最終報告をまとめるまで3年近くに及んだ。

 公明党には「来夏の参院選に近づくほど悪影響が出る。今国会で成立させたい」(幹部)との思いが強い。だが、6月18日までの会期は実質残り30日。特別委で集中的に審議しても会期内成立は困難とみられている。

 小泉純一郎首相は28日も「延長は考えていない」と表明したが、これに先立ち会談した公明党の東順治国対委員長には「判断が必要になった時に判断する」と含みを残した。本来、延長に否定的な首相はぎりぎりの段階で判断するとみられ、改正案の今国会成立は政局絡みで不透明な情勢だ。

 一方、民主党は「教育軽視、国民軽視も甚だしい。政府案に対峙(たいじ)していく」との鳩山由紀夫幹事長談話を発表。だが、「愛国心」の表記への結論は連休後に先送りの見通し。自民党からは「民主党の足並みの乱れをあぶり出す機会」(幹部)との声も出ている。【佐藤千矢子】

 ◇教育改革キックオフ 文科省

 文部科学省は今回の改正案を「教育改革を進めていく上でのキックオフ」(板東久美子・官房審議官)と位置づけ、さまざまな施策や制度の見直しを図る考えだ。

 まず、改正案の第17条として新たに盛り込まれ、改革の「見取り図」となる「教育振興基本計画」(期間5年間)の策定を急ぐ。旧文部省は、自民党とは一線を画して基本法の改正には中立的な態度を取ってきた。しかし、この基本計画を条文に取り入れることで積極派に転換したといわれる。教育改革に省として主導的な役割を果たす狙いがあるとみられる。

 また、改正案には「国を愛する態度」「豊かな情操と道徳心」「健やかな身体」「公共の精神」「宗教に関する一般的な教養」など、新たなキーワードが取り入れられた。法案が成立すれば、文科省は今年度中にも全面改訂を予定している学習指導要領に反映させる方針だ。また、義務教育9年の年限が取り払われたことなどを受けて、学校教育法の改正も行う。

 「国を愛する」ことは、小学3年から中学校の道徳、小学6年の社会の学習指導要領に記されているが、法案に書き込まれるのは初めて。日本教職員組合は「国を愛する態度」が子どもたちへの評価につながることを懸念し、「法律に書き込むことで強制が生まれる」と改正案に強く反対している。【長尾真輔】

 ◇戦前の教育を反省、個人の尊厳に重点

 教育基本法は1947年3月に施行され、教育法令の根本となっていることから「教育憲法」とも呼ばれる。制定当時の帝国議会の審議で、「よき日本人の育成、祖国観念の涵養(かんよう)といった観点が欠けているのではないか」との批判はあった。

 しかし、戦前の教育への強い反省から、個人の自由や尊厳に重点を置いた教育基本法を定めることは、当時の世論が求めていることだった。

 憲法と教育基本法の改正を党是とする自民党が結党された55年以降、改正論議が早くも表面化する。同11月に発足した第3次鳩山内閣で就任した清瀬一郎文相は「教育基本法は一つ穴があいている。個人と世界の中間に立つ国という観念がちっともない」と文部広報に寄稿し、物議を醸した。

 さらに90年代後半に入ると、基本法改正論議は本格化する。99年8月、自民党の教育改革実施本部が「教育基本法等研究グループ」を設置。00年3月には、首相の私的諮問機関「教育改革国民会議」も設立され、同12月に国民会議が「見直し」を提言した。これを受け、中央教育審議会は03年3月、「改正が必要」と答申した。

 ただし、答申でも基本法が果たした役割について「教育水準を大いに向上させ、我が国社会の発展の原動力となった」としている。教育基本法が、戦後日本の発展を支えたことは疑いようもない。【高山純二】

 ◇幼稚園や高校義務教育化に道

 教育基本法改正案は、「個人の尊厳」や「教育の機会均等」「教育は、不当な支配に服することなく」など、現行法の重要な規定はほぼそのまま残した。その上で、自民党が強く求めていた「愛国心」「道徳心」の理念が盛り込まれ、前文で「公共の精神」「伝統を継承」とうたうなど、保守色をにじませた。現行法の理念に、自民党らしさを上乗せしたような二重構造の印象は否めない。

 「愛国心」表記のほかに、今後制度面で注目されるのは、9年という義務教育の年数を削除したことだ。幼稚園や高校を義務教育化する道を開いたといえそうだ。また、現行法にある「男女共学」は「時代的役割が終わった」(文科省)として削除された。【長尾真輔】

毎日新聞 2006年4月28日 23時49分 (最終更新時間 4月29日 0時41分)
[PR]
by miya-neta | 2006-04-28 23:49 | 教 育
asahi.com:暮らし


2006年04月28日19時04分

 大学入試センターは28日、1月にあった大学入試センター試験の英語リスニングテストで全国的に発生したトラブルの調査結果を発表した。原因でもっとも多かったのは「イヤホン差し込み部の酸化による接触不良」で、全体の6割を占めた。受験生による「再生ボタンの操作ミス」(25%)や、「音声メモリーへのゴミの付着」(13%)も多かった。

 今回の失敗を踏まえ、今後、入試センターは、イヤホンを酸化しにくい素材に替えたり、再生ボタン以外の二つのボタンも長く押して動かす方式にしたりするなどの対策をとり、今後も同じメーカーの機器を使い続けるとしている。

 リスニングテストは今回初めて実施され、49万人余りが受験した。一人ひとりがICプレーヤーを操作して聞き取る方式をとったが、全国で500人近くが機器の不具合を訴え、再テストを受けるなど混乱した。
[PR]
by miya-neta | 2006-04-28 19:04 | 教 育
芸能ニュース : nikkansports.com


 28日午後1時すぎ、宮城・利府町のグランディ・21宮城県総合体育館で、人気グループNEWSのコンサート準備中に落下事故が起き、スタッフの女性(22)が重傷を負った。

 29、30日に行われるコンサートの設営作業を行っていたところ、ワイヤーロープが切れて地上15メートルからスピーカー9個が落下。うち1個がステージでバウンドした後、女性の頭部に当たった。そのまま女性はスピーカーの下敷きになり、負傷。救急車で仙台市内の病院に搬送された。

[2006年4月28日18時25分]
[PR]
by miya-neta | 2006-04-28 18:25 | 芸 能