「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

<   2008年 01月 ( 56 )   > この月の画像一覧

教育 北海道新聞


(2008/01/31 23:03)

 政府の教育再生会議(野依良治座長)は三十一日、福田康夫首相が出席する総会を首相官邸で開き、最終報告を決定した。これまでの第一次-第三次報告の実施状況を評価する新たな会議を内閣に新設することが柱。提言を受けた首相は「提言の実現、フォローアップに取り組む。新しい会議を内閣に設置したい」と表明した。同会議は解散し、政府は二月中にも後継会議を発足させる方針だ。

 最終報告では《1》道徳教育「徳育」の教科化《2》夏休みや土曜日の活用による授業時間増《3》教育現場の「悪平等」の排除-などこれまでの提言の実行をあらためて要請。文部科学省などに対し、「実施計画を作成し、提言のを着実に実行することが必要だ」と求めた。

 また、新会議が実施状況を点検する際に留意するチェックリストも添付した。「直ちに実施に取り掛かるべき事項」として、徳育の教科化や社会人教員の大量採用、英語授業の大幅増加や九月入学促進による大学・大学院改革など二十七項目を列挙。「検討を開始すべき事項」として、小中一貫校や飛び級による「六・三・三・四制」の弾力化や、めりはりある教員給与体系の実現なども求めた。

 同会議は二○○六年十月、当時の安倍晋三首相が、政権の最重要課題に掲げる教育再生を官邸主導で実現するため設置。学力と規範意識の向上を目指し、昨年一月の第一次報告で「ゆとり教育見直し」を打ち出した。

 昨年六月には、徳育の教科化などを求める第二次報告をまとめた。福田内閣では、十二月に第三次報告を提出し、六・三・三・四制の弾力化などを提言した。
[PR]
by miya-neta | 2008-01-31 23:03 | 教 育
西日本新聞


 いじめなどに悩む子どもたちの相談を受け付ける専用電話「チャイルドライン」の設置を目指すボランティア団体「チャイルドラインくまもと」(熊本市)が2月11日に発足する。「子どもたちを1人でも救いたい」と相談員のボランティアを募っている。

 チャイルドラインは福岡や長崎など全国33都道府県で61団体が設置しており、特定非営利活動法人(NPO法人)「チャイルドライン支援センター」(東京)が取り組みをサポートしている。県内では大津町のボランティア団体「おおづ子どもサポネット」が町内を中心に既に活動しているが、チャイルドラインくまもとは県内全域を対象にする。

 不登校の子どもたちの親などでつくる「フレンズネットワーク」(熊本市)の事務局長の藤岡耕子(たかこ)さん(53)が1年前、チャイルドライン設立の引き受け手が少ないという報道に触れ、団体設立の運動を開始。藤岡さんが代表となり、高校教諭や他県での相談ボランティア経験者など計6人で設立準備を進めている。

 藤岡さんは「悩みを抱えているのに相談できない子どもたちがたくさんいる」と一例を挙げた。藤岡さんの知人の子どもは学級崩壊が起きた中学校でいじめに巻き込まれ、不登校になった。この中学生は苦しい胸の内を親に打ち明けるまでに1年もの時間を要したという。チャイルドラインでは相談しやすいように匿名で受け付ける。

 2月11日午後1時半から熊本市手取本町の県民交流館パレアで教育評論家の尾木直樹氏を招き発足記念の講演会(入場料1000円)を開く。発足後は行政関係者や心理療法士らを招いて相談ボランティアの養成講座を開き、5月5日の相談開始を目指す。相談を呼び掛けるカードを作製し、学校に配布して周知を図る。


=2008/01/30付 西日本新聞朝刊=

2008年01月30日11時24分
[PR]
by miya-neta | 2008-01-30 11:24 | 教 育
MSN産経ニュース


2008.1.30 08:10

 教育再生会議の最終報告が近々まとまる。1年4カ月余にわたり、教育基本法改正のもと、知・徳・体育の充実策や教育改革関連3法、30年ぶりのゆとり教育の見直し、いじめ問題や指導力不足教員の対応策の提言など改革のエンジン役を果たせたと思う。

 教育再生は地域再生と家庭教育支援と一体であり、政策が複数の省庁にまたがることから、予算案作りは「骨太方針」を中心に省庁の壁を越えてなされ、教育の地域間格差をなくして、今後、教育環境を変えていくものと考える。

 抽象的教育論を延々と繰り返す間に子供たちは大人になってしまう。実態調査と結果の分析により、スピーディーで的確な支援をしなければ、子供たちに申し訳ない。

 43年ぶりに行われた全国学力・学習状況調査で好成績だった秋田県や福井県の取材で、3世代同居率が高く、早寝早起き朝ごはんが行われているという指摘があり“家族”“良い生活習慣”が教育力向上のキーワードにあがった。全国全員に調査を行う必要はないといまだに主張する人もいるが、調査結果を基に改善計画を作り、補習や生活習慣の改善、部活や読書活動の取り組みを保護者とともにスタートさせた教育委員会や学校も多い。視察に行くと先生と保護者が誇らしそうに方針を説明してくださる。教育現場に清新な風が吹き始めた。今が“教育再生元年”だったと振り返られるようになるまでこの動きを止めてはならない。



 福田首相は施政方針演説の中で「故郷や国を愛し、国際的にも十分通用する、明日の日本を担う若者を育てる環境を整えることは、大人の責任です。志を高く持ち、自立してたくましく社会を生き抜く力と、仲間や地域社会とともに生きる心をはぐくむため、学校のみならず、家庭、地域、行政が一体となって、教育の再生に取り組んでまいります…」と思いを述べた。人は家庭と、ふるさとの愛の力なくしては、健やかに有徳の人として育っていくことは難しい。

 子供と地域をつなぐ今年度スタートの「放課後・土曜子どもプラン」は、平成20年度には全国1万5000校で、また21年度には全国の公立2万3000校すべての学校で実施予定となっている。体験学習やボランティア活動を充実させるための「学校支援地域本部」も1800カ所でスタートし、5年後には全公立中学校1万校すべてに設置されるよう進み始めている。芸術、スポーツ、理数科など専門教員配置の予算も計上され、多彩な先生が教育現場に多数入っていくと考える。

 教育再生会議の最終報告をまとめる中で、こうした動きを着実に進めるため、政府に実効性担保の新機関設置を求める議論が出ている。教育再生は、内閣の重要課題として取り組み続けねばならない。同時に、振り返れば日本の良質な教育は道を求める心を持つ謙虚で勤勉な国民性に支えられてきたところが大きい。

 多くの教員は地道に努力されている。仰げば尊し我(わ)が師の恩-ひとつ、恩師の思い出話などをお子さんお孫さんにたっぷり語ってみられてはいかがだろうか。

                   ◇

【プロフィル】山谷えり子

 やまたに・えりこ テレビキャスター、サンケイリビング新聞編集長、中央児童福祉審議会委員、衆院議員を経て参院議員。内閣府政務官などを歴任。1男2女の母。
[PR]
by miya-neta | 2008-01-30 08:10 | 教 育
中日新聞(CHUNICHI Web)


2008年1月28日

 学校での児童・生徒や教師の心の健康づくりを研究している「日本学校メンタルヘルス学会」の定期大会が26、27の両日、各務原市那加桜町の市産業文化センターで開かれ、全国各地から教育関係者ら約200人が参加した。

 県内では初の開催。27日は、保護者の無理難題要求について研究している大阪大の小野田正利教授が、教師と保護者のコミュニケーションのとり方について講演したほか、いじめの解決法を探ろうと、市内の中学生7人が実体験に基づいた本音を討論でぶつけ合う試みがあった。

 討論では「いじめに加担しないことで、いじめられることが怖い」「教師は立場上『いじめはいけない』という建前をくずせない。いじめる側が相談しても現状打破のための有効な回答は期待できない」などの意見が出された。討論に参加した森陽介君(稲羽中2年)は「言ってよいのかためらうような内容もあったが本音で話すことで建前では分からないいじめの側面が見えたと思う」と話していた。

 (若原隆宏)
[PR]
by miya-neta | 2008-01-28 08:36 | 教 育
河北新報 コルネット 社説


 「せんたく」とはまた思い切った名称をつけた。次期衆院選を国民が政策本位で未来を「選択」する機会にし、それを阻む仕組みや勢力はすべて見直す、つまり日本の「洗濯」をしたいという意味を込めたという。

 政治改革、分権改革の提言に取り組んできた「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)を母体とする運動組織「地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合」が2月3日に発足する。その略称が「せんたく」。発起人で、21世紀臨調の共同代表を務める北川正恭前三重県知事、佐々木毅前東大総長らが20日発表した。

 「せんたく」は、次期衆院選に向けて与野党の国会議員が党派を超えて政策を議論する場を用意する。そこで徹底的に議論して合意できたものは具体的な政策として実施させ、1致しなかったものは各党のマニフェスト(政権公約)に掲げ争点を明確にして衆院選を戦うよう求めるという。

 運動のキーワードは「脱中央集権、脱官僚」「国民の意識改革」だ。既に相当数の国会議員から、議論に参加するという内諾を得ているという。
 その狙いは結構だが、疑問もある。国の政策を決める場が国会を離れ、外部の民間団体が設定した舞台に移っていいのだろうか。国会論議の形骸(けいがい)化をさらに進めてしまうのではないかという懸念がある。

 だが、「せんたく」の認識は違うようだ。北川氏は「各党は衆院選に向けて地方分権、消費者重視、環境政策を掲げているが、政党の看板を背負っているので国会論議が進まない。超党派の議員連合をつくり、党のよろいを脱いで徹底論議をすべきだ」と説明する。昨年の大連立騒ぎのように政策抜きでの離合集散が起きかねないことを警戒しており、あくまで「政策重視」を強調したいようだ。

 また、「せんたく」は議論の場をつくるだけで、衆院選で候補の擁立や推薦など政局につながる動きはしないという。しかし、理念に賛同する議員を結集し、国民に対し政策を軸にした選択を迫るのであれば、その思惑とは裏腹にいや応なく政界再編を促す動きとなろう。

 北川氏は「政治はさまざまな要素で成り立つ。(議論の過程で)権力闘争もあるだろうが、限定はつけない」と話す。政治の現状を見ると、自民、民主の二大政党はそれぞれ安保や税制、環境、道路、地方政策などで党内に違う主張の勢力を抱えて、行き詰まっている。「せんたく」の狙いは案外、その整理、統合にあるのかもしれない。

 国政が「せんたく」の狙い通りに進むかどうかは世論の動向とかかわるだろう。その意味では、注目度の高い東国原英夫宮崎県知事らを発起人に加えたのは、国民にメッセージを発信する方策としてはいいだろう。
 今年は政治改革論議が起きて20年、衆院選にマニフェストが導入されて5年という節目の年だ。「日本の将来を左右する大事な年」(北川氏)の初めに、「せんたく」が提起した新しい運動の行方に注目したい。

2008年01月27日日曜日
[PR]
by miya-neta | 2008-01-27 09:01 | 政 治
静岡 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


県内初チャイルドライン5月開設

著名人らが寄せた子どもへのメッセージに見入る人たち(26日、グランシップで) 藤枝市のNPO法人「静岡家庭教育サポート協会」が、いじめや不登校、引きこもりなど、子どもからの相談を直接電話で受け付ける「静岡ハート・チャイルドライン」を5月から開設する。県内では初めてのチャイルドライン。約1年前から準備をしてきた同協会理事長の志水和子さんは(60)は「子どもたちの喜びも悲しみも共有する心の居場所にしたい」と話している。

 チャイルドラインは子ども専用の相談電話で、1970年代にイギリスで始まった。国内では、97年に東京都世田谷区に初めて開設された。同協会によると、現在34都道府県64団体が活動し、2006年度に受け付けた相談は全国で13万件に上ったという。

 〈1〉秘密を守る〈2〉どんなことも一緒に考える〈3〉匿名でいい〈4〉話すのが嫌になったら、いつ電話を切ってもいい――がチャイルドラインのルール。子どもたちの悩みや考えていることを、そのまま受け止めて共感することで、解決策を自分で見つけられるよう支援する。

 同協会は、県中部地区の主婦らが中心となって92年に結成。藤枝市内でフリースクールを開き、不登校や引きこもりの子どもの自立を支援している。

 26日には、静岡市駿河区池田のグランシップで、女優江角マキコさん、柔道の五輪金メダリスト古賀稔彦さんら著名人が絵馬に書いた子どもたちへのメッセージを展示する「夢メッセージ展」を開き、チャイルドラインの活動をPRした。志水さんは「1人でも多くの人に、チャイルドラインの存在を知ってほしい」と話している。

 開設は5月5日のこどもの日前後を予定。受け付け時間は毎週金曜日の午後5~8時。フリーダイヤルの電話を開設し、同協会で面談による相談などを担当しているボランティアが電話相談に応じる。問い合わせは同協会(054・629・9590)へ。

(2008年1月27日 読売新聞)
[PR]
by miya-neta | 2008-01-27 08:56 | 教 育
MSN産経ニュース


2008.1.26 20:11

 東京都杉並区立和田中学校で進学塾講師による有料授業「夜スペシャル(夜スペ)」が26日、スタートした。自治体などが費用を負担、塾講師が補習などを行う事例は各地で増えているが、成績上位層を対象にした有料授業に都教育委員会からいったん待ったがかかり延期されていた。「ゆとり教育」の失敗で塾に頼らざるを得ない公立校。塾の刺激は学校教育を変える“特効薬”になるか“劇薬”か。(小田博士、村上智博)

 ■塾講師

 「学校の授業よりスピーディーだけど、これなら分かる、分かると何度もうなずいた」。参加した2年の金田優季さん(14)は話す。

 どんな授業なのか。

 この日は英語で、2年約130人のうち男子1人、女子10人が参加。講師は大手進学塾「SAPIX(サピックス)」(東京)からの派遣だ。

 午前9時に始まった授業のテーマは「節分」など日本の伝統文化を外国人に説明するもの。

 男性講師はまず、「Tで始まりTで終わる、Tがたくさんのものは?」。答えは「teapot(ティーポット)」。

 そんな頭の体操の後、文法の説明に入った。

 生徒らの反応を見て回り、「1年後には頭も柔らかくなる」「先にできる問題からやるのが鉄則」…。45分授業が休み時間をはさみ3コマで正午ごろまで。最後に講師は自宅での復習法などをアドバイス。大みそかにも授業がある年間計画が配られると生徒の間からは「紅白がみられない」との声も漏れた。

 剣道部員の原岳史君(14)は「他の塾に通うより授業料が安く、部活動が終わった後にすぐ参加できるのは魅力。家で勉強するよりはかどる」。授業を見学した女性の教員(23)は「途中でクイズを出したり、雑談を挟んだりと、生徒の側に立った授業で、参考になった」と話した。

 参加生徒の保護者代表、金子純代さん(43)は「塾に行かせたい時期だったのでタイミングがよかった。一般の私塾に通うより受講料は安く、経済的で安心して任せられる」と期待を寄せる。

 ■「浮きこぼれ」

 学校と塾は長い間、互いに批判する対立関係にあったが、生涯学習審議会(当時)が平成11年、連携を促すよう答申、塾の補完的役割を認めた。

 ゆとり教育が学力低下の不安を呼んだのと並行し、塾に通う子供は増え、昨年行われた全国学力テスト時のアンケートで、通塾率は小6で45%、中3で60%だ。中3の場合、大都市では66%と高い半面、僻地(へきち)では30%。

 また学校現場では「浮きこぼれ」「吹きこぼれ」という言葉がある。学習内容が大幅に減った学校の授業だけでは指導しきれない中上位層のことで、「落ちこぼれ」と逆の意味だ。

 塾のない地方では「浮きこぼれ」をどう指導するか課題だ。

 茨城県鹿嶋市では塾経営者を市の教育委員会事務局に迎えた。

 昨年3月まで学習塾を経営、現在は市教委事務局部長(教育部長)として公立校教員の研修・養成を担当する西川潤さん(60)は「公立校は学力が高い生徒に対しては教師が対応する余裕がない。親や地域の協力に加え、塾も同じ教育機関として学校とともに歩む姿勢を示すことが今後は必要では」と話す。

 ■賛否

 ただ公教育に営利企業の塾が入ることに反対は根強い。中止を都教委に直談判した土屋敬之都議は「公立学校は成績下位層の支援も含め地味な教育が中心だ。企業の論理とは相いれない。教員の尊厳が失われ結局は塾に食いつぶされる。教員の質向上が先決」という。

 これに対し、学力問題に詳しい国際医療福祉大の和田秀樹教授は「日本は江戸時代の寺子屋をはじめ民間教育の伝統が根付いている。だからこそ教育に対する公財政支出が世界的に少なくても、学力がかつては世界一だった。家庭環境に関係なく全員が通えるような補助制度を考えるべきだ」と話す。

 和田中「夜スペ」 保護者らボランティアの学校支援組織「地域本部」が進学塾と連携し、高校受験を支援する有料の特別授業。平日夜に数学と国語の週3日のコースと、土曜(英語)も加えたコースがあり、月額1万8000~2万4000円。藤原和博校長は民間の「リクルート」出身。
[PR]
by miya-neta | 2008-01-26 20:11 | 教 育
MSN産経ニュース0


2008.1.26 20:11

 賛否のなかで26日スタートした進学塾講師による東京都杉並区立和田中学校の「夜スペシャル(夜スペ)」。塾のない地方はどうするのか。教員や教育委員会関係者からは保護者からの要求の多様化や地方と都市部の意識の差を指摘する声もある。

 東京都の公立中学では港区が平成17年度から、大手進学塾に委託する土曜補習を開始、教材費以外は無料で7割が参加する。江東区も昨年度から正規授業に塾講師を招いた。私立校に対抗する狙いもありそうだ。

 対照的に青森県東通村や福島県川内村では「村内に塾がない」という理由で公営塾を開設。農村部の塾は学校の授業の復習といった色合いが強い。大手進学塾がなく、塾と無縁な地域も多い。

 山口県柳井市立大畠中学校の三好祐司教諭は「(公立志望が多いから)親から『学校に塾を導入してくれ』などという要求はでない。特に都会では保護者の要求が多様化、要求レベルは高い。地方との意識の差を感じる。自分の学校で行われたら、塾の先生と対立するのでなく情報交換をしてよりよい指導をしたい」という。

 また埼玉県教育委員長で明星大教授の高橋史朗氏は「(都教委が指摘した)(1)費用の負担(2)学校主催(3)教員が教材づくりを手伝う-の3点の問題さえなければ、学校の壁を破る新しい試みだ。学校の閉鎖的体質を改めるいい機会で、保護者と連携して子供のために何をすべきかを優先すべきだ」と話す。

 反対もある。東京都品川区教育委員長の細川珠生さんは「学力向上は学校の大きな目的のひとつ。それを放棄するのは学校の権威を下げる。恒常的に塾に頼るのは教員の力を伸ばすことにならない」と指摘する。

 すでに塾講師と連携している東京都江東区の小山正見・八名川小学校校長は「かつては両親が教えたりして予復習の習慣があったが、共働きが増え、家庭での学習習慣が身に付けづらい状況。社会総がかりの教育が大切といわれるなか、外部の民間活力を導入するのは良いことではないか」という。
[PR]
by miya-neta | 2008-01-26 20:11 | 教 育
MSN産経ニュース


2008.1.26 20:11

 和田中の藤原和博校長が会見などで答えた「夜スペ」の疑問点。

 Q メリットは

 A 部活に打ち込む生徒が塾通いしようとすると、部活を早めに切り上げるか塾に遅刻するかしかない。中学時代の幸せの半分は部活動だと思うが両立できる時間設定になっている。

 Q 都教委の指導など開講には紆余(うよ)曲折あった

 A 塾に通う子が多いのに、「学校の授業で学力をつけろ」といわれる。進学塾の大半は予習型。学校は復習になるが、両者がタッグを組み役割分担する試みだ。試行錯誤を重ねていけば混乱は解決するだろう。

 Q 費用は高くないか

 A 有料の理由は(1)無料だと塾側が続けられない(2)生徒がさぼりがちになる(3)周辺地域の私塾がつぶれてしまう-の3点にある。高いと言っても一コマ500円で私塾の相場の2~3分の1だ。

 Q 成績下位層はどうするか

 A 本校では既に「土曜寺子屋」(学生ボランティアを活用した補習)で徹底した底支えを行っている。上位層だけ対策しているわけではない。力や意欲はあるのに放っておかれる「吹きこぼれ」(上位層)の学力向上が本校の課題だった。上位層を伸ばすのも公教育の役目だ。

 Q なぜ教員ではなく塾講師が指導か

 A 教員はIT、環境、国際理解、ボランティア、心の教育など多様な役割を負わされ、忙しくなっているからだ。
[PR]
by miya-neta | 2008-01-26 20:11 | 教 育
MSN産経ニュース


2008.1.26 11:30

 東京都の杉並区立和田中で、首都圏を中心に展開する大手進学塾と連携した有料特別授業が26日にスタート。参加した生徒11人は、講師のヒントで答えを見つけていくような授業スタイルに、やや戸惑いながらも真剣な表情を見せた。

 初日は英語。午前9時に会場となった視聴覚教室にスーツ姿の小森慎一講師が登壇。「まずは頭の体操に」となぞなぞ形式のプリントを配り、生徒にヒントを出したり、質問に応じたりした。

 この日は45分間の授業が3コマ。プリントの問題に取り組んだあと、小森講師は「今日のテーマは節分。日本の文化を英語にしましょう」と説明。「まず日本語で書いて。最終的に自分の考えを英語にしましょう」「一年後には頭の中がやわらかくなってますよ」と語りかけていた。

 校内私塾は主に週3日、平日の午後7時から9時35分まで開くため学校側は「夜スペシャル」と命名。暗記中心ではなく、生徒の考える力や分析力を伸ばすよう塾側に要望しているという。
[PR]
by miya-neta | 2008-01-26 11:30 | 教 育