「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

<   2006年 10月 ( 120 )   > この月の画像一覧


b0067585_103310100.jpg

[PR]
by miya-neta | 2006-10-28 20:30 | 教 育
話題:MSN毎日インタラクティブ


 私立茨城高校(水戸市)で、3年生の175人が世界史Bの履修不足に当たることが28日、茨城県の指摘で分かった。同校は中高一貫校のため、既に世界史Bを中学3年の時に履修しているが、県からは「高校の取得単位としては認めない」とされたという。同校によると、家庭科なども履修不足に当たる恐れがあるという。同校関係者は「これから補習をしなければ」と困惑している。

 同校はこの日、午前の授業終了後、3年生の生徒全員に、履修不足について説明した。ある男子生徒は「ニュースとともにうわさも広がっていて、履修不足に引っかかるだろうとは思っていた。今後どのように取得するのかは説明がなかった。しようがない」とあきらめ顔で話していた。

 同校は、水戸藩校「弘道館」の学統を継承した名門進学校。今春の卒業生約240人のうち約45%が国公立大に現役合格している。【立上修】

毎日新聞 2006年10月28日 20時29分
[PR]
by miya-neta | 2006-10-28 20:29 | 教 育
教育:MSN毎日インタラクティブ


 全国各地の高校での履修単位不足問題で、受験を控えた3年生にとって最も気になるのが未履修の科目をいつ学ばなければならないのかだ。学校側は、本来履修しなければならない科目に授業を戻したり、放課後や冬休みに補習を行うなど、何とか卒業に必要な単位を取らせようと考えている。だが、受験シーズン直前に補習などを受けなければならない生徒の負担は大きく、受験が一段落した後に補習を行うため卒業式を遅らせることを検討している学校もある。

 情報Aを化学や数学などに振り替えていた群馬県の県立沼田高では、週明けの30日から本来の情報Aに授業を戻す。時間が足りない分は放課後や冬休みに補習を行うという。同校は「時期が遅れれば遅れるほど受験勉強の追い込みと重なるので、なるべく早期に実施したい」と話している。

 山形県の県立鶴岡南高は、世界史の担当教諭が1人しかいないため、ほかの社会科の教諭も世界史の補習を担当するという。また、通常の教科書に基づく授業だけではなく、世界遺産の映像などを見てリポートを作成することなどで補充することも検討している。

 受験日程をにらんで補習の日程を組む学校もある。青森県立の五所川原高は、国公立大学の前期試験が終わる来年2月下旬までは補習は行わない方針。それでも単位取得には70回もの補習が必要となるため、「例年3月初旬に実施している卒業式を13日に行いたい」(山上佳男校長)と27日に保護者に説明した。

 大手予備校の河合塾は「受験生にとってはこれからが最も大切な時期。冬休み中にまとめて補習するといってもセンター試験(来年1月20、21日実施)の直前。生徒に罪はなく、負担にならないよう考慮してほしい。入試が落ち着いてから補習を行うのが一番いいし、課題の提出や自宅学習でも単位が与えられるようにしてほしい」と話している。【まとめ・佐藤敬一】

毎日新聞 2006年10月28日 15時00分
[PR]
by miya-neta | 2006-10-28 15:00 | 教 育
河北新報ニュース


 相次ぐクマ出没で有害駆除件数が多くなったことから、秋田県は県猟友会と各都道府県の猟友会に対し、本年度の猟期(11月15日―来年2月15日)のツキノワグマの狩猟活動を自粛するよう文書で要請した。安定した個体維持を図るためには、狩猟者の協力が必要と判断した。

 同県の自粛要請は初めて。本年度はこのほか、岩手、長野、岐阜の3県も狩猟の自粛を要請しているという。

 秋田県の特定鳥獣保護管理計画では、クマの個体群を安定的に維持するためには1000頭の生息が必要とされている。県内のツキノワグマ生息数は推定で04年度当初に1006頭だったが、05年度当初は805頭に減少。本年度当初は892頭まで増えたとみられる。

 だが、今年はクマが頻繁に出没し、9月末までに196頭が有害駆除された。このままでは来年度当初の生息数も900頭台を回復することはないと見込まれる。

 県は今年3月にクマ出没注意報を発令。本年度のクマによるけが人は現在15人で、同じく出没が頻発した01年度とともに過去最多タイを記録。1月から8月末までに約2740万円の農作物被害が出ている。

 県森林整備課は「人身や農林作物の被害には対処しなければならず、有害駆除は必要。一方でずっと900頭を下回っているのは、個体群維持の観点からは危険だ」と、猟期での協力を求めた。秋田県猟友会の理事会に24日、事前説明して了承を得た上で、27日、関係者に文書で要請した。

 前年度の猟期に、県内では44頭が捕獲されている。県南のある猟友会会長(65)は「狩猟税を払っているのにという声はある。こうも出没すると県が推計する個体数に疑問を投げかける人もいるが、長くクマを捕るなら仕方がない」と話している。

◎親グマ?事故死 子グマ2頭侵入上下線通行止め 大仙・秋田道

 28日午後7時5分ごろ、大仙市協和の秋田自動車道下り線にクマが侵入、乗用車と接触し死亡した。その後、子グマとみられる2頭が上下線を動き回り、秋田県警高速隊員らが捕獲しようとしたが、捕まえられず、大曲―協和インターチェンジ間で上下線を一時、通行止めにした。同隊によると、クマのはいかいで同自動車道が通行止めになったのは初めて。

 東名高速道路では5月、シカ2頭が侵入し厚木―秦野中井インター間の上下線が約一時間半、通行止めになった。
 現場は協和トンネルと西仙北サービスエリアのほぼ中間。

2006年10月28日土曜日
[PR]
by miya-neta | 2006-10-28 10:46 | 社 会
ゲンダイネット


【話題の焦点】

2006年10月27日 掲載

 社保庁のデタラメ年金管理がまた発覚した。年金相談の受け付けを強化した8月下旬からの1カ月間で、ナント2万400件超の記録漏れが見つかったのだ。照会した人の実に2割に上る。ただでさえ負担増&給付減が続くのに、記録ミスでもらえる額が少なくなるなんて許せない。

「本当に大丈夫か」と日刊ゲンダイ本紙記者が実際に試してみた。

「いらっしゃいませ」。まるで銀行のような笑顔で迎えてくれた都内の社会保険事務所。大切なのはサービスより中身だ。「年金手帳はないし年金番号も分からない」と告げると、現住所と名前、本人確認のための免許証などがあれば調べられるとのこと。数分で窓口に案内された。職員がこう言う。

「お名前などから基礎年金番号は分かりました。会社に勤められて以来、厚生年金はきちんと納められています。ですが……27歳までの納付記録が見当たりません」

 ガーン! 恐れていた「空白期間」があっさりと見つかってしまった。保険料を納付した際の領収書を提出すれば訂正されるというが、10年以上前の領収書なんてもちろんない。落胆していると、「当時、お勤めの企業の在籍記録などから、納付記録をお調べします。結果はご自宅に郵送します」と職員。サービス向上のつもりらしいが、照会を求めなければ“記録漏れ”が放置されていたと思うと、背筋が寒くなった。

「記録漏れが生じやすいのは何度も転職している人や結婚などで姓の変わった人です。名前の読み方が複数ある人も要注意。間違って登録されていると、記録が途切れてしまうのです」(事情通)

 記録照会は社保庁のHPからもできるが、少しややこしい。記録ミスで給付額を減らされる前に早めに照会した方がいい。
[PR]
by miya-neta | 2006-10-27 11:19 | 政 治
事件:MSN毎日インタラクティブ


 放火事件に対する奈良家裁の決定を受け、父親の医師が26日、弁護士を通じて報道各社にコメントを寄せた。

     ◇

 この度、私の長男が、大きな事件を起こして社会秩序を乱し、世間をお騒がせしたことを、心からおわび申し上げます。

 これまでコメントは差し控えてまいりましたが、本日、奈良家庭裁判所で、長男に対する審判が下されたことを一つの区切りとして、現在の私の心境を話させていただきます。

 長男のしてしまった事は、取り返しのつかないことで、決して許されることではありませんが、その原因を作り、そこまで追い詰めたのは、紛れもなく父親の私であります。大人の都合で、長男を幼少時より複雑な家庭環境におき、さらに、長男の考えを聴こうともせず、とにかく、いい成績をとり、いい大学に入って、医者になることこそが長男の幸せにつながるという私の価値観を、無理やり、暴力に訴えてまで押し付け、知らず知らずのうちに、精神的な極限状態に追い込んでしまいました。そして、そのことで、何の罪もない妻や二男、長女は、命を失うことになり、長男も、今後長きにわたって罪を償うことになってしまい、結局、今までの人生で築き上げてきた何もかも失ってしまいました。

 今から思うと、どうして、あの時、長男と良く話し合って長男の本当の気持ちを聴き出そうとしなかったのか、どうして、あの時、手を上げて、無理やり、自分の気持ちを押し付けてしまったのかと、後悔することばかりで、自分と関わりを持ったために、みな不幸になってしまったように思え、生きているのが辛くなります。

 亡くなった3人の事を思うと、どうにも涙が止まらなくなりますし、長男のことを考えても、涙があふれてきます。長男のためと言いながら、結局は、親のエゴを押し付けてきただけであったと思います。ですから、亡くなった3人だけでなく、長男もまた私の被害者でした。

 長男には、非常に多くの皆様より嘆願書や励ましの手紙をいただきました。本当にありがとうございます。それらは、その数だけ、私への怒り、おしかりのメッセージだと心に刻み、まず私自身が更生するために、専門家等の助力を得て、人の生き方や人との接し方など一から学び直す所存であります。

 長男も、今回の事件に関し深く反省してくれており、最近では、鑑別所の中で、自発的に勉強を始めて、学ぶことの楽しさがやっと分かったなどと話したり、鑑別所の先生方を信頼し、先生に自分の気持ちを伝え、なんでも相談しているようです。私たち父子の間においても、少しずつ信頼関係を取り戻し、互いの気持ちを分かりあえるよう努力していくつもりです。鑑別所での面会を終えて帰る時、長男が私に握手を求めて、「また面会に来てほしい」と言ってくれていることや、審判の席で、長男が「罪を償った後は、一緒に生活してもいい」と言ってくれていることが、今はせめてもの救いです。

 長男が罪を償うまでの間、父子関係の本来の在り方につき、一生懸命に学ぶとともに、罪を償う長男の更生に今後の人生をささげ、長男と2人で、死ぬまで、罪を背負って生きていくことが、亡くなった妻や二男、長女に対し、私ができる唯一の償いだと思っています。

 皆様には、多大なるご迷惑をおかけして、本当に申し訳ありませんでした。

 平成18年10月26日

毎日新聞 2006年10月26日 19時28分
[PR]
by miya-neta | 2006-10-26 19:28 | 社 会

※画像をクリックすると拡大されます
b0067585_17155328.jpg

[PR]
by miya-neta | 2006-10-26 17:16 | 女 性
事件:MSN毎日インタラクティブ


 奈良県田原本町の医師(47)方で今年6月に母子3人が死亡した放火殺人事件で、奈良家裁は26日、殺人と現住建造物等放火などの非行事実で送致された長男(16)=当時高1・退学=の第4回審判を開いた。石田裕一裁判長は、「殺意は未必的にすぎず、積極的に殺害しようという意図はなかった。父親から長年理不尽な暴力を加えられており、動機に酌むべき点がないとは言えない」などとして、中等少年院送致とする保護処分を決定した。期間については「長男の更生と、父親との関係改善のため、相当長期の処遇が必要」とした。決定に対する抗告がなければ、少年院で、広汎性発達障害の個別ケアも含め、更生に向けた教育を受けることになる。

 決定は、父親の行動について、しつけや学習指導の限度をはるかに超えた虐待とも言うべきものだったと指摘。長男が孤立感や無力感を深め、父を殺害して家出を決意した、としている。

 また幼いころに実母と生別し、父親から医師になることを過剰に期待された成育環境についても触れ「長男だけにすべての責任を負わせることは相当ではない」とした。

 処遇をめぐっては「厳格な規制の下にある刑務所では、父親による養育環境と相似形になるおそれがある」として少年院を選択した。長男に対し、情緒性や社会性を獲得させる必要性を指摘。さらに、「暴力を加えていた父親の抱える問題性は大きい」として「長男との関係改善に相応の期間を要する」とした。

 決定などによると、長男は幼少期から父親の暴力を交えた厳しいしつけを受けた。6月初旬の中間テストで、英語の結果が悪かったためついたうそが父親にばれることを恐れ、6月20日午前5時ごろ、自宅1階の台所などにサラダ油をまいて火をつけ、2階で寝ていた母(当時38歳)、二男(同7歳)、長女(同5歳)を一酸化炭素中毒死させた。【高瀬浩平、花沢茂人】

 ◇付添人弁護士の話

 更生可能性を適正に判断した的確な決定だ。中等少年院でも発達障害の更生は可能と決定書で触れており、不満な点はない。

 ◇西浦久子・奈良地検次席検事の話

 検察官の意見がいれられず、残念である。上級庁と協議して抗告受理申し立てするか否かを検討する。

==============

 ■ことば

 ◇広汎性発達障害

 自閉症、アスペルガー症候群など自閉性障害の総称。先天的な脳機能障害とされ、他人の意図を読めず、うまくコミュニケーションできない▽想像力に障害があり、情緒的理解や抽象的思考が苦手▽自分の興味、関心に執着する--などの特徴がある。雰囲気を察知したり、相手の表情から内心を読み取るのが難しく、社会適応に訓練が必要とされる。

毎日新聞 2006年10月26日 東京夕刊
[PR]
by miya-neta | 2006-10-26 15:00 | 社 会
NIKKEI NET:社会 ニュース


 JR静岡駅(静岡市葵区)で25日、通過中の東海道新幹線「のぞみ61号」に男性がはねられ死亡した事故で、男性はJR東海静岡支社の社員(31)だったことが静岡県警静岡中央署の調べでわかった。同署はこの男性がホームから線路に飛び降りたのを駅員が目撃したことから自殺とみて調べている。この事故で東海道新幹線は約2時間にわたり運転を見合わせ、計約16万4000人に影響が出た。

 JR東海によると、男性は同駅前にある静岡支社で団体旅行の指定席の予約業務などを担当。この日は自宅近くの三島駅(同県三島市)から同新幹線で通勤する途中だったとみられるという。男性社員は今月20日と事故前日の24日に風邪で会社を休んだ。最後に出社した23日は「風邪気味」と話す以外、特に変わった様子はなかったという。

 ダイヤの乱れは夜まで続き、午後10時までに上下線計38本が運休、計205本が最大で約3時間50分遅れた。 (07:00)
[PR]
by miya-neta | 2006-10-26 07:00
教育:MSN毎日インタラクティブ


 長崎県佐世保市の久田学園佐世保女子高校(久田順子校長)は、来春の入試で「箸(はし)の持ち方」を検査項目に取り入れることを決めた。生活習慣や、食べることに対する最低限のマナーが身についているかを見ることが狙い。合否判定に一定程度反映させる。内閣府食育推進室は「そういう出題例は聞いたことがない」と話している。

 来春募集する新1年生は普通科の40人。一般入試と推薦入試を実施するが、一般入試は「数学、国語、総合問題」、推薦入試は「面接、作文」に加えていずれも「箸の持ち方」を設けた。試験時間は3分程度。箸で豆をつまんで移動させるなどさせ、「持ち方が適切か」「スムーズに使いこなせているか」を試験官がチェックする。【小野英行】

毎日新聞 2006年10月26日 3時00分
[PR]
by miya-neta | 2006-10-26 03:00 | 教 育