「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

<   2007年 08月 ( 116 )   > この月の画像一覧

学校教育|教育・福祉|Sankei WEB


 文部科学省は31日、中学校の学習指導要領の改定について、(1)現在の1週間の授業時数を1時間増やし29時間にする(2)自由に授業科目を設定できる「選択教科」と教科横断的な「総合的な学習の時間」(総合学習)を削減(3)国語や数学などの主要教科の授業時数を1割増やす-とする素案をまとめた。これによって小学校と同様、批判の多かった「ゆとり教育」が転換されることとなる。

 同日午後に開かれた中央教育審議会教育課程部会の中学校部会(主査・市川伸一東大教授)に素案を示した。

 平成14年に始まった現行の指導要領では、「ゆとり教育」の弊害として国語、社会、数学、理科、外国語(英語)の主要教科の基礎基本が身についていないと指摘されていた。また、選択教科の標準時間数が2年では週1.4~2.4時間(1時間は50分)などと小数単位で設定されているため、学校側は年に数回、時間割の変更を迫られたり、複数の時間割を使うなど現場の不満が大きかった。

 素案によると、全体的な授業時数を週1時間(年間35時間)増やす。内訳は総合学習を週1時間縮減し、選択教科も一定の割合で減らす。逆に、英・国・数・理・社に体育を加えた授業時数は3年間で1割弱(約200時間)増やす。

 教科別では、国語と社会は3年、数学は1、2年、理科は2、3年を中心にそれぞれ増加。外国語は文法や語彙(ごい)を充実させ、全学年で授業時数を増やす。体力低下を克服するため、保健体育も各学年で増やす方針。

 各教科の授業時間も時間割を年度途中で変更するなどの不都合をなくすよう設定する。

 授業時数の増やし方は教育委員会や各学校に任せるとしている。1時間の授業時間を現在の50分間から短縮させることで総授業時数を増やすほか、朝や放課後の読書活動、ドリル学習などこれまで授業数にカウントしていなかった時間を算入したり、夏休みや冬休みを短縮して増やすことも可能であることも明示する。

(2007/08/31 13:50)
[PR]
by miya-neta | 2007-08-31 13:50 | 教 育
小学校:MSN毎日インタラクティブ


 児童を犯罪から守ろうと、高石市は10月から、児童の登下校をICタグで確認する防犯システムを導入する。同市によると、市町村単位での同システム導入は全国初。

 市内の7小学校に通う全児童3750人に、ICタグを配布し、ランドセルなどにとりつけてもらう。児童が登下校の際、校門を通過するとセンサーが感知して、情報が職員室のコンピューターに送信され、記録される仕組み。同時に監視カメラも設置し、不審者の出入りもチェックする。

 希望する保護者には月額250円の負担で、校門通過情報をメール配信する。

 大手通信企業から社会貢献活動の一環として、今年6月申し出を受け、導入を決定。導入費用は同社がすべて負担する。同市教委は「通学の安全、安心が、より図られるものと期待している」と話している。【高田房二郎】

毎日新聞 2007年8月31日
[PR]
by miya-neta | 2007-08-31 08:49 | 教 育
asahi.com:暮らし


2007年08月30日21時04分

 文部科学省は30日、学習指導要領改訂の基本的な考え方と小学校の教育課程の枠組み素案を、中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の教育課程部会と小学校部会にそれぞれ示した。小学校では、主要教科の授業時間を約1割増やし、高学年で「英語(外国語)活動」を週1コマ(45分)程度設け、現行指導要領から導入された「総合的な学習の時間」(総合学習)は週1コマ程度減らす――という内容。小学校部会は、素案をおおむね了承し、教育課程部会も基本的な考え方について合意した。

 小学校の授業時間は77年に告示された指導要領から減少傾向で、素案が正式決定すれば、これ以来の方針転換となる。教育課程部会が合意した「基本的な考え方」では、中学校の必修教科の授業増を提案しており、中学校でも小学校と同様の方向で指導要領の見直しが進むことになりそうだ。中教審は年度内の改訂を目指して作業中。早ければ、11年春から施行される。

 素案は、(1)小学校低学年では、学力の基礎を培う国語、算数、体づくりのもととなる体育を増やす(2)中学年では、これらの教科に加え観察・実験を行うため理科を増やす(3)高学年では算数、理科を重視(4)社会についても中高学年で若干増やす――が主な内容。

 総合学習などで教えられている英語については各校で取り組みにばらつきがある。このため、「教育の機会均等の確保や中学校との円滑な接続の観点」から、高学年で「英語活動」を新設し、週1コマ程度を全国一律に実施する。

 逆に、3年生以上の総合学習で期待されている「知識を活用して考える力の育成」は、授業時間を増やす各教科で充実が期待されることや、「英語活動」の時間を新たに確保する必要があるため週1コマ程度減らす。

 こうした増減の結果、授業時間の合計では、低学年で週2コマ、中高学年で週1コマ程度増える。

 一方、文科省は教育課程部会に示した「基本的な考え方」で、思考力や判断力、学習意欲、学習や生活の習慣、体力などに課題があると指摘した。

 「生きる力」を育成するには、実験・観察やリポートの作成、論述などの学習活動を充実させ、思考力や判断力などをより高めることが必要と判断。このため、必修教科の授業を増やし、総合学習や中学の選択教科を減らす方向で、年間授業時間の増加を検討する必要があるとした。

 改訂の基本的な考え方は、現行の指導要領が掲げる「生きる力」の育成を引き続き目指すものだ。「ゆとり教育」の理念を残し、「達成するための手法として授業時間を増やした」と文科省は説明する。
[PR]
by miya-neta | 2007-08-30 21:04 | 教 育
asahi.com:暮らし


2007年08月30日19時03分

 「1円携帯」を生み出す値引きの原資になる「販売奨励金」が利用者にとって不透明との批判があることから、総務省は奨励金の会計処理に関する規則を今年度中に改正する方針を固めた。奨励金の実態を開示するよう携帯電話会社に促し、利用料金の高止まりの一因と指摘される奨励金の削減につなげる狙いもある。

b0067585_22142873.jpg 「1円携帯」の仕組み

 携帯各社は、現行の会計規則に基づき、端末の販売を促すための奨励金を端末販売に関する収支に含めず、通信事業に関する経費として計上している。端末販売と通信の収支の区分があいまいになっているため、総務省は、端末を安売りする原資にあたる奨励金は通信の収支と分けて計上させるよう会計規則を改める。端末代と通信料を明確に区別して、ガラス張りにする狙い。29日の研究会で、携帯電話各社のトップからも強い異論は出ず、08年度から施行する方向だ。

 この改正で携帯各社の端末販売の収支が大幅な赤字に陥っている実態が浮き彫りになり、各社が奨励金の削減に動き出すと総務省は期待する。端末販売に関する費用が通信の経費から除かれるため、通信事業に必要な原価が下がり通信料が下がるなどの効果も見込めるという。

 日本の携帯市場では、電話会社がメーカーから仕入れた電話機を販売代理店を通じて販売し、その際に販売店に奨励金を支払う手法が定着。1円端末が生まれるのはこのからくりがあるためだ。電話各社は、奨励金を、携帯端末の利用者が支払う月々の利用料に上乗せして回収する。端末1台平均の奨励金は、業界平均で約4万円。利用者は平均して2年ごとに携帯を買い替えるため、月額約1700円が上乗せされている勘定だ。

 業界全体の年間の奨励金総額はNTTドコモとソフトバンクモバイルが公開していないため明らかではないが、業界シェア3割弱のKDDIが約5700億円(06年度)で、業界全体では2兆円近い巨額に上るとの見方が多い。

 この額には販売店の利益も含んでいるが、「それを除いて考えても1.6兆~1.7兆円はあるはず」と野村総合研究所の北俊一・上級コンサルタントは推計する。

 総務省は来年度から、会計規則の変更とあわせ、従来と異なる料金制度を携帯各社が導入するよう促す方針。同じ携帯を一定期間使い続けることを前提に通信料と端末代を分け、端末代は分割払いできる料金体系の採用を促す。

 請求書で端末代と通信料の区別を明記するなど利用者への情報提供の見直しも求め、利用者が負担額の内訳を確認できるようにしていく。
[PR]
by miya-neta | 2007-08-30 19:03 | 経 済
札幌圏 北海道新聞


(2007/08/30 14:40)

 【北広島】第三回定例市議会が二十九日開会し、会期を九月二十八日までの三十一日間と決めた後、上野正三市長が行政報告、白崎三千年教育長が教育行政報告を行った。白崎教育長は東部中のいじめ問題について「市民のみなさんに多大なご心配をおかけし、深くおわび申し上げます」と陳謝した。

 いじめ問題について白崎教育長は「学校への指導や助言のほか、生徒や保護者にも理解が得られるように対応してきたが、結果としていじめを受けた生徒やこれを訴えた生徒は不登校や転校となった」と市教委の不手際を認めた。その上で「学校と十分連携を図りながら、いじめ根絶に向け、最善を尽くしたい」と述べた。

 また、一部の保護者から反対意見が出ている北広島団地地区にある四小学校の統合について、教育長は「(統合により)児童にとってより良い教育環境を整えることができる」と、市教委の方針をあらためて説明。「今後も説明会を開催し、保護者、地域の方々の理解をいただき、学校統合を進めたい」との考えを示した。

 市の提出議案は、総額一億三千十二万円の本年度一般会計補正予算案や、使用料の値上げに伴う市福祉センター条例の一部改正案など八件で、各常任委員会に付託された。また、監査委員に曽根勇治氏、教育委員に村山邦彦氏をそれぞれ再任するなど三件の人事案件に同意した。本会議は十日に再開し、十二日までの三日間、一般質問を行う。(能正明)
[PR]
by miya-neta | 2007-08-30 14:40 | 教 育
学校教育|教育・福祉|Sankei WEB


 学習指導要領改定の作業を進めている中教審は30日、小学校3年生以上で週3時間程度実施している「総合的な学習の時間」を週1時間程度減らし、国語、算数、理科、社会などの各教科の授業時間数を増加、小学校高学年で週1時間程度英語の授業を実施することを柱とする素案をまとめ、専門部会に提示した。

 素案によると、総合学習の授業時間削減の代わりに、表現力、思考力などについては、各教科の授業内容を改善することで強化を図る。国語、算数、理科、社会などの各教科を学年に応じ増加させることで、全体の授業時間数を約10%、年間で約350時間増加させる。

 中教審は、30日午後にこの素案を基に審議を進め、10月中にも学習指導要領改定に向けた中間報告をまとめる方針。

 ■総合的な学習の時間 ゆとり教育の実施に伴う授業時間や教科の削減に合わせ、地域の特色や子どもの興味を生かしながら学ぶ教科横断型のテーマ学習として設けられた。自ら課題を見つけて解決する能力を育てることを狙い、小中学校で平成14年度から、高校で15年度から導入。教科書はなく、国際理解や情報、環境、福祉などさまざまなテーマで、グループ研究やディベート形式で行われるケースもある。

(2007/08/30 14:15)
[PR]
by miya-neta | 2007-08-30 14:15 | 教 育
時事通信出版局|教育関連ニュース アーカイブ


2007年08月29日20時46分

 教育基本法と教育改革関連3法の改正で、法整備が一段落したため、「次は予算ラウンド」というのが文科省の一致した見解だ。特に、公立小中学校の教職員増員要求が焦点になる。そうした状況下、予算獲得に強い意欲を示す伊吹文明文科相の留任が決まり、義務教育を所管する初等中等教育局から、歓迎の声が上がった。

 改正教育基本法で、教育分野で初の5カ年計画となる「教育振興基本計画」の策定が定められた。08年度が初年度となるため、「08年度予算は非常に重要」(初中局幹部)であり、予算獲得について財務省に対しても強気の姿勢を崩さない伊吹文科相への期待は高い。

 伊吹文科相の旗振りで、文科省がかつてないほど強気で推し進めようとしているのが、公立小中学校の教職員増員要求。08年度予算概算要求には約7000人増を盛り込み、児童生徒の減少に伴う自然減1900人と差し引きで、約5000人の純増を目指す。

 公務員の総人件費改革で、最大ターゲットとなった教職員については、「自然減を上回る削減」という厳しい規定が行革推進法に設けられており、増員自体が思い切った要求とも言える。それが「5000人純増」というのは、「役人ではできない要求だ」(初中局幹部)という。

 これに対し、財務省側は「教育を考える際には、実証性が必須。教育の課題は物量投入の問題なのか」(主計局)などと真っ向から切り捨て、増員を認める気配はない。教育改革3法改正で主幹教諭が制度化されたことなど、「教育重視」の安倍内閣が進めてきた政策を根拠に予算確保を目指す文科省側とは主張は平行線をたどっており、年末の予算編成で、どのように帰結するのか予想はできない。

 08年度予算案が決まれば、同省は、教育振興基本計画を閣議決定する方針で、中央教育審議会(文科相の諮問機関)が同計画に盛り込むべき内容を議論している。

 このほか、学習指導要領の改定も大きな課題。同審議会が10月中に中間報告、08年1月に答申を取りまとめる計画で審議を進めている。指導要領改定では、学力向上のための授業時間数増や小学校英語必修化などが焦点。いわゆる「ゆとり教育」の見直しで、授業時間数は増やす方向だ。それに伴い教員数の確保が必要となるため、こちらも教育予算が中長期的に大きな課題になりそうだ。(了)
[PR]
by miya-neta | 2007-08-29 20:46 | 教 育
学校教育|教育・福祉|Sankei WEB


 毎年この時期、前年度認定の「指導力不足教員」が発表される。

 平成12年度の65人に始まり、17年度には506人に達したわけだが、この「数字」に首をかしげるのは私だけではあるまい。

 全国の公立学校教員およそ90万人中の500人というのは、わずか0.06%だ。この程度で、果たして世間が騒ぐのか、である。常識で考えてみればいい。歩留まりが99.94%を超える工場が問題視されるか。余程のことがない限り、問題視されるわけがない。

 しかし、0.06%の「指導力不足教員」は問題視されているのである。理由は決まっている。本当はたった500人程度のはずがないからである。ここにもそこにもあそこにも問題教員がいるから、こんなに騒がれているのである。

 多くの教員は頑張っている。私の周りにも、夜の8時、9時まで教材研究や指導プランづくりに励んでいる教員がいる。本当に頭が下がる。

 しかし、学級経営ができない、授業が成立しない、行事や問題行動などで生徒の指導や対応が満足にできない、にもかかわらず改善の努力もしないという「指導力不足教員」が、私の現場感覚ではおよそ20人に1人はいる。約5%。

 これは、世間の実感と大きなズレはないはずである。工場で5%も不良品が出れば、これは問題だ。「指導力不足教員」が全国に4万5000人もいれば、世間も大騒ぎするはずである。

 年代別では40代以上が認定者の8割だ。だが、この数字にだまされてはいけない。彼らは、過去に自己研鑽(けんさん)を怠ってきたツケが回ってきているに過ぎない。

 30代以下は若さが未熟さをカバーしているだけだ。不勉強な20代、30代は「指導力不足教員」予備軍なのである。

 このような状況の解決のために、何が問われるべきなのかである。

 一つは教育委員会の「採用力」である。「指導力不足教員」を採用してしまった責任から逃れることはできない。

 学校現場には「期限付き教員」と呼ばれる臨時採用者がいる。その中には、中学3年の学級担任までこなす力量のある教員も少なくない。

 一方では、組合活動にばかり熱心で、「心の教育」という言葉にかみついたり、学級担任や中学3年の授業を安心して任せられなかったりする正採用の「指導力不足教員」が少なからずいる。

 「指導力不足教員」が採用され、力のある臨時採用者が合格できない教員採用選考検査は見直さねばならない。

 もう一つは管理職の「育成力」である。職員団体との難しい状況もあろうが、若い教員への厳しい指導を遠慮してはいなかったか。私も含めて反省する必要がある。

 「指導力不足」だけが俎上(そじよう)に載せられ、「採用力不足」や「育成力不足」が問われないのでは、この問題は永久に解決しない。紙幅が尽きた。「ならば、どのようにすればいいのか」という具体的な提案は、別の機会にさせていただく。


     ◇

 長野藤夫(ながの・ふじお) 民間企業勤務を経て中学教諭に。TOSS中学網走みみずくの会代表。『「美しい生き方」を中学生に自覚させる』など道徳や国語教育に関する著書多数。

(2007/08/29 14:42)
[PR]
by miya-neta | 2007-08-29 14:42 | 教 育
子どもの悩み : 地域ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


 「おもしろい人だった」と小学生が嘆く。2時間以上にわたるリンチの末に、函館市の公園で命を落とした函館大有斗高3年、佐藤智也さん(18)は、児童館で子供と遊ぶ世話好きな少年だった。中学時代は、素行のよくない生徒から教員が守ってくれていた。それなのに、高校に進んでからもつきまとわれる関係が続いていた。「保育士になったら」と周囲に勧められていた高校生の将来を、無軌道な暴力が消した。

 佐藤さんが26日夜、最初の暴行を受けた富岡中央公園の近くに、函館市富岡児童館がある。佐藤さんは小学生のころからここに来ていた。「大きくなってからは、クリスマスやもちつきなどのイベントで、準備や片付けをやってくれた。子供と遊んでくれて明るく、いつも笑いを振りまいてくれていた」。青木靖典館長は28日、そう話した。児童館の職員も「保育士になったらどうだろう」と声をかけていたという。

 公園にいた小5男子は「おもしろい人だった。児童館でも優しくて、いつも元気で明るかった。お菓子をくれたし、鬼ごっこをして遊んでもらった」と話した。

 だが、別の小5は言う。「一緒にいる人から、砂をかけられていたが、『やめろ』と言いながら笑っていた」。嫌がらせを受ける姿も、子供たちは見ていた。

 犬の散歩を毎日している主婦(56)は、5~6人の少年と佐藤さんが一緒にいる姿をいつも目撃していた。

 「だらっとした姿の友人とあの子(佐藤さん)がなぜ一緒にいるのか、よくわからなかった。子供好きのあの子がこんなことになって……。許せない」

 佐藤さんが通っていた中学校の教頭によると、佐藤さんはあまり積極的に友だちを作るタイプではなかったという。1、2年のころ、喫煙や万引きなどの問題行動のある2、3人の生徒に佐藤さんが近づいたことがあった。心配した教員が、佐藤さんをこの生徒から引き離した。佐藤さんは非行に走ることはなかった。

 卒業の際の生徒会誌に、佐藤さんは、「高校に行っても頑張ります」と一行だけ書き残していた。

 佐藤さんの在校中の校長は「佐藤さんがいじめられていたという報告も受けておらず、この学年は先生の指導もあって大きな問題がなかった」と話している。

 だが、逮捕された元同級生らは、「日ごろからいじめていた」と供述している。函館西署は、教員の目の届かないところで、いつから佐藤さんがいじめられていたのか、調べている。

(2007年8月29日 読売新聞)
[PR]
by miya-neta | 2007-08-29 11:19 | 教 育
エキサイトニュース


[ 共同通信 2007年08月29日 10時08分 ]

 ガリーナ・ジュガシビリさん(旧ソ連最高指導者スターリン共産党書記長の孫娘)タス通信によると、27日、モスクワで死去。同通信などは69歳と伝えているが、生年に諸説がある。死因は明らかにされていないが、長期にわたり重い病を患っていたという。スターリンの長男ヤコフ氏の娘で、モスクワ大を卒業し、文学修士の学位を取得。ロシア作家同盟のメンバーだった。(モスクワ共同)
[PR]
by miya-neta | 2007-08-29 10:08 | 国 際