「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

<   2006年 08月 ( 191 )   > この月の画像一覧

東京新聞


 友人に数十万円で母親の殺害を持ちかけていた北海道稚内市の殺人事件。逮捕された高校一年の長男(16)と友人の少年(15)は、共に両親が離婚し母親と暮らしていた。長男は動機について「離婚に不満があり、父親も殺したかった」と供述しているという。少年二人の心の闇はどこから生まれたのか。“離婚と親殺し”の接点を追った。 (橋本誠、中里宏)

 日本最北端・宗谷岬から約三十キロ。人口約四万人の稚内市の中心部に、母子が住んでいた二階建ての家はある。フェリーや漁船が見える海岸線から約百メートルの住宅街。年間を通して風が強く、背後の山では発電所の風車が回っている。

 長男は神奈川県で暮らしていたが、四年前に両親が離婚、中学校に入学するころ、母親の実家がある稚内市に移り住んだ。近所の主婦(73)は「中学生のころは、目の前の駐車場でほかの留守家族の子とボールをけったりして遊んでいた。お母さんは自転車で病院に通っていました」と振り返る。

 近くに住む男性(79)は「十五、六歳はデリケートな年代だが、そんな子には見えなかった。柔道部員で活発な子でした」。ただ、長男は学校、母親は仕事で昼間は誰もいないため「さびしそうな家庭。近所付き合いも少なかった」と明かす。

 この主婦は「お母さんは一生懸命やっていた。親が稚内の人だから、私たちも安心していた」と話すが、「三年ぐらいではまだ(どんな人か)分からない」という住民もおり、地域に溶け込む努力を続けていたようだ。別の女性(54)は「お母さんはおとなしくて、口数が少なかった」と印象を話した。

 二人が通っていた中学校の校長(60)は「(長男は)バスケット部に三年間所属し合唱コンクールでもがんばっていた。明るい印象で、さみしそうな様子は感じなかった。本人も親御さんも人間関係を広げていきたいと思っていたところでは」とショックを隠せない。

■中学の卒業文集『おやじ超えたい』

 中学の卒業文集は「僕は将来、親父(おやじ)と同じ海上自衛隊に入りたいです。(略)高校受験を頑張って何としても絶対に受かって、よい大学に入って、絶対に親父を超えてやろうと思ってます。(略)必ず自分の周りには自分を支えてくれている人たちが必ずいるから、何があってもめげないで頑張っていきましょう」と前向きな言葉であふれている。

 実は、長男は最近家出し、父親のいる神奈川県に行っていた。しかし、その後は稚内に戻っていたという。

 長男が通っていた高校の教頭(51)は「土曜日の数学検定にも出てきていたし、資格試験にも積極的だった。欠席も遅刻もまったくなかった。動機が分かればこんなことは起きません」と困惑する。両親の離婚についても相談は受けなかったという。

 一方、共犯の少年も両親が数年前に離婚。長男の家の二キロほど北で父親と暮らしていたが、父親がこの冬に急死し、市内の母親の家に引き取られた。「(長男にとって)友達の一人。おどけたり、ひょうきんなところがあった」と中学校の校長は話す。

 この少年の祖母(73)はうなだれこうつぶやいた。

 「孫は以前、新聞配達もしていて友だちと自転車で夜まで遊ぶこともあった。両親が離婚した後も、父親が魚釣りに連れて行ったりして、そんなにさびしそうではなかったのに…」

■子の不遇感見つめよ

 昨年一年間に少年が父母を殺害したり未遂に終わった事件は十七件に上り、前年の十件から急増した。

 今年六月には、奈良県の高校一年生男子が自宅に放火し、父親が再婚した母親と再婚後に生まれた弟と妹を殺害したとして逮捕された。

 厚生労働省の人口動態統計によると昨年の離婚件数は約二十七万四千七百組にも上り、離婚と「親殺し」を単純に結びつけることはできないが、「虐待と離婚の心的外傷」(朱鷺書房)の著書がある棚瀬一代・神戸親和女子大教授(臨床心理学)は「少年の親殺しで離婚家庭のケースが続いている」とした上で「両親がそろっておらず、子どもに対する『守り』が薄いところで問題が起きやすい」と分析する。

■『事件と短絡的結びつけ危険』

 一方、「いまどき中学生白書」の著書がある元女子少年院法務教官の魚住絹代氏は「離婚と事件を結びつけるのは危険。大事なのは、子どもが離婚前と後でどんな不遇感を持っていたのか、そこまで追いつめられる環境があったのかということに注目すること。親自身が家庭や離婚、生き方をどうとらえているかも大きい」と指摘する。

 “親殺し”が続くことについては「マスコミ報道で事件を知り、境遇や背景が自分と似ていると共感できる場合、『自分にもできるのでは』という短絡的な考えを持つことはあるだろう」とメディアの影響を挙げる。

■「抑圧か攻撃か二分法的発想」

 さらに、最近の子どもの傾向について「親に反発して乗り越えていくのが思春期。最近の子どもたちはそれだけのエネルギーがなかったり、反抗の手段が思いつかずにがまんするしかない状況にいて不満を強めていると感じる。“抑圧”か“攻撃”かという二分法的な発想はゲームやインターネットなどの影響も感じられる」と強調する。

 稚内市の少年は調べに対し、父親を殺害する計画についてもほのめかしながら「離婚した父への不満を漏らすと、母がいつも父親をかばったので憎くなった」と供述しているという。

 離婚した父親への憎悪が母親に向かうということはあるのか。前出の棚瀬教授は「例えば父親の母親に対するドメスティックバイオレンス(DV)があった場合、子どもは大切なお母さんがひどいことをされてかばってやりたいと思う。しかし、母親は父親と複雑な愛憎関係にあってDVが続くケースが多い。子どもが思春期以降になると、暴力を受けながらも父親をかばう母親に対して軽蔑(けいべつ)・侮蔑(ぶべつ)の念が生まれ、母親を父親と同一視して攻撃性が向かうことがある」と複雑な思春期の感情を解説する。

 稚内市の事件では少年が数十万円の報酬で中学時代の同級生に母親殺害を依頼した点が注目されている。

 犯罪心理学者の福島章・上智大名誉教授は「少年による親殺しは急増したというより、以前からある」として、一九八八年、東京都目黒区で起きた中学二年男子による両親、祖母殺害事件を挙げる。

 この事件で中二男子は同級生に「きょうやるぞ。来て手伝え」と電話で依頼。同級生は本当に事件を起こすとは思わず、現場から逃げていた。

 「少年の心理からすると、親に反抗する半面、半分以上は親に依存している。親を殺そうとしても自信が持てず心細いので友人を頼りにする」と友人に親殺しを依頼する心理を分析。稚内市の少年の友人については「母子家庭同士の友情があったかもしれない」と推測する。

 魚住氏は、離婚が一時間に約三十組に上る風潮をとらえ、こう警鐘を鳴らす。

 「親の都合で子どもを巻き込んだり、夫婦関係をこじらせて子どもに大きな負担や不安、傷を与えてしまうことが多い。子どもにとって安心できる環境を第一に、親としてのかかわりを持ちながら育てていく発想が大事なんです」

<デスクメモ> 「しろがねも くがねも玉も 何せむに まされる宝 子にしかめやも」と万葉の世に詠まれたように、子どもへの愛は無上のものだ。それがどう変わるとここまでの悲劇が起きるのか。社会のひずみが行き着く先が親子関係なのか。北端の事件は、今、ひずみが日本列島を覆っていることを物語っている。 (蒲)
[PR]
by miya-neta | 2006-08-31 08:50 | 社 会
Excite エキサイト : 社会ニュース


[ 共同通信 2006年08月31日 06時58分 ]

 北海道稚内市の女性刺殺事件で、殺人容疑で逮捕された高校1年の長男(16)と友人で高校1年の少年(15)の間には中学時代の同級生でありながら微妙な上下関係があることが31日、北海道警の調べで分かった。

 これまでの調べで、長男は30万円を渡す約束で母親殺害を依頼。結果的に現金の受け渡しはなかったものの、友人の少年は長男宅の包丁で殺害を実行したとされる。

 友人の少年は「金が欲しかった」と話している。だが、たとえ金が欲しかったとしても、殺害の依頼に応じたのは常識的には考えられない行動。道警は、依頼に応じた背景に長男が友人の少年に対し影響力があり、友人の少年が断れなかったとみて学校関係者などから詳しく事情を聴いている。
[PR]
by miya-neta | 2006-08-31 06:58 | 社 会
Sankei Web 政治 (08/31 02:24)


 安倍晋三官房長官は30日、政権構想の柱となる「教育再生」の一環として、国公立大学の入学時期を9月に変更し、高校卒業から大学入学までの間に社会奉仕活動を義務付ける改革案の検討を始めた。安倍氏は子供の学力向上だけでなく、教育を通じたモラルの回復が不可欠だとみて、こうした改革が必要と判断。首相直属で設置する「教育改革推進会議」(仮称)で、具体案を取りまとめる。
 安倍氏は9月1日に発表する政権構想で、「教育再生」を憲法改正と並ぶ柱に据える方針。政権構想では改革の詳細案を明示しないが、政策論争を通じて入学時期変更の必要性を問題提起する構えだ。

 大学入学の時期は各大学が決定しており、強制的に9月に変更するには学校教育法などの改正が必要になる。また、4月が新年度の開始となる社会的な慣習とずれることや、本来ボランティアである社会奉仕活動の義務化には抵抗も予想される。安倍氏は「法改正も検討している」(周辺)とされるが、教育改革推進会議の場で有識者と検討を進める考えだ。

 安倍氏は近著で「みんなが助け合いながら共生する社会をつくりあげるためには、たとえ最初は強制であっても、まず若者にそうした機会を与えることは大きな意味があるのではないか」と強調。社会奉仕活動を教育の一環として行うことでモラルの改善に役立つとの認識を示している。また、入学時期を欧米と同じ9月に変更すれば、海外留学の促進にもつながる。

 大学の入学時期をめぐっては平成12年、森喜朗首相(当時)の私的諮問機関「教育改革国民会議」がまとめた最終報告で、「9月入学を推進する」と提言。筑波大や早大など一部の国公立大、私大では秋季入学を実施している。

 安倍氏はこのほか、学力向上策として、教員の免許更新制度の導入や民間人の積極的な登用、学校の管理運営や生徒指導の状況などを第三者機関が評価する「学校評価制度」などを提唱している。こうした改革案も改革推進会議で検討する見通しだ。

(08/31 02:24)
[PR]
by miya-neta | 2006-08-31 02:24 | 教 育
今日の話題:MSN毎日インタラクティブ


 ヤマト運輸は30日、インターネット・オークションで落札した商品の受け渡しと決済を匿名で行える「オークション宅急便」の取り扱いを11月中旬から開始すると発表した。出品者と落札者がヤマトのホームページに氏名や住所、口座番号などを登録し、同社が両者の個人情報を管理することで、出品者、落札者は互いに相手に情報を知られずに済む。

 オークション成立後、出品者が同社のホームページに金額や商品名などを入力。落札者がその情報を確認後、代金がいったん同社に引き落とされる。商品到着後、落札者が中身を確認し、問題がなければ、出品者の口座に代金が振り込まれる。

 当面は落札者がネットバンキング利用者である場合に限られるが、来年1月以降は、クレジットカードでの決済や、商品受け取り時に配達員に直接代金を預けることも可能になる。【小倉祥徳】

毎日新聞 2006年8月30日 21時30分
[PR]
by miya-neta | 2006-08-30 21:30 | 経 済
話題:MSN毎日インタラクティブ


 宮内庁は30日、オランダのアペルドールンで静養している皇太子ご一家の23~30日の様子を発表した。31日帰国する。

 ご一家は23日、滞在先のヘット・アウデ・ロー城で、雅子さまの両親で国際司法裁判所の判事としてハーグにいる小和田恒夫妻とスイスに滞在中の妹夫妻と夕食を共にした。24日は市内の動物園へ、25日にはハーグに向け出発。小和田夫妻宅に愛子さまを預けた後、ご夫妻で国際司法裁判所を見て回り、美術館ではベアトリックス女王と一緒に絵画を鑑賞した。

 野村一成・東宮大夫は「ご一家の静養は、好意的に報道された」と語り、今後の雅子さまの公務については「静養には医師も随行しており、相談しながら判断したい」と語った。

毎日新聞 2006年8月30日 20時31分
[PR]
by miya-neta | 2006-08-30 20:31 | 政 治
Yahoo!ニュース - オリコン


b0067585_22332998.jpg 2006年、世界的な社会現象を巻き起こした今年最大の話題作、あの『ダ・ヴィンチ・コード』が11月3日にDVDでリリースされることが明らかになった。映画は大ヒットを記録しさまざまな話題を喚起。まさに一大ムーブメントとよべる動きをみせていたが、このDVDもまた新たな話題を巻き起こしそうだ。配給元によると「この『ダ・ヴィンチ・コード』DVDを観ないと今世紀最大の謎は完結しない」という( ジャケット写真はこちら )。

 というのは、ロン・ハワード監督は、原作/製作総指揮のダン・ブラウンと共に映画の中に暗号を仕掛けていたのだ。その映画本編に存在する隠されたコード(暗号)が、セルDVD、セルDVDボックスのみに収録された映像特典で明らかになるという。
 それぞれ、ロン・ハワード「一度見ただけでは気づかないだろう」、ダン・ブラウン「目を凝らせば分かるものもあれば、映像を止め史料を調べて初めて理解できるものもある」とコメントしている。

 さらに、DVDボックスでは、映画本編にはない約25分の追加映像を収録(計約174分)。新たな『ダ・ヴィンチ・コード』の世界が明らかになる必見映像となる。
 この秋、今度はDVDで『ダ・ヴィンチ・コード』が再び旋風を巻き起こしそうだ。


(オリコン) - 8月30日19時8分更新
[PR]
by miya-neta | 2006-08-30 19:08 | 芸 能
東京新聞


 北海道稚内市の病院臨時職員の女性(46)が自宅で刺殺された事件で、稚内署捜査本部が二十九日殺人の疑いで逮捕した女性の長男で同市内の高校一年の少年(16)は今春、中学卒業を間近に控えた卒業文集に「父親と同じ海上自衛隊に入りたい」と父へのあこがれの気持ちを記していた。ところが、調べに対し、父親を殺害する計画についてもほのめかす供述をしているうえ、「母が父親をかばったので憎くなった」と述べたとされ、捜査本部は、親への思いの変遷など動機の解明を急いでいる。

 調べによると、逮捕された長男は、同じく殺人容疑で逮捕された同市内の別の高校一年の少年(15)に数週間前、母親殺害の成功報酬として現金四十万-五十万円の支払いを約束したものの実際には支払っていなかった。逮捕で受け渡しができなかったとみられる。

 捜査関係者らによると、友人が実行役だったとみられ、捜査本部は計画的犯行の疑いが強いとみている。

 また、捜査本部によると、動機について長男は「離婚した父への不満を漏らすと、母がいつも父親をかばったので憎くなった」と供述。約三年前に両親が離婚し、神奈川県から母親の実家がある稚内市へ引っ越してきていた。長男は、母親を殺害した後、父親も殺すつもりだったとも供述しているという。

 卒業文集では、一時家出し、離婚した父親のいる神奈川県に身を寄せていたことについて「親や周りの人たちにとても心配をかけてしまった」と謝罪。その上で「海上自衛隊に入りみんなの町や人を守れるような人間になりたい」と決意を記していた。

 ■「人気者がなぜ」殺害依頼に驚き

 明るく人気者だった長男が金で母の殺害を依頼したのは、働きながら学校に通っていた中学校の同級生だった。

 二人は稚内市内の同じ中学校を今春卒業。中学校の校長(60)は「長男が家でもめていたという話は聞いていない。正直言ってなぜこんなことになったのか分からない」と話した。

 長男の高校では二十九日朝、校長が全校集会で生徒に事件について説明。同校の教頭(51)は「リーダーシップがあり、何でも一生懸命に取り組むまじめな子だった。(事件は)考えられない」と話した。

 長男は柔道部に所属し、入学以来、遅刻や休んだことはなかったという。同じクラスの女子生徒は「クラスでも人気者で、こんなことをする人には見えなかった。ショックです」とつぶやいた。

 一方、長男の友人が通う高校の校長(56)は「定時制の生徒で昼間はアルバイトをしていたと聞いた。遅刻もせずに頑張っていた。なぜあんな子が…」と戸惑った。
[PR]
by miya-neta | 2006-08-30 16:54 | 社 会
asahi.com:社会


2006年08月30日14時42分

 北海道稚内市の病院パート職員の女性(46)が刺殺され、長男(16)と友人(15)が殺人の疑いで逮捕された事件は、道警捜査本部のこれまでの調べで、両親の離婚に不満を持った長男が30万円で友人に母親の殺害を依頼したとされる。だが、強盗に見せかける周到さの半面、周囲に簡単に気付かれる可能性もあったと見る捜査関係者も少なくない。犯行には稚拙な点も多い。供述も二転三転しており、多くの疑問が残っている。

 道警の調べでは、長男の両親は4年前に離婚。住んでいた神奈川県から、母親の出身地の稚内市に移り住んだ。長男は両親の離婚に不満を漏らし、「母がいつも父親をかばったので憎くなった」などと供述しているという。

 だが、「離婚が直接の動機とは理解できない」という捜査関係者も少なくはない。「離婚が事件の根底にあるかも知れないが、ほかに殺害に結びつく直接的な動機があるのではないか」とみて、さらに調べを続けている。

 長男は8月に入って母の殺害を持ちかけ、友人とは事件前日、犯行について打ち合わせをしたとされる。30万円についても、「母の貯金で払おうと思っていた」などと供述しているという。だが、事前の計画にもかかわらず、2人は事件直後から「大変なことをした」とすぐに反省した様子を見せているという。金も実際には払われておらず、単なる口約束だったという。

 殺害方法についてもなぞは残る。友人が母親を殺害していた時、長男は2階の部屋で、音楽を聴いていたとみられている。当初、道警の調べに対して長男は「玄関から金髪の男性が逃げ出すのを見た」などと説明。1階の部屋も暴漢が侵入した跡のように荒らされていた。

 だが、隣の家とは約1メートルしか離れていない。襲われた母親が大声を出したり、外に逃げ出したりすれば気付かれる可能性がある。捜査関係者も「騒がれるのを警戒すれば、就寝中の方が抵抗されない。なぜ風呂上がりを狙ったのか疑問だ」と話している。
[PR]
by miya-neta | 2006-08-30 14:42 | 社 会
Sankei Web 政治 (08/30 10:08)


 下村博文自民党副幹事長は29日、9月の自民党総裁選で安倍晋三官房長官が当選し、首相に就任した場合、首相直属の「教育改革推進会議」(仮称)が設置されるとの見通しを明らかにした。東京都内で開かれた教育基本法改正シンポジウムで語った。
 教育行政の方針は文部科学相の諮問機関である中央教育審議会で審議されてきたが、安倍氏は教育再生を政権の最重要課題と位置づけており、既得権益を排した大胆で迅速な改革のため首相直属機関の設置を総裁選の公約に盛り込む方針だ。


 安倍氏に近い下村氏は「文科省だけに任せずに、かつての教育改革国民会議のような首相主導で教育改革を行う組織を、新政権が発足したらすぐに設置しなければならない」と述べた上で「新政権発足から半年以内に結論を出すくらいのことが必要だ」とスピーディーな審議を訴えた。


 推進会議が設置されれば、安倍氏が主張する(1)学力の向上(2)教員の資質向上(3)児童・生徒が学校を選択し、自治体などが配布する利用券を授業料として納める教育バウチャー制度の導入-などが論議されるとみられる。


 同じく安倍氏に近い山谷えり子内閣府政務官は来賓あいさつで、「推進会議と国民運動の連携が望ましい」と述べ、教育再生に向けたネットワークが必要との認識を示した。

【2006/08/30 東京朝刊から】

(08/30 10:08)
[PR]
by miya-neta | 2006-08-30 10:08 | 教 育
行政:MSN毎日インタラクティブ


 来年の通常国会で人権擁護法案再提出を目指す法務省は、地域で人権相談などにあたる人権擁護委員を日本人に限る方針を固めた。当初案は外国人に門戸を開いていたが、朝鮮総連などを念頭に自民党の一部から「特定の団体の影響力が強まる恐れがある」と異論が出たことに配慮して修正した。30日の与党人権問題懇話会に報告する。

 現在、人権擁護委員は日本人しかなれないが、人権擁護推進審議会は01年、「定住外国人の増加を踏まえ、外国人の選任を検討すべきだ」と答申した。法務省も「外国人の人権擁護に資する」として国籍条項の撤廃を打ち出しており、今回の修正には批判も出そうだ。

 一方、新たな人権救済機関となる人権委員会は、旧法案のまま法務省の外局に置く方針。報道機関の取材を規制する条項の見直しについては、同省とメディア側で意見交換を続ける。

 同法案は、人権侵害の迅速な救済を目的に02年に提案されたが、メディア規制条項などへの批判が強く、03年に廃案になった。政府は同条項を凍結して05年の通常国会に再提出の方針だったが、自民党内から異論が出て見送られた。【森本英彦】

毎日新聞 2006年8月30日 3時00分
[PR]
by miya-neta | 2006-08-30 03:00 | 政 治